スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中国の警備
- 2008/10/28(Tue) -
広州の町です。
人と待ち合わせをしている時に一台の車が近くに止まった。
車が止まる同時に二人の武装した人が降り立った。

FSCN6206.jpg


一人は車の後方に回り銃を構えてあたりを警戒している。
近づくと睨みをきかしていて即撃たれてしまいそうな雰囲気があり、この距離では危険なので場所を移動する。
FSCN6159.jpg




彼たちはマクドナルドに売上金を集金にきた警備員です。
店から出ると駆け足で手際よく数秒で走り去っていった。

中国で生活をしていると良く見かける光景ですが、やはり銃を構えられると心臓がドキドキします。
これくらいの警備をしないとすぐに強盗にお金を奪われてしまうからです。

住宅も玄関は二重ドアになっているところも沢山ありますが、それでも泥棒に入られます。
私も窓から入られてパソコンを取られた半月後、日本人の友達も玄関から泥棒に入られた。
中国(外国)では“”自分の身は自分で守る“”が鉄則です。

それにくらべて日本の警備は本当に甘いとおもう。
銃を持った強盗が現れれば一発にお金を奪われてしまいます。
外国人からすれば日本は泥棒にとってはいい環境が整った国ではないでしょうか(笑)

日本人にとって中国では見習うところは少ないですが、このようなところは取り入れた方が良い。
DSCN6155-1.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<青空市場 | メイン | 鍋料理>>
コメント
--
今日は。
よく、撮影できましたね。
私は怖くてカメラも向けられません。
最初に北京に行った時は、
バリアングルの液晶カメラだったので盗撮できましたが。
上海の外国領事館では壁の「優秀歴史建築」プレートを撮影しても、
警備の警官に消すように強要されましたよ。
2008/10/28 16:42  | URL | haichaolu #-[ 編集] |  ▲ top

--
haichaolu さん
この状況をいつも撮影をしょうと狙っていたのですが、機会がありませんでした。今回はたまたま待ち合わせをしているところに車が止まったのでチャンスと思い隠し撮りをしました(笑)、多分見つかれば即消すように言われたと思います。


2008/10/28 16:51  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは。
民間の警備会社が銃装備というのに驚きました。
日本はホントに平和ボケしてますね・・・。
安全神話が崩れながらも、自分の身を守るという根本的な事に無頓着のような気がします。
最近は警察官の不祥事もかなり多いですし・・・。
2008/10/28 21:47  | URL | tatenori #-[ 編集] |  ▲ top

--
凄い事としか言いようが無いです!
警察でもなく軍隊でもない民間人が銃をかまえている事が凄いです、しかも万が一の時に狙うのは国民でしょう、発想が凄い。

銃には弾が入っている、撃っちゃうんだ!
まさかゴム弾ではないでしょうね?
2008/10/29 07:54  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
tatenoriさん
おはようございます。
中国で生活していると必ずこのように街中で銃を構えている光景を見ることができます。大金を一時的にでも人目にさらすのですから誰かがほしがるのも無理は無いと思います。日本は本当に平和ボケしていますね。
2008/10/29 08:43  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
街中で銃を突きつけられると本当に心臓がパンクしそうになります。万一不振な人が近づくと発砲しますのでうっかり近づくことはできません、写真を撮るのも命がけでした(笑)
2008/10/29 08:47  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/448-bd5331f7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。