スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
威海港公園
- 2008/07/28(Mon) -
威海には海岸沿いに沢山の綺麗な公園がありそれぞれが特徴があります。

その中の威海港公園を紹介します。
この公園は、市内からもっとも近く、日曜日は観光客や家族連れ、恋人たちのデートスポットにもなっており賑わっています。

DSCN3622.jpg




公園に入って先に進むとすぐに海です。
DSCN3624.jpg




私が大連から威海に帰るとき霧で飛行機が飛ばなかったとき空港で3日間帰れず、脱出する為に考えたのがこのフェリーを利用することでした。困っていたときだけにこの船をみると妙に愛着を感じます。
DSCN3677.jpg




釣りも楽しめます、釣れている魚は小さな魚ですが名前は分かりません。
DSCN3637.jpg



観光客相手のみやげ物売り場、この場所は少し離れたところにあるのでお客さんが少ないようです。
貝で作った飾り物が多く売っています。
DSCN3675.jpg


そして究極のジェットコースター、勇気のある人は一度体験してみてください。世界中で一番怖いのではないかと思います。乗りものの仕掛けは世界最小かもしれませんが、レールがさび付いており、カーブでは極端にガックと曲がり止るときも急ブレーキ、恐怖を味わいたい方はぜひ威海港公園に来て挑戦してみてください。
DSCN3651.jpg


海鮮料理が食べれます。観光客相手なので街で食べるよりは高いですが種類は多いようですが、日本で食べるよりはずっと安く普段はあまり食べれないあわびなどを食べるのもいいかもしれません。
目の前の生きている貝類を料理してくれるので食あたりの心配はありません。
DSCN3682.jpg



日本では見られない子供の水上での遊びです。
風船の中に空気が入って密封されているので水が中に入ってきません。
DSCN3640.jpg


どうやって中に入るのかを紹介します。
空気の入っていない風船の中に子供を入れて空気を機械で送り込みます。
DSCN3643.jpg


空気が入ったところで風船を密封して出来上がりです。
これも考えたら怖いと思うのですが、中国では人気らしく遊園地などに行くとよく見かけます。
日本では、これはきっと駄目ではないでしょうか?
DSCN3648.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 威海 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<夜の海水浴 | メイン | エコ袋>>
コメント
--
こんにちは
先週までは梅雨のような天気で、海にも人は少なかったですね。でも、天気がよくなると突然に人が増えますね。
天気に関わらず、公園をはじめ、外をを歩くことは少なく、いつも車ばかりでの移動ですが、観光シーズンだけあって朝早くから観光バスが次々に威海に来ていました。
今度ゆっくり公園を散歩してみたいと思います。でも、ジェットコースターは怖そうですね。
また、よろしくお願いします。

2008/07/28 16:15  | URL | ぷーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぷーさん
こんばんは、ほんとに天気は良くなるとどこからか大勢の人が沸いてでききます。威海は今が一番中国国内からたくさんの観光客が来てにぎわうときです。
雪栗公園を散歩するのも悪くないですよ、ジェットコースターはちょっと怖いので乗らないほうが無難です。
2008/07/28 21:14  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
なんか見てるだけで息苦しくなってきました。
ところでこの遊び、時間制限ってどれくらいなんでしょう。
危険が伴う遊びだけど、そういう管理はかなりアバウトなんでしょうね。
2008/07/29 23:54  | URL | もろあい #-[ 編集] |  ▲ top

--
もろあいさん
こんばんは、確かに見ていると時間制限は本当にアバウトです。密封された袋の中に入れる親の気が知れませんが、営業するほうも万一事故が起こった場合は多分日本のように保証はないと思います。こちらはすべてが自己責任ですのでやったほうが悪いということになりまねませんね。
2008/07/30 00:12  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/409-9b512977
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。