スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
奉山のご来光
- 2009/05/04(Mon) -
【泰山】の登山は疲労と寒さと睡魔との闘い。

威海をバスで8時間かけて【済南、奉安】に午後4時着いたのは良いが・・・。

夜中の12時まで8時間自由時間、日本人だったら怒るところですが誰一人として文句を言うものは居ない。ちなみにこの8時間をカラオケに行って時間を過ごしました。


真夜中の12時に登山を開始して、懐中電灯と杖を頼りに歩き、眠気と足の疲労と戦いながら、

やっと頂上まで30分ぐらいのところに来て食事休憩をとることにした。

時間は午前3時半、一睡もしていないので眠気が襲ってくる。

左の女性は食い気が盛んなので眠気など関係なく一心に麺を食べている。

IMG_1265.jpg




そして食べ終わってすぐ3分ぐらいでもう一人の女性があえなく爆睡

・・・・・・しかし・・・すぐに店の店員に起こされた・・・・・・、

仕方なく店の外に出て山頂を目指して歩くことになった。

IMG_1266.jpg






午前、4時半何とか無事山頂に到達。

ふもとでは半そでで十分だった気温は山頂では強い風が吹き氷点下、

本当に寒い~眠い~!!


後に見える傘は風よけで中で日の出まで時間があるので人が寝ている。

岩の陰で転がっているのは怪しい人ではなく、風をよけて眠っている私です。

200905021214.jpg





午前5時30分、日の出の予定時間は5時50分だが、雲が出ているせいで日の出が遅れている。

IMG_1318.jpg







空が明るくなってきた、そしてこの人ごみ中途半端ではありません。
IMG_1323.jpg

人が鈴なり山にへばり付いているのでこぼれ落ちてきそうです。

IMG_1346.jpg






もうまもなく午前6時10分、やっと太陽が顔を出そうとしている。

IMG_1344.jpg




日の出が始まった。

IMG_1360.jpg



今回は雲が多く太陽が大きく見えなかったのは残念ですが、ご来光を拝めたことで今までの疲れも忘れてしまいました。機会があればもう一度来て見たい所です。

IMG_1373.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<派手ですが危険です。 | メイン | 山章東 済南 奉山>>
コメント
-おおお!-
泰山のご来光。雲が多いとはいえ
すばらしかったようですね。
しかし、夜通しで山に登るのは
大変そう。。。
私も泰山は行ってみたい場所のひとつです!
2009/05/04 17:20  | URL | mizu #-[ 編集] |  ▲ top

--
mizuさん
やはり苦労して登った甲斐がありました。
夜通しで懐中電灯を持って山に登るのは大変でしたがその分達成感があり記憶に残ると思います。
ぜひ行ってみてください。
山の中腹からロープウェイがありますので下から歩かなくても簡単に登ることができます、山を降りてくる時に気が付いたのですけど・・・・。
2009/05/04 17:49  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ご来光素晴らしいですね。
夜を徹しての登山の苦労も、これを見たら吹き飛んでしまうのでしょうね。
泰山と黄山、一生のうちに一度は行ってみたいです!
2009/05/05 09:07  | URL | Nao #-[ 編集] |  ▲ top

--
Naoさん
黄山は何年前かに仕事で行っていた時がありますが、その時に会社の人に誘われていくつもりをしていたのですが急に仕事が入りいけなかったので悔いに残っています。やはりいける環境にあれば無理やりでも行く方がいいですね。
2009/05/05 09:26  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
今日は。
苦労の甲斐があって、ご来光が拝めて良かったですね。
私も以前から上海から近場の黄山に行きたいのですが、
同行者が山は嫌いで未だに実現していません。
最近は車ばかりで歩くことが少なく、
もう、体力が無くてだめかもしれません。(笑)
2009/05/05 09:34  | URL | haichaolu #KVSV0Bf2[ 編集] |  ▲ top

--
haichaoluさん
私も黄山に行く機会が
あったのですが実現しませんでした。
やはりいける環境にあれば無理してでも行く方がいいですね。
私はこちらに来てからは車に乗る機会が少なくなり、もっぱら歩く方に専念しています。今回の山登り日頃歩いているせいで結構自分でも感心するくらい歩く頃ができました。
2009/05/05 10:13  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ご来光、素晴らしいです。
下から徒歩で登られたとは、脱帽です。
ご来光を見るために登山をする人の中には、途中で階段を踏み外して落ちる人が毎年いるそうです。
それにしても、すごい人、人、人ですね。
2009/05/07 08:49  | URL | しんさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
しんさん
ご来光を拝めてよかったです。
下から徒歩で行ったのはツアーの中身を知らずに申し込んでしまい、結果は一番疲れる最悪のパターンでした。
私も登山をしている途中で階段から落ちる人がいてるのではないかと心配していましたが、やはり事故は起きているのですね。人で渋滞して動けない場面がありました。
2009/05/07 10:12  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさんの健脚には驚きです。
若いですね、何でも見てやろう何でも経験しよう何でも勉強だと挑戦するのが素晴らしいです。

わたしゃ静岡県に住んでいて未だ富士山に登ったことが無いです少しはごーさんを見習わなきゃ。
2009/05/07 13:56  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
私の思っていることは、日本から観光に奉山にこようなんて万が一にもありません、せっかくこうして中国で働く機会があるので、日本におれば経験の出来ないことをやろうしています。そして、どこにも行かないで終わってしまうのも嫌なので出来るだけ行けるところは行くつもりをしています。
2009/05/07 14:11  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
うつくしーv-352
すばらしいですね。見てるこちらが感動してしまうくらいの美しいお写真も。

それにしても中国の人、人、人。

≪人が鈴なり山にへばり付いているのでこぼれ落ちてきそう≫・・・ってほんとに多いですね。
思わず拡大してみてしまいました。

お疲れ様でした。
2009/05/07 22:52  | URL | もろあい #-[ 編集] |  ▲ top

--
もろあいさん
ほんとに泰山綺麗でしたよ
実際に登ってみるとかなりハードな距離です。
しかし、山頂についてご来光を見るとそんな疲れもどこかに飛んで行ってしまいます。

中国の連休の人では半端ではないです。
高速道路は比較的空いているのですが、観光地に行けば
集中してすごい人が集まってくるのには驚きます。
2009/05/08 10:31  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/555-9c9f7510
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。