スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お店の開店祝い
- 2009/10/22(Thu) -
中国の開店祝いは日本とは少し事情が違います。

お店の開店には日本でしたらチラシを配りお店の前に花輪を飾ったりしますが、

垂れ幕があるのですが花輪などはありません。

IMG_0500.jpg







7時ごろ店員が2,3人突然道路一車線を占領して花火をして並べだしました。

傍で見ていると男性が私に火をつけろと話しかけてきました。
初めての経験なので1つの箱にライターで火を付けましたが正直怖かったです。

ほかの男性も次々に花火に点火、その間は道路は通行止めです。
IMG_0490.jpg








この花火は誰でも買うことができるのですが結構大型です。

近くで見ていると花火の燃えカスが頭の上にバラバラ落ちてきます。

あたり一面は煙だらけで炸裂音も鳴り響き、車も通ることができずに本当に迷惑な開店祝いです。

IMG_0486.jpg

IMG_0495.jpg







そして何よりも住宅のど真ん中で上げるのですから危険です。
北京では中国国営テレビの新築ビルが花火による火災で全焼したのは今年の旧正月ですが、
福建省でも花火による飲食店の火事で15人が死亡したばかりですが、懲りずにたくましい中国の人たちです。

IMG_0494.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<タイトルなし | メイン | 丹東の街の様子>>
コメント
--
何でも有りの中国らしいですが勝手に道路を占拠して通行止めにするなんてビックリです。
生活の色々な規制は社会主義国の中国が柔らかで自由主義国の日本が強くて実際に日本では何でも許可取らなければ駄目で許可とって無いと処罰されるから何にも出来ないのも変に感じます。
2009/10/23 07:32  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
私もいつも思っています。
社会主義国の中国のほうが自由があって、
自由主義国の日本が規則規則で縛られており、
まったく自由がありません。

この花火は当然許可を取っていないので、
日本でしたら厳重な処分をされるはずです。
2009/10/23 08:28  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
今日は。
公式的には一時春節の花火は中止されたのですが、今は時間制限を設けて容認しています。
警備員のいるマンションなどでは守られているようですが、
下町ではパトカーが見回りに来る程度で、お咎めなし。
長年の伝統は一気にはなくならないようですね。
2009/10/23 09:45  | URL | hichaolu #KVSV0Bf2[ 編集] |  ▲ top

--
hichaoluさん
花火は一時禁止されていましたが、今は再開されていますね。
田舎などに行くと所かまわずおめでたい時とか、祝日などに花火の好きな人は口実を付けて上げています。
私の家周りの外では一ヶ月に一回は花火が上がっていますので大変うるさいです。
2009/10/23 17:20  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

-助っ人ですか?-
暴発しなかったですか。?
点火係を頼まれるとは、かなり現地人に溶け込んでいますね。(笑)

私は、年末に文房具店に買い物に行った時に花火が山済みで売っていて、
レジ待ちのオッサンがタバコに火をつけやがったので、店を飛び出して
一時避難した事を思い出しました。
2009/10/24 16:32  | URL | わんばぁだん #SnJsANKY[ 編集] |  ▲ top

--
わんばぁだんさん
花火に添加する時はかなり緊張しました。
中国で居は品質が悪いので暴発の可能性があります。
花火の山積みのところでタバコの火をつけられると
やはりビビりますね。
2009/10/24 17:43  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

-花火-
こんな大きな花火の点火は経験がないです。
花火で路上を通行止めにしても、中国人は苦情を言わないのでしょうか?
あれだけ煩い人種なのに花火とか爆竹とかに対しては温厚ですよね。
2009/10/25 13:17  | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns[ 編集] |  ▲ top

--
このタイプの開店セレモニーは見たことがありません。
夜は出掛けないからですけどね。
昼の開店には何度か立ち寄ったりしますが、花輪に代わるものが店先に並び、大砲で紙ふぶきを飛ばしますよね。まるで、結婚式のように。
どちらにしても、派手な事が好きな国民ですね。
爆竹は本当に危険ですから、近づかないことにしています。
2009/10/26 10:05  | URL | しんさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
浪漫飛行さん
点火するときは緊張します。
他の事については煩くしつこい時がありますね。
不思議なのが花火、爆竹などによる騒音や通行止めに対しては誰も文句を言う人がありません。
2009/10/26 17:07  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
しんさん
夜はあまり出かけないのですか?
私も書中でかけるわけではないですが食事に行ったり、マッサージに行ったりと出かけることがあります。
夜の開店セレモニーはやはり珍しく昼間が多いですが、
今回はたまたま見かけました。
2009/10/26 17:10  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

-ごーさん 様-
今晩は~!でもやっぱり爆竹、花火が無いと中国らしくないですよね~!
2009/10/26 22:50  | URL | ももたろう! #-[ 編集] |  ▲ top

--
中国でも、場所によって違うんですね。
広州では開店祝いで花火なんて見なかったきがします。
でも、花輪は入り口に飾ってました。
枯れてしおれたぶざまな状態でもずっと飾ってましたけど・・・。
2009/10/29 00:52  | URL | もろあい #-[ 編集] |  ▲ top

--
ももたろうさん
爆竹花火が中国では無くてはならない物です。
どんなにうるさく大きな音を立てても誰も文句は言いません。
2009/10/29 19:50  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
もろあいさん
広州は都会ですからこんな派手な花火は普段できないと思います。
花輪は時たま見るのですがすぐに飾っている花を人々が持ち帰ってしまうのですぐに無くなってしまいます。
2009/10/29 19:52  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/635-47a21ae7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。