スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
男はつらいよ、情人節
- 2006/02/15(Wed) -
バレンタインデーは、男にとって出費がかさむ行事のようだ。

日本では義理チョコを何度か貰ったことがあるが、こちらでは、お互いにプレゼントを交換することになっているそうだが、男性が女性に対してプレゼントをあげています。

街のあちこちで男性がバラの花を持って女性を待っている姿を見かけました。

中国では、バレンタインデーに、女性側だけでなく男性側もプレゼントを贈る習慣がある。「男女平等」といえば聞こえはよいが、実際には男性側にとって、出費がかさむ1日となっており、「バレンタインデーはこわいよ」という悲鳴も聞こえてくる。天津日報網が伝えた。

月収が1500元程度(約2万1885円)のごく普通のサラリーマンでも、ガールフレンドのために、洋服、バラ、映画の前売り券などを購入し、出費は1000元にのぼったケースもみられたという。


ターゲットは青年実業者のようですが、9.9万元の宿泊プランも登場しています。

バレンタインデー(中国語では情人節)、北京香格里拉飯店(北京シャングリラホテル)は、「夢のバレンタインデーディナー宿泊プラン」と称して、9万9999元(約146万3257円)の超豪華プランを打ち出した。

このプランを購入した恋人たちは、まずホテルが用意したメルセデスベンツでホテルに到着。ディナータイムには、フランス政府の元お抱えシェフが腕をふるったフレンチのフルコースを堪能できる。さらに宿泊する部屋は、スパ設備が整ったプレジデントルーム。部屋に入る際には、ホテル側から99本のバラが贈呈される。そして極め付けは、1カラットのダイヤモンドリングのプレゼント! 恋人たちは、最高にゴージャスなバレンタインデーの夜を過ごすことができる。

スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<疲れました!! | メイン | 分業>>
コメント
--
そこまでやる必要がないが、バラ一本で、落ち着くいい雰囲気のレストランで食事するぐらいは必要ではないかとは私が思いますが。。。
2006/02/16 14:07  | URL | oachan #-[ 編集] |  ▲ top

--
oachanさん、私も同感です。

気持ちの問題だと思うのですが、
どうも女性にとっては何か形で分かる物を欲しがるようです。
2006/02/17 04:06  | URL | 管理人ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
そうそう。私ならほしいですね。でも、何か形で分かる物にしないと言葉だけで気持ちを十分に表せない部分があると思わない??。。。多分思いません。ごーさんは男性だからね(^-^)
2006/02/20 11:09  | URL | oachan #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/65-98964b1c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。