スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
その後の私
- 2007/02/11(Sun) -
旧正月まで後一週間となりました。

北京の街では、気の早い市民が正月を待ちきれずに花火を上げる音が
あちこちから聞こえてきます。

私は山東省に行ったとき、夜行列車の暖房の効いていない冷蔵庫のような車内で零下の中6時間もの旅をしたお陰で風邪をこじらして、病院で3日間点滴を打つ羽目になってしまいました。

病院には私の知り合いの中国人の保険を使わしてもらったのです。
さすが中国です、他人の保険で外国人の私が行っても先生は何も言わず、普通に診断してくれました。
(日本でしたらたぶん犯罪でしょう)

この3日間で点滴9本と究極のお尻に痛い注射を1本に血液検査、尿検査、レントゲン検査を受けて、お金は1500元(22,500円)掛かりました。この費用中国人の一般の人の収入を考えたら高いですよ。

お陰でなんとか元気にはなりましたが、
この前に納品したお金はまだ集金できない状態です。
上海の会社に電話をしても日本はどうこうと(本当は日本は関係無いのですが)ノラリクラリで話になりません。

昨日、商品を止めようとした工場の総経理から“お金はもらったのか”という問い合わせの電話が入った。
話はしたくなかったのですが、“まだ貰っていない”と答えると・・。
“請求の債権を私に譲れその代わり半分のお金はすぐにあなたに上げる”からと言う内容だ。

どうやら、この総経理は専門の“取立て屋”のような怪しい人たちと繋がっている。

最悪の場合は悪い話ではないので一応考えておくと答えて電話を切った。

中国での商売は集金の回収が難しいため、この様な“取立て屋”のような商売が成り立っているようだが、身近なところで暴力団組織の一部ではないかという人物が存在している事には正直驚いている。


スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ビジネス | CM(15) | TB(0) | ▲ top
<<今年も日本に帰れない | メイン | 中国ビジネスの現実>>
コメント
-ちょっと心配です。-
ごーさん
この商売の経緯から言って、
工場と上海の会社がグルという事は考えられませんか?
ちょっと心配です。
拙も北京時代同じようなケースで金を取れなかった話がありましたが、
その後良く考えると、いろいろ登場人物がグルではめられたのでは?
と思えるようなケースが有りましたが・・・・・。
2007/02/12 09:05  | URL | G.S. #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
身体は回復しているようで良かったですね、風邪は万病の元シッカリと治してください。
後はビジネスのトラブルが心配です、
なんか凄い事になっている様で小説の世界や映画の世界に踏み込んだみたいに感じます、上手に切り抜けてくれるように願っています。

それにしても病院の件、ビジネスの件共に、ごーさんの己の身は己で守っていくの精神を貫いていることが良く解ります。
中国は甘くない!!!
2007/02/12 09:53  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごめん!
また名前書き忘れました。 ぼやきです。
2007/02/12 09:59  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

-嵌められたのかな?-
GSさん
工場と上海の会社がグル・・?考えた事が無かったですが、
たしかに、よく考えてみると有りえることですね・・・フゥ、、、
1つだけ工場側が、上海に対しての請求金額の半分を現金で渡すから請求の権利を渡せといっている事です。
工場側は何らかの形(取立て屋)で上海に請求をすると思います。



2007/02/12 15:41  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
お陰さまで風邪のほうはよくなりました。
仕事の方は、本当に大変ですよ。
考えたら私のやっている事は小説の世界のようですね。
しかし中国でビジネスを行なう限りはこれくらいの覚悟を
しないとやっていけません。
このまま進むか、撤退するかどちらかの選択になります。




2007/02/12 15:50  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

-ごーさん、大丈夫ですか??-
本当に、冗談抜きで、中国で仕事をするって大変なことなんですね!!
私は、ごーさんがとても羨ましくて仕方なかったんです。中国で仕事が出来たら良いだろうな~って、本気で考えていたことがあるもんですから。女の人なんか、もっと危険でしょうね・・・。なめられてしまうというか、相手にしてくれなさそう。ごーさんは6年も頑張ってきたのだから、これから先も頑張れますよ!!心から応援します!!加油!!
ところで、体のほう、十分に気をつけてくださいね。
2007/02/13 13:36  | URL | マル #h7EVwjRM[ 編集] |  ▲ top

-からだ、第一ですよ。-
.. からだ、こわすのは、簡単ですよ。

.. こわした、からだ、直すのに、お金も時間も、かかります。
2007/02/13 18:33  | URL | 熱田善男のホームページ #ZeDGBPNg[ 編集] |  ▲ top

--
マルさん
中国で仕事をするのは本当に大変ですが、
仕事をする限りはこれくらいの覚悟は必要です。
しかし、私のように苦労をあまりせず成功している人は何人もおります。
女性だからだめと言うことは絶対ないなく、
沢山の人が中国で活躍しています。
マルさん機会があったら挑戦してみてください。
2007/02/13 18:55  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
熱田さん
おっしゃる通りです、体が資本で壊してしまったら元も子もないですね。
風邪を引いたときは体の自由がきかず本当に心細かったです。
壊すのは簡単、直すのは時間とお金がかかる・・
忘れないように覚えておきます。
2007/02/13 18:59  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
グルではないような気がするなぁ…
グルだったらもっと巧妙に、もっとシビアに攻めてくると思う。
半分金を払うなんてことはないんじゃないでしょうか?
あぁ、恐ろしい!
上海の業者と次の仕事があるならばまだ手の打ちようもあるでしょうけど、
単発の付き合いだったら、工場に半分じゃなく7割くらいくれよって交渉した方が現実的かもしれないですね。
2007/02/13 20:58  | URL | 王九蛋です。 #-[ 編集] |  ▲ top

-はじめまして-
>ごーさん
 はじめまして!
 中国にも保険と言うのがあるんですか? 初めて知りました。
 私も広州で何度か医者にかかってますが、保険をだしている人
 を見たことがない様な気がします。

 確かに医者代は、高いですね。
 私も、風邪をこじらせて医者に行って、注射、血液検査、薬で
 200元位とられたと思います。確かに日本より安いですが、 一般の工場作業者の給料は、500~600元/月くらいです
 からね・・・・。 普通の人は医者にも行けないですね。

 また、遊びに来ます!

2007/02/13 23:25  | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns[ 編集] |  ▲ top

-小心!-
ごーさん
拙の申し上げることが杞憂であることを望みますが。
下記状況をチェックして下さい。
1)上海の会社と工場は知り合いではないか?
  (お互いに連絡先は解っていないか?)
2)工場が半分取り立てても、ごーさんは半分は損するんですよね。
  それにしても回収はなぜ半分なんですか?
  そこまで言うのならなぜ全額取り戻せないのか?
3)工場から電話が有ったタイミングは?
4)そもそも工場がごねたのが原因ではないですか?
上記をよく分析してみてください。
次回彼らとまた取引しますか?
また同様な話が来た時どうしますか?
2007/02/13 23:56  | URL | G.S. #-[ 編集] |  ▲ top

--
王九蛋 さん
請求の権利を半額で買い取ると言う申し入れですので、
多分その請求を上海の会社に請求するつもりだと思います。
請求の方法は正規ではなく“取り立て屋”を使うのではないでしょうか。
中国では100元で殺し依頼も出来ると聞いています。
今回は、一度だけの仕事でしたので手の打ち用がありません。
いずれにしても一歩裏に回ったら怖い世界です。
2007/02/14 00:47  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
浪漫飛行さん
始めまして、
保険を確認しましたところやはりあるそうです。
しかし一度病院に行くと2~300元は取られてしまいますね。
一般の人の収入から考えるとかなり高くうっかり病気でもして行院に
行くとなったらかなりの出費になりますね。
2007/02/14 01:15  | URL | ごーさん #LkZag.iM[ 編集] |  ▲ top

--
GSさん
1)の件ですが
上海と工場は何度か電話連絡をしているようですが、私はどちらかと言うと上海と日本の会社がグルのような気がします。
明日、日本の会社に電話を入れて様子を探ってみます。
2)の件
工場はすでに工賃が100%私の方から入っていますので、こちらの債権を半額で買い取って上海に請求をするつもりだと思います。
そうする事により工場側は全額プラス半額のお金が入る事になります。
取り立て方法は一般の請求方法とは違い“取り立て屋”を使うと思います。
次回は、上海、工場、日本の会社共もう取引はしません。
どんな理由があってももう信用する事ができません。
今回の事は勉強になりました、相手のことを思い先金を払った、
私の気の良さが、結局自分を苦しめる事になりました。
日本人、中国人に関わらず最後の最後まで疑ってかかると言う事を
中国人に教えられました(苦笑)。


2007/02/14 01:22  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/229-167b3119
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。