スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大連で霧のため足止めでした。
- 2008/07/10(Thu) -
皆さん書き込みをしていただいて返事が出来ずに申し訳ありませんでした。

実は7日に、丹東から威海に変える予定でした。

丹東(車で3時間)→大連(飛行機、1時間)→煙台(車で1時間)→威海という待ち時間を入れるとかなりハードなコースです。

7日は、大連空港に着いたのですが、霧のために飛行機が欠航で大連一泊。

次の日、空港に朝早く行っったのですが、霧は昨日よりは良くなっていたのですが・・・、
8日、1日空港で待ちぼうけを食わされ結局欠航で結局大連には二泊目。

9日、朝4時目が覚めてホテルから外を見るとまだ霧が深く、いやな予感・・・・。

そこで・・・、朝4時半チェックアウトを済ませて大連のフェリー乗り場に行って8朝8時半のチケットを手に入れてから空港にタクシーで行くと、飛行機が飛んでいた。しかし・・、飛行機が2日間飛んでいなかったので混乱していて、結局大連→煙台は欠航でした、明日は飛ぶのかと係員に聞いても未定という返事、どうすればいいと聞いても、仕方がない航空会社の責任ではない天気が悪いのでホテルは手配しない、後は勝手にしてくれという感じで相手にしてくれない。

やはりここは中国なんです。
幸い私は、日本円を持っていたので両替をして何とかホテル代や船のチケットを買うお金があったからいいのですが、もしも手持ちのお金がなかったらと思うと考えたらゾットします。中国国内で出張の場合は余分なお金はぜひ持っていったほうが安心です。今回は霧で天気のせいでしたので航空会社は何もしてくれませんでしたのでホテルも自分で探して、帰るルートも自分で考えて無事に帰ってきました。

フェリーのチケットは一人部屋のテレビ、トイレ、シャワー、クーラー、ベット付の一番高いのを買っていたので大連脱出は何とか3日目に成功しました。
大連→威海、7時間の旅でしたが、空港での時間街でぐったり疲れていたのでぐっすり寝て、昨日の夕方5時半無事に威海につくことが出来たのですが、本当に疲れました!!!

スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<一歩の距離の北朝鮮 | メイン | 中国の式典>>
コメント
--
お疲れ様でした。
仰るように「何が起こるかわからない」のが中国ですね。
実感です。
私も飛行機では色々トラブルを経験しました。
地方の飛行場では登場口が変わったり、
欠航になったりは良くありますね。
一番焦ったのは出張の帰り、成都飛行場で
帰り分の飛行機のチケットが付いていなかった事です。
2008/07/10 14:13  | URL | haichaolu #-[ 編集] |  ▲ top

--
haichaoluさん
中国の飛行機械者は本当にひどいですよ、ホテルは手配してくれないし、食事も出ない・・。お金を持って居なかったら大連の知らないところで飢え死にするしかないですね。 haichaolu さんも中国国内で色々あったようですがお互い注意しましょう。
2008/07/10 16:53  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/391-e5489e24
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。