スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中国と日本
- 2006/01/26(Thu) -
今日、日本からお客さんが来た。初めての北京訪問の感想を聞くと・・・・。

1)すべての建物や道路が大きい。
2)女の子が、日本のようにケバイ化粧をしていない。
3)日本人の普段、思いつめた様な硬い表情に対して、中国人の顔は
  生き生きしている。
4)車のマナーが悪い

どれも正解です!・・が、注目したいのは3番の“人の表情”。

中国では収入の差が大きい、一ヶ月1万円弱で生活している人もいれば、15万円以上それ以上稼いでいる人も混在している。

貧富の差だはげしいのも確かだ!

しかし低所得者は、食堂で一食50円で済ますこともできる(日本人には無理ですが)、住むところは会社の寮、日本の様に贅沢な欲求もない(最初から無理とあきらめている)、借金をしたくてもできないので、ローンの支払いで苦しめられることがない。

給料が安くても、生活は十分できるので表情が豊かに見えるのかもしれない。

日本は正反対で、お金がなくてもローンで車が買えたり、カードを使えば欲しい物が手に入る、しかしその分後の支払いで苦しくなる、
会社では、上司の顔色を一日中気にして表情が暗くなる。

中国と日本、どちらが裕福なのだろうと考えてしまう?


スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<中国の大晦日 | メイン | 爆竹 北京で解禁>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/49-af70ab40
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。