スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
京五輪:マナー向上に必死
- 2006/03/22(Wed) -
北京五輪:マナー向上に必死、握手の仕方も指導

五輪開催は中国にとって、国際的なイメージ向上のチャンスだ。逆に、中国人自身が「問題が多い」と指摘する公共の場所におけるマナー悪さが会期までに改善できなければ、国外からの旅行客から顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまうリスクもある。それだけに、マナーの向上に関しては、当局も真剣にならざるをえないようだ。

一部市民に五輪知識が不足している現状から、関係団体やボランティアが五輪競技のルールや見どころ、観戦マナーなども講義する。


正直言って、いまさら大の大人にマナーを教えようなんて無理でしょう。

マナーとか道徳は幼い頃から身につけていないと無理があると思うのですが・・・・。

やっと改善が見られてきたところは、地下鉄の切符売り場です、
一年前は、団子状態になっており、順番を待っていても横から割り込みがあってなかなか素人には買えなかったのですが、最近はやっと一列に並ぶようになって来ました。

しかし、まだまだ駄目です・・。

地下鉄電車で目的の駅に降りようとしても、誰も車両から降り空けてくれようともしない、通勤時間の混んでいるときは、絶対入り口付近に居らないと、降りれなくなり間違いなく次の駅まで行ってしまう。

エレベーターから降りようとすると、外の人が乗り込んできて降りられ無い場合もある。

街の道路上で平気で犬のように子供に大便をさせている・・・等

もちろんこれらは、一部の人たちの行為ですが、
しかし、誰かがマナー違反をしていても誰も抗議はしません。

自動車で割り込みをされると、日本でしたら目の色を変えて抗議し、
挙句の果てはどこまでも追っかけて行きます。

日本は逆に、すべてのことに敏感すぎて異常ともいえます。

国際的なマナーも大事ですが、あまり慣れないことを教えつけて窮屈な街にしないようにしてください。

誰の目も気にしなく、多少のルール違反も許してくれる、
この北京の気楽さが好きですから・・・。

スナック・ラベンダー
http://lavender1.fc2web.com/indx.html


スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<貯金ゼロの女性が70%、美容に投資「癒しを重視」 | メイン | 飲みすぎには注意しましょう。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/85-7c7506a2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。