スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
農村の風景
- 2007/01/25(Thu) -
5年前は、私が北京に初めて来たときは、
街では中国らしい建物が沢山見ることができ、政治の街、古都の都のイメージが
強かったのですが、。今では古い建物は取り崩されて近代的なビルが建ち並び
“胡同”とか限られた場所に行かないと見ることができなくなりました。

このように発展したイメージばかりに目を奪われがちですが、
陸地の奥の方に行けば収入が少なく食べるにも困っているところがあり、
中国にはまだまだ取り残された面がたくさんあります。


同じ北京市内でも、小一時間も車で走ると農村部が点在しています。
こういう所に行けば中国らしい姿を見る事が出来ます。
20070125011805.jpg
村に入る入り口ですが、まだこの村は恵まれている方で、お金持ちが多いところです。






20070125012322.jpg
この入り口には検問者があって、村に入る人をチェックしていたところです。
今は使っていませんが、“SAS”の時は、よそ者はこの門から中に入れてくれませんでした。




20070125012038.jpg
村の中に入ると、レンガ作りの家が建ち並んでいます。



20070125012154.jpg
家の周りは門に囲まれていて簡単に中に入れないような構造になっています。
中国は長年国内の争いが絶えなかったところですので、
自分の身は自分たちで守ると言うことだと思います。
村の中では、小さな小売店と食堂、自転車修理など最低限の店はあります。



20070125012408.jpg
村の風景は昔そのままで、新しい家も立っていないので殺風景です。
屋根には、衛星放送のアンテナを取り付けているところもあり、
このような家は何か商売をしてお金のあるところです。


上海、北京、広州が華やかな経済発展を遂げているとしても、
ひとたびそ中心から離れるとこのように大きな落差があるということを実感します。
時間があればぜひこの様な場所に行って古きよき時代の北京を体験するのも良いと思います。




スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<中国においては『焦らない』こと | メイン | 正月の準備>>
コメント
--
こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
毎回読み逃げしてました。すみません^^;
私の住むところは広州の中でもかなり都会で、高層ビル街なので、普段こういう、自分の頭の中にある“中国のイメージ”にちかいところを目にする機会はほとんどありません。
NHKの特集をみているような気分で拝見させてもらいました。
2007/01/25 11:18  | URL | もろあい #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
何処の国にも田舎が有って、そこで暮らしている人達は住めば都とそれなりに満足して住んでいるんでしょうね?
衛星放送のアンテナが有るくらいですから情報も最新情報が入ってきて、国内の事も世界の事も解っていて、此処が一番暮らしやすいと生活しているんでしょう。
高層ビルが立ち並ぶ都会が中国なら此の田舎も中国です、
もし私が中国に住むなら、私はどっちかというと此の田舎の中国に住みたいと考える人でしょう。
2007/01/25 14:50  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
もろあいさん
私の仕事の関係は製造業ですので、都会に住んでいますが仕事の時はこの様な場所に移動します。
都会の中で暮らしていると良いところばかり見ているので、
本来の中国の姿が見えてこないものですが、
この様な場所に行くと本来の中国の暮らしぶりなどを見ることができます。
2007/01/26 01:06  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん?ですか
何処に住んでも住めば都です、しかしこの村の人たちの表情はとても明るいです。贅沢は出来ないけど喰うに困らないので悩む事がないと思いのです。私もどちらかと言うと田舎派ですが、この村は残念ながら川も海もないので魚釣りをする事ができません。
2007/01/26 01:13  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
私は、同じ中国でも華南しか見ていませんので、こうした村は初めてです。
とても落ち着いた感じですが、外からの人を拒んでいるような印象を少し受けました。
同じ中国でもいろんなところがあるんですね。
こうした雰囲気の場所も、機会があれば訪れてみたいですね。
2007/01/26 02:30  | URL | Nao6105 #-[ 編集] |  ▲ top

--
Naoさん
この場所は、北京市内から車で1時間ぐらい走ったところです。
仕事の関係上、よくこの様なところに行きます。
たしかに、家の周りは塀で囲まれていて人を拒んでおり、
冷たい印象がありますが外敵から家を守るためです。
金持ちはこの中では1軒のみですが、一般のところは中に入ると
何軒かの家に分かれています。
機会があれば行ってみてください。
2007/01/26 07:56  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

-中国の懐-
ごーさん
この格差が中国の懐の深いところですよね。
日本並に発展している都市と、未だにはだしで暮らしている
人たちが同じ国民なんですから。
農村から安い労働力を連れてきて、ただ同然で働かせて、壊れたら
代えるだけ、機械なら壊れたら直したり、買いなおすのに金かかるけど
人は無尽蔵に居る。しかも代える金がかからない。
農村から出てきた若者も最初はただ同然でも、彼らにとっては大金+
ノウハウの蓄積。チャイニーズドリームを描ける。
こんな一石三鳥、四鳥の国にはとてもじゃあないけど太刀打ちできませんぜ。
日本は単一民族で総中流社会。正に理想的な社会主義国だから、さすがのアメリカの低層階層を使いエブリデーロープライスを実現してきたウォルマートも日本ではお手上げ状態だ。
2007/01/27 10:56  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
GENKIさん
北京市内といえどもこの様な場所が点在しているのですから、
農村部や奥地に入ると本当に悲惨な物でしょうね。
彼らの欲望は強くどんな手段を使ってもお金儲けにかける執念はすごい物があります。低賃金で働かされて、働いても働いても収入は増える事がなく働けなくなったら簡単に使い捨て、会社のトップだけが潤うようになっています。農村部の不満がたまり暴動があちこちで増えているようですが、この不満を日本に向けられないように願いたいものです。
2007/01/27 12:34  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/223-a4872744
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。