スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中国の柿
- 2008/11/02(Sun) -
秋ですね

中国ウエハイは寒く私はタイツを履いてセーターに厚手のブルゾンを着ている。

もうまもなく寒くいやな冬がやってきます。


会社の近くのお店で売っていた“”柿“”をかってきた。

12個ぐらいで日本円で約30円・・・安いです。

見掛けは悪く、おそらく家の庭かその辺の裏山からとって来たものではないかと思うのですが、

意外と味のほうは甘みがあっておいしい。

DSCN6707.jpg



日本だったら形がよく、見かけのいいものしか店頭に並べられていない。

このように見かけの悪い柿は捨てられる運命にある。

しかし、贅沢も今のうちです、食糧危機が来れば見た目が悪いから買わないなどといっていられな

い、そんな時代がもうまじかに迫っているような気がする。

DSCN6708.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 威海、中国、 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<冬のアサガオ | メイン | 小タコの煮付け>>
コメント
--
中国でも柿があるんですね。香港では、まず見たことなかったので、、
日本の食料自給率は最悪ですが、いずれお金を出しても食料が輸入できなくなる日がくるかもしれません。
そのときに備えてなんとかしないと、本当に大変なことになりますよね。
2008/11/03 19:52  | URL | Nao #-[ 編集] |  ▲ top

--
痛んでいるとはいえメチャ安いですね。
農家では野菜でも果物でも自然に育ったり実ったりしているので自分で食べるには不自由しない、しかし売ってお金にするのには苦労するんですね、買ってくれる人の要求が多く駄目ならお金にならないから見栄えの良いものを売って自分達は売れないものを食べているんですよ、捨てるのはもったいないから。
最近の都会のスーパーの動きで少し痛んだ物、曲がったきゅうりや虫が食べた跡がある野菜や少し痛んだ果物を安く売り始めました、普通のスーパーで一緒に売ると普通のものが売れないので専門の店を立ち上げて取り組んでいるようです。
日本の食はスーパーが引っ張ってオカシナ方向に行ってしまった気がするけどこのような動きは良い事でしょうね。
2008/11/04 07:31  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
Naoさん
香港には柿がないのですか?
中国はどこに行っても豊富に売っています。
一般的には夜話から鋳物は敬遠されて硬いものが良く売れているようです。日本は形のこだわり悪いものは捨ててしまいますが、食糧難になればどうするんでしょうかね。
2008/11/04 09:44  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
やはり日本の小売店が形がよく見栄えのいいものを何とか高く売ろうという方針でやってきた結果だと思います。形の悪いものを安く売ろうという傾向はいいことだと思います。料理をすれば関係の無いことですから・・。これからますます食糧難になってきますが贅沢に慣れてしまった日本人はどうするのでしょうかと心配します。
2008/11/04 09:49  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
今日は。
先日も食料危機問題をTVで放映してましたが、
日本の味噌メーカーが中国から原料の大豆を輸入するようにしたそうです。
従来輸入していたアメリカ産はもう安定的に輸入できないので見切りを付けたとか。
日本の農業政策は早く見直さないと大変なことになりますね。
2008/11/04 11:24  | URL | haichaolu #KVSV0Bf2[ 編集] |  ▲ top

--
haichaolu さん
もう中国産だから駄目だといっている場合ではなくなってきています、食糧難はすぐそこまで来ているからです。今中国とは餃子事件から始まり中国産は日本からの輸入が減っていますが、いざ食料がないといったときには売ってくれなくなりますね。
2008/11/04 12:02  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/454-7bcbd9f5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。