スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中国の占い
- 2008/04/07(Mon) -
中国も日本も自分の将来が気になるようです。

このおじさん、なかなか味のある顔をしています。

他人の店の飾り物に勝手に腰をかけて座っていますが、職業は「占い師」です。


DSCN1872-1.jpg




この占いは元金が要らないために、道路に座っているだけで店を開くことができるので、

最近この商売を勝手に店開きする人が増えてきたようです。

DSCN1873.jpg




占い方法は、それぞれ得意分野があり、風水から始まって手相、人相、名前、など

色々ありますが、けっこうお客さんがおり流行っています。

DSCN1874.jpg



このおじさんの顔、どう見ても怪しげなうさんくさい感じがするのですが・・・。

にわか占い師のように見えませんか???
名前で占っています。

隣で見ている友達も「このおっさん大丈夫やろか?」

心配そうな顔をして見上げています。


DSCN1875.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<遼寧省 丹東に出張 | メイン | 中国の流行の商売スタイル>>
コメント
--
お早うございます!!
インチキくさいですね~~~!
私だったら絶対お金払いたくないです。
姓名判断くらいなら、私も出来ますから^^
昔、凝ったんですよ~~。
万里の長城も、姓名判断によって出来たって知ってますか?
秦の始皇帝についていた、占い師「魯生」という人が、「秦を滅ぼすものは、胡ならんか!」と言ったそうです。それを始皇帝は、北方の匈奴と解釈し、胡の侵入を防ぐために、長城を造らせたそうです。しかし、この「胡」は、始皇帝の末っ子の「胡亥」のことだったそうです。「胡亥」は、バカ殿を地でいってるような人で、忠臣や、親類兄弟を次々と殺し、即位後4年で秦を滅亡に追いやったという話です。面白いですよね!!この、「胡」の解釈が間違っていなかったら、万里の長城はなかったのでしょうか・・・・?
興味が湧くでしょう??
私も、中国で占い師になろうかな~~~!
2008/04/08 07:47  | URL | マル #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
人様の将来を見通すなんて誰にも出来ないと思っています、
其れでも人間の心は弱いので誰か他の人に意見をしてもらうもらうことによって参考の一つにしたいと思うのでしょうね。
積極的に占い師に占ってもらう事はしないですが冗談程度なら良いかも。
2008/04/08 11:09  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
マルさん、おはようございます。
このおじさんどう見てもインチキくさいでしょう・・・・・。

万里の長城ができたのは“勘違い”だったんですか。
胡の“勘違い”のためにとんでもない長い長城が出来てしまったとは知らなかったです。
マルさんが中国で占いをやったらいつでも行って見てもらいますよ(笑)
2008/04/08 11:27  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん

私も占いで見てもらうのはどちらかというと嫌いです。
若い頃はよく行きましたが、今は行く気にも慣れません。
やはり弱い人が行くんでしょうね。
2008/04/08 11:29  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/358-ed8fb8a9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。