スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
潜水艦
- 2009/05/13(Wed) -
1894中日甲午戦争時代の潜水艦

現役を退いて劉公島に展示している潜水艦、

入館料は20元(約300円)を払って潜水艦の中を見ることができる。


IMG_0173.jpg





この場所は海軍基地に近く遠くに現役の駆逐艦が停泊しているのが見える。

この機関砲は若い人には人気があり座って180回転させて自由に操縦できる。

IMG_0169.jpg





潜水艦の中に入るのは初めての経験なので入って見学することにした。


IMG_0178.jpg

入り口は人が一人やっとは入れるぐらいの大きさで、少し太った人は中に入るのが難しい。

IMG_0180.jpg






中は想像以上に狭く裸電灯が灯っているだけで薄暗くて気持ちが悪い。

こんな狭い空間で何日も過ごしていると気が狂ってきそうだ。

機関室、でっかいエンジンがどっカーンと館内を占領している、夏かきっと熱で暑いと思う。
IMG_0192-1.jpg






最後尾の魚雷
IMG_0198-1.jpg




先に入った親子連れとはぐれて一人になってしまった。

正直、恐怖感が込上げてくる・・・中国のことですから、このまま閉館になり中を確認もせずに人が帰ってしまったらどうしょう・・・・・とか考えて急いで外に出ることにした。

IMG_0194.jpg


外に出ると閉館まで30分前、チケット売り場のおばちゃんが3人連れの人に呼びかけている。

入園料5元!!!!

それはないでしょう、私は20元払って入ったのですけど・・・・・。

スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<私の食事 | メイン | 中国の自動車事情>>
コメント
--
今日は。
私も潜水艦の乗船経験はありません。
海軍でも潜水艦の乗員は我慢強い性格が条件だそうです。
最後に5元の落ちが中国らしいですね。
2009/05/13 11:16  | URL | haichaolu #KVSV0Bf2[ 編集] |  ▲ top

--
haichaoluさん
潜水艦の中は狭い為に圧迫感があり私は長時間中に居ることは駄目です。
やはり、忍耐力が必要だということがわかります。
入館料、5元と20元の差は正に中国ならではです。
2009/05/13 11:40  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
くっくっく(笑)やられましたね。
この5元って、値切りに値切られた結果なのでしょうか。
それとも「日本人だから金があるぞ。ぼったくっても日本人は文句を言ってこないからふっかけてやれ」と足元をみられたのでしょうか。

「閉じ込められたら・・・」っていう気持ちわかります。私だったとしても怖くなって外に出ると思います。
閉じ込められたら密閉度が高すぎて息苦しくなりそうだし・・。
2009/05/13 23:59  | URL | もろあい #-[ 編集] |  ▲ top

--
密閉された中、しかも揺れも酷いはずなので普通の人間では肉体的にも神経的にも持たないですよ。
潜水艦の乗り組み員は選ばれた人でないと勤まらないです。

このような展示は日本では出来ないでしょう直ぐに反対の大合唱です、
なに考えているんだと猛抗議でしょうね。
2009/05/14 07:18  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
もろあいさん
ひどいでしょう、20元と5元では差がありすぎです。
この潜水艦の中は狭い空間で、しかも中国という状況を考えたら本当に恐怖感が襲ってきます。日本でしたら安全面は完全に行っているという安心感があるのですが・・・。
2009/05/14 08:31  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
潜水艦の乗組員がこのような狭い空間で過ごすのですから、いかに忍耐力が強いかよく分かります。

高射砲にしろ実際に触って操縦できるなんてやはり日本でしたら出来ないことですね。
2009/05/14 08:36  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ども
百年前の潜水艦?
それにしては外も中もきれいですね。
横須賀にも日露戦争の頃の軍艦「三笠」が、博物館?
として鎮座していますが、手入れをしていれば、百年たってもなんとかなるものなのですねぇ。
潜水艦内の狭さはかなり大型化している現在のものも同じような感覚らしいです。
実際の環境は、昔と今では、雲泥の差なのでしょうが、
閉所恐怖症ぎみの私としては、見学もためらいそうな感じです。
それにしても、エンジンルームらしきところのメーターの数すごいですねぇ。
2009/05/15 00:29  | URL | 石やん #-[ 編集] |  ▲ top

--
石やんさん
この潜水艦写真では綺麗に見えていますが、看板は痛んでおりもぐることは不可能です。館内の狭さは想像以上で閉所恐怖症気味の私には長時間滞在するのは無理でした。昔の人はよく忍耐力もあり耐えられたのには感心します。
2009/05/15 06:25  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

-マニア-
戦争マニアが喜びそうな見学ツアーですね。
しかし20元は高いかと思います。
もしかして外国人価格って事はないですか?
2009/05/17 15:47  | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns[ 編集] |  ▲ top

--
浪漫飛行さん
ここにくれば戦争マニアにとっては最高に楽しい所だと思います。高射砲から大砲、小銃など手にさわることが出きて戦争に使った武器をほとんど見ることができます。20元は表に書いていたのですから特に外国人用ではないようですが、人によって値段が代わるのは中国らしい所です。
2009/05/18 08:56  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
閉所恐怖症、結構太めの私には見学すら無理です。
時代が時代ですから、これでもすごいと思います。
今年は建国60周年ですから、天安門での観閲式が行われるのでしょうね。
2009/05/19 10:51  | URL | しんさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
しんさん
私もどちらかというと閉所恐怖症だと思います。
一人になったときは急に恐怖心が襲ってきました。
今年は建国60周年でしたら天安門などで盛大な式典を行うのだと思います。
2009/05/19 12:11  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/558-ee874647
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。