スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
赤山法華院
- 2009/01/07(Wed) -
「赤山法華院」、初詣で紹介しました観音様も見ごたえがありますが、
昔の中国の庶民生活の様子を展示している展示館もなかなか面白いです。

お寺の敷地は膨大に広く他にも見るところがたくさんありますので、、
威海に来られたらぜひ行ってみてほしいところです。


展示館の庭にある釣鐘です。
1回1元を払えばだれでもつくことができ、お金は賽銭箱に自己申告で入れます。
鐘をつく機会はあまりないのでやっみることにした。
「ゴ~ン~~~~~~~」・・・・ついた後の余韻がなんともいえないすごく良い音色です。
DSCN7744.jpg


昔の人が使っていた「荷車」も展示しています。
DSCN7746.jpg



「古井戸」、井戸の中を覗いてみるとそんなに深くはないので、おそらく雨水をためていたのではないでしょうか。
DSCN7751.jpg



展示館の中に入ると、町の暮らしの様子や衣装、古いお金、器具などを展示していて昔の生活がよく分かります。
中は薄暗く写真撮影は難しくほとんどがぶれてしまいましたが写真撮影はOKのようです。


この展示は、嫁入り前の女性が結婚式を待ちわびています。
DSCN7765.jpg





展示の中で印象に残ったのは、男性二人が寝ころんでタバコを吸い、女性が傍で座っている様子です。
DSCN7767.jpg
写真の様子からするとお茶屋さんの風景ではないかと思います。

昔の人は、時間に余裕がありのんびりと過ごしているが、余裕がなくなった現在人にはうらやましい光景です。
このような贅沢な遊びを一度経験した見たいと密かに思っています(笑)
DSCN7768-1.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 威海 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<石炭 | メイン | イチゴ>>
コメント
--
今日は。
観光用に展示館が作られたのでしょうね。
最後のお写真は阿片屈ではないかと思います。
租界時代の上海には2000軒ほどあったらしく、
喫茶店でコーヒーでも飲む感覚だったのかもしれませんね。
2009/01/08 12:21  | URL | haichaolu #KVSV0Bf2[ 編集] |  ▲ top

--
haichaoluさん
このお寺はシーズンになるとかなりの人が訪れているようです。展示館も観光用だと思います。
最後の写真は阿片屈ですか、男性が横になり気持ちよさそうですね。
2009/01/09 13:09  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/487-40cd6831
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。