スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中国の漫才
- 2009/10/03(Sat) -
建国60周年記念イベントのテーマは「盛大、慶祝、倹約、和睦」。

北京ではどこが「倹約」なの?と思うくらいど派手なイベントを行っています。

丹東では60周年記念として東北では有名なお笑い芸人が集まった公演があった。

仕事仲間がチケットを買ってきてくれた。

チケット料金は一人30元(約420円)一般人にとっては少し高い金額かもしれません。

丹東の屋台

最初男性が出てきて歌を聞かせてくれるがさすがプロですごく歌がうまい。

その後は女性が登場して漫才のあとサーカス顔負けの演技があり楽しませてくれます。










究極はこの男性です。


歌は確かにうまいのですが少しキザでしたが・・実はすごい人です。

歌の後の注射器を取り出して口の中に入れて・・・・・ブス!!突き刺しました。

IMG_0355.jpg


暗くて写真はうまく撮れていないのですが、頬っぺたに注射器の針が出ています。


1.jpg


この針の穴から・・タバコを吸って・煙をだす・・・・・・・水を飲んで水を出す。

注射器を抜いた後は頬っぺたから血が流れ出し見ているだけで鳥肌が立ってきます。

2.jpg






これだけで終わらないのがこの人のすごいところです。

火の中で熱した鉄棒・・・・見るからに熱そうです。

4.jpg





口にくわえた・・・。

そのまま客席に行きお客さんのタバコに火をつけてやる親切な人です。

あ・・劇場内は禁煙ですが、観客の皆さんは自由奔放にタバコを吸って気楽に楽しんでいます。

IMG_0382.jpg









真っ赤に熱した鉄棒を素手で・・・・・・・・。

9.jpg








曲げてしまいました。

33.jpg






一人で歌に漫才そして特技を披露してさすがにプロと思わせ十分見ごたえがあり、

日本の漫才はこのような命がけの芸もなくプロ根性もなくまるで子供だましのように見えてきます。

3時間の公演30元決して高くないということが分かりました。

10.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<断橋と中朝友誼橋の夜景 | メイン | タイトルなし>>
コメント
--
これは確かに命がけのすごい芸ですね!
海外赴任から帰国してまず感じたのは、芸もないお笑い芸人がすっかり日本を席巻していることでしょうか。
テレビも海外ではNKHばかりを見ていたので、余計にギャップが大きいですね。
2009/10/03 11:36  | URL | Nao #aW8qDj4U[ 編集] |  ▲ top

--
Naoさん
日本ではこれだけの芸をもって漫才をしている人はいてません。

中国では人口が多く少しのことでは目立たないので、

最初出てきた時は普通の漫才師かと思っていたら間違いです。

皆すごい芸を披露してくれます、ばくてん宙返りなんて芸のうちではないです。
2009/10/03 12:31  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

-ごーさん 様-
今日は~!本当に色んな人が、また色んな芸が在るものですよ~中国は人の宝庫です!
2009/10/03 17:08  | URL | ももたろう! #-[ 編集] |  ▲ top

--
今日は。
さすが中国、
TVでも決して放映されないような舞台でしたね。
驚きました。
日本でも「子供がまねをする」ので、絶対に放映されないでしょう。
2009/10/03 22:04  | URL | hichaolu #KVSV0Bf2[ 編集] |  ▲ top

-さすが中国!!-
素晴らしいですね。
さすが中国です。
こんな凄いことが、たったの30元とは安すぎです。
2009/10/03 22:38  | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns[ 編集] |  ▲ top

--
ももたろうさん
中国は人口が多いだけあって、私たち日本人が驚く芸を持っている人がたくさんいてます。
見かけはごく普通の人なんですけど見分けが付きません。
2009/10/04 00:12  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
hichaoluさん
さすが中国でもこのような芸はテレビでは放映されないと思います。やっぱり劇場に行く価値はありました。
2009/10/04 00:14  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
浪漫飛行さん
中国ではやはり劇場に足を運んでいったほうがこのような芸が見ることができます。
30元分の価値は十分にありましたよ。
2009/10/04 00:17  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/627-a22631f7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。