スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日向ぼっこ
- 2008/11/11(Tue) -
威海の張村という村の朝の風景。

私はいつも朝7時ごろ出勤します。
その途中散歩をかねて少し歩くのでいつも見かける風景です。
今日は土曜日とあって普段はあまり見かけない子供たちの姿があります。


左の建物は餃子のお店です、一般の民家を改装して作っています。
朝は店の前で朝食を料理してくれます、料理といっても油で揚げるだけのものです。
日本人には朝から油物を食べると胸がむかつくのでとうてい無理で食べることはできませんが、
中国の人達は平気で毎日食べています。
FSCN6706.jpg




そして子供たちは土曜日は学校が休みなので、親のお店を手伝つだいで料理を作っていますが、
子供が料理を作るのは日本ではまず見慣れない風景です。
DSCN6698.jpg



そして、日本では外にでて友達と一緒に日向ぼっこをする姿はあまり見かけなくなった。
私も昔は田舎で学校の帰りよく裏山で“”日向ぼっこ“”をしたことを思い出す。

RSCN6705.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 威海 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<威海の映画館 | メイン | 威海のシャコ>>
コメント
--
今日は。
今日の上海も「うす曇り」の天気です。
威海のような青い空はほとんど見かけられません。
「雲一つない」晴天と言う比喩表現は上海人には理解できないようです。
でも上海は天気予測が楽です。
東風は低気圧接近の兆候、西風は低気圧が過ぎ去った後。
上海一の高層ビルも東西の風を避けて、先頭の東西部分は細く建ててあるようです。
2008/11/11 12:29  | URL | haichaolu #KVSV0Bf2[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは。
威海に行っても見ることのない風景です。
昔を思い出す風景でもあります。
それでも、この家族をはじめ農民の生活は改善されてきていますよね。朝食を外でという考えは中国の習慣なんでしょうが、日本でもまだ少ないと思います。
しかし、中国の農民が消費民族に変わったら怖いですね。
2008/11/11 13:02  | URL | しんさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
haichaoluさん
こんにちは、威海は雲一つ無い天気で気温は低いと思いますが暖かいほうです。
上海も同じだと思いますが、私も北京での生活の時はこのような青空は見たことがありません。
上海の天気予測初めて知りました・・。
2008/11/11 16:36  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
しんさん
こんにちは、威海ではこのようなのんびりした風景は村のほうに行くと見ることができます。農村部もだいぶ改善されているようですがまだまだ貧乏な人達が多く存在しています。おそらく収入が増えて潤うのは都心部の人達ばかりではないかと思います。農村と都心部の格差は広がる一方です。
2008/11/11 16:41  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
今の日本から見たなら中国の田舎で食べるには勇気がいるでしょう、ホコリが舞って不衛生とか何とか云って躊躇するでしょう。
しかし思い出してみれば私の小さい時の50年前の頃は此のごーさんの写真に毛の生えた程度の生活だったですよ、道路は穴ぼこで砂利道のためにホコリだらけでした。
そして何処の家族も絆は昔のほうが今よりもズ~ト良かったように思います、生活が豊になると人間はは一人一人の時間が大事なって次第にバラバラになってしまう、
そんなものでしょうね。
2008/11/12 15:05  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
やはり田舎で食べるのは勇気がいりますので食べたことはありません。ぼやきさんの言われるとおり昔の子供のころはこんな砂埃の中で食事をしていました。今は中国では家族の絆が強いのですが、だんだん核家族が増えてきています。
2008/11/12 15:15  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/463-0e91fd17
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。