スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
文登の田舎風景
- 2009/08/03(Mon) -
威海から文登というところまでバスで1時間ぐらいのところに行ってきました。

仕事が終ったので、

文登からバスに乗って帰る途中、30分ぐらい走ったときに車掌がお金を徴収にきた。

私・・・・・威海までいくら?

車掌・・・えっ?・・威海ですか・・・
このバス今威海と反対方向なのでどこまで走っても威海にはつきません。

私・・・・・もしかして乗り間違えた?・・・・・・・どうすればいい?

(乗客全員がいっせいに私のほうに注目、)

車掌・・・・今ここで降りて反対のバスの来るのを待ってください。

私・・・・・・バス停なんか無いのに本当にバスが来るの?
たしか最終のバスと聞いて乗ったはずだけど。



そして・・・強制的に下ろされた。・・・・・・・・・・・・道路と田畑だけで何もない。





道路端に座り込んで来る当ても無いバスを待つことにした。

畑仕事を終えた農村の人たちが家に帰っていく姿を見ていると・・・・・・不安になってきました。


IMG_2344.jpg








(バスは来る様子は無く不安度がが高まってきます)

ここ文登の田舎ではまだ牛を使って農作業をしています。

IMG_2345.jpg





バスもタクシーも来ないので居直って風景の写真撮影を始めることにした。

次々と作業を終えた人たちが通勤の乗り合いトラクターで帰っていきます。

IMG_2360.jpg








こちらもざっと10人は乗っているので、こぼれ落ちそうです。

IMG_2361.jpg







待つこと1時間、やっと一台のタクシーがやってきました。

運転手が交代時間だったようだけど無理を言って威海まで行ってもらった。

最近はHDの中のデーターを誤って消してしまったので、何かまた起こると思っていた矢先の出来事でした。


IMG_2369.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<注意しましょう | メイン | ウエハイの夜>>
コメント
-中国のバス-
バス停なくても何処でも停まります。
私も何度も長距離直通バスを止めて乗った事があります。

高速道路のところで、バイクタクシーややたらと歩いている人が多いところってないですか?
初めは不思議に思っていたのですが、どうやら高速を降りたところでバスを降りた人達とそれを乗せるバイクタクシーらしいです。

しかし、この写真の風景のところでは、バスも一日に何台来るか分かりませんね。
タクシーに乗れたのは凄く運が良いです。
2009/08/03 21:34  | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns[ 編集] |  ▲ top

--
私は中国では空港から自宅周辺へのバスに2回ほど乗ったことがあるくらいなので、
↑のコメントで初めて≪中国のバスはバス停がなくてもとまる≫というのを知りました。

だから、バス停もないところで強制的に降ろされたらもうオロオロするしかなかったでしょうね。

それにしてもタクシーがあってよかったですね。
読みながらドキドキしゃちました。
2009/08/04 01:18  | URL | もろあい #-[ 編集] |  ▲ top

-不安がいっぱい-
私のいる工場団地は、4~5年前は歩いているとバスの車掌のポン引きに会い交差点のど真ん中でも停車して拉致されそうになった事がしょっちゅうで怖かったです。
なぜか今はいない。
でもこのような状況を見ると自分は比べ物にならないくらい幸せ者だなと思う今日この頃です。(汗)
2009/08/04 01:36  | URL | わんばぁだん #SnJsANKY[ 編集] |  ▲ top

--
今日は。
中国では何が起こるか分かりませんね。
出勤の時は財布を忘れても携帯電話だけは忘れないようにしていました。
最初の頃、上海市内でも、雨の日の夜に宴会の場所が分からずにずぶぬれで、
泣きそうになったこともありましたね。
「上海の新任駐在員が一人でタクシーに乗れるまで1ヶ月は掛かる」
と言うのがその頃のジョーシキでした。
2009/08/04 08:19  | URL | haichaolu #KVSV0Bf2[ 編集] |  ▲ top

--
わたしはバスに乗れません。(乗りません)
言葉の問題があるので、このようなことになったら対応できません。それ以前に、間違った事に気づかないです。

のんびりした風景ですね。
でも、自由に横断する人々、飛ばす車これが事故のもとなんですよね。

2009/08/04 09:04  | URL | しんさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
単なる乗り違いでも目的地と反対方向に向かっているバスだと頭痛いですね。


牛さんは農家の重要な働き手で畑や田んぼの土の打ち返しや荷物の運搬の仕事をするんでしょう。
トラクターを引っ張る耕運機や牛は45年~50年くらいの昔を思い出します、懐かしい姿ですね。
2009/08/04 09:09  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
浪漫飛行さん
バスは手を上げれば止まってくれるのは分かっていたのですが、バスが来ないのです。

そういえば高速道路を降りたところとかには沢山のバイクタクシーやら怪しげな人たちがうろついていますね。
おそらくタクシーの呼び込みか旅館の斡旋だと思います。

日も暮れてきて不安になったところで運良くタクシーが来て助かりました。
2009/08/04 19:35  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
もろあいさん
そうなんです中国はバス停がなくても止まってくれます。ただし市営とか年バスは駄目です。

この場所はローカルなのでどこでも止まったりしますが、その代わりどこで下ろされたのかはまったく見当もつきません。
タクシーが来たときは本当に嬉しかったです。
2009/08/04 21:09  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
わんばぁだんさん
工業団地にバスの車掌のポン引きにあったのですか。
昔は女の子を調達するのに町を車で流してお金のほしそうな子を選んで声をかけて連れてきたと聞きます。

私も北京時代は商社の人間でしたので、専用車がありこんなことはめったになかったです。

残念ながら今は自分でどこにでも行かなければなりません。

2009/08/04 21:13  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
haichaoluさん

外に出るときはやっぱり携帯電話を忘れると大変なことになりますね。
場所が分からないときなどは大変です、知らない国でどうしていいか途方にくれてしまいます。
タクシーに1ヶ月で乗れたらもう大変な進歩ですよ。

2009/08/04 21:18  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
しんさん
そうですねバスにはあまり乗らないほうがいいと思います。泥棒も多いと聞きますので油断していると大事なものが無くなってしまう可能性があります。
私もバスに乗るときは財布は絶対ポケットに入れない、荷物は膝の上と決めています。

田舎ですからのんびりしているでしょう。
この広い道路も昔はなかったと思いますので田舎の人はもっとのんびり歩いていたのではないかと思います。
2009/08/04 21:22  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
早く家にかいりたい一身でした、30分ぐらい走ったのでもうすぐ帰れると思っていたのですがまったく反対方向でした。
牛は農家にとっては重要なので家族以上に大事なんではないかと思います。
トラクターは仕事と通勤兼用なので経済的です。
日本では道路をこんなに人を乗せて走りませんね。
2009/08/04 21:26  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
暗くなる前に無事タクシーが捕まってよかったですね。
でもタクシー来たのが、奇跡に近いような気がします。
お写真から、いかにも中国の田舎と言う感じですが、ここでバス降ろされたら、私だったら写真撮る余裕ないかもです、、(汗)
ごーさんは、中国生活が長いから、素晴らしくたくましいなあと思います。
2009/08/05 22:31  | URL | Nao #aW8qDj4U[ 編集] |  ▲ top

--
Naoさん
本当に暗くなる前にタクシーが来て助かりました。
おっしゃる通りですこんな場所にタクシーを使う人はそうめったにないので通りかかったのは奇跡に近いです。

写真を撮ったのはまだ周りが明るかったせいもありますが、居直りに近いです(笑)

確かに中国生活が長くなると色んなピンチになったりすることが多いです。
2009/08/06 10:00  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/603-63aba124
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。