スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中国人のマナー
- 2006/01/03(Tue) -
2008年、オリンピックを迎えようとしている北京ですが、

まだまだ国際的なマナーが守られていません、

たとえば、エレベーターで中の人が降りていないのに乗ろうとしたり、

地下鉄で降りようとしても、ドアが開いた瞬間人が乗り込んできて、

降りたい駅で降りられなかったりします。

(車両の奥に居ていると間違いなく降りれなくなります)

政府側も強制的に町の整備を行っているようです。

道路のセンターラインには、人の道路横断防止、Uタウン防止のための

柵を設置などもそうです。

各交差点では、指導員が立って赤信号でわたる人を防止したり

していますが、各個人に対しての教育が行き渡っていないので、

信号が左折点灯すると人々は一斉に道路中央になだれ込み

車の隙間を見て一気に交差点を渡りきってしまいます。

このように書いている私も中国人と同じように交差点を渡っていますが

(笑い)・・・。

どこかの本で書いていましたが、中国の法律は中国人が作ると・・。

たとえば、自転車の二人乗りは禁止されていますが、背中に子供を紐で

くくって自転車の荷台に立たせると二人乗りではない、と、

勝手に解釈を変えてしまい、自分が正しいと自己主張をするところが

あります。

このようなことは、仕事の上でも日常的によくあることです。

彼らは、自分たちで作っているルールだから悪いとは思っていません、

中国人とうまく付き合っていこうと思えば、これらのことを十分理解し

ていかないと、誤解を生むだけである。
スポンサーサイト
この記事のURL | おかしな中国 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<代金未払い | メイン | 北京の正月>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/01/03 19:46  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/40-720a3142
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。