スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
農林水産省の和食認定について
- 2006/12/17(Sun) -
農林水産省が海外の『日本食』を認定制度にする

目的は『偽日本食』を取り締まる制度らしいが、
農林水産省は何を考えているのかと言いたい。

海外では和食が大ブームで欧米中心で約2万点あるそうだ。
ここ中国北京でもこの1,2年の間にかなりのお店が出店して、
中国人の間でも人気の的になっている。

確かに中国では日本料理を注文しても、日本で食べる料理とはかけ離れ
た創作料理になっているところもあり、確かにまずくて閉口させられる
事もあります。

しかし反対の立場で考えればよく判ると思います。
日本では、世界中の料理が食べれますが果たして本物といえるお店
何店舗あるのでしょうか。

例えば、中華料理ですが、
一般のお店は、中華料理に欠かせない調味料の、独特の香りがする
『香菜』『八角』、などを使っているところはまず少ないでしょう。
日本人好みの味付けになって愛されています。

しかし、中国側から言えば偽者です。
逆に、中国側から日本と同じように『正しい中華』の認定をされた場合は、
日本中の街中は偽物中華料理で溢れてしまう事でしょう

中華料理は日本に合った味付けと創作を行い日本に愛されて、日本に定着しています。
日本料理も同じように世界中で広まってその国に定着して愛されれば良
いのではないかと思う。


自国の事を棚に上げて、海外の料理店を偽物本物と判断しょうとする
農林水産省は、もっと他に重要な輸入食料人の農薬問題や、将来の食糧
問題をどうするのかやる事が他にも沢山あるはずだ。

海外中から本物料理の認定をされた場合は、ほんの一握りのお店しか
認定されず、大半が偽物と判断されて困るお店が沢山でてきます。
そうした時は、農林水産省は責任を持つのでしょうか?。

『本物か偽物か』、『好みの料理』かは自分で判断するれば良い事で、
お店の店構えや実際に入ってみれば偽者か本物かは見分けが付くし、
たとえ偽物でも美味しい食べ物は沢山ある。
料理の好みが合わなければその店に行かなければ良いだけの事で、
お国が口出しする事ではないと思うのだが。

スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(7) | TB(2) | ▲ top
<<おもしろ看板 | メイン | 北京の冬>>
コメント
--
ごーさん
おっしゃる通りです、
日本食の認定制度なんて考えるのがおかしいです、正しい日本食なんて、日本の中にも無いでしょう。
食べることは、食材や生活の変化で時代と共に変わっていくのは当たり前です、
いかにも官僚の考えそうな制度です、
おそらく、日本食認定協会なんてものを作って日本食を扱っている店は協会に会費を払いなさい、認定してあげるから申請しなさい、申請には30万円必要です ・・・なんて?
官僚は協会に天下って稼ぐパターンを考えているんでしょう?
2006/12/19 07:50  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
初めて聞きました!
その様な制度があるなんて・・。
どうなっているのでしょうかねえ~。日本食文化を守る為??
何だか違う気がしますね・・。
2006/12/19 18:23  | URL | あっこ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
そういえば日本も正しい日本食ってないですよね。
日本食の基準があいまいなのに海外に対して本物の日本食の基準を作ろうとしている事自体おかしいです。
時代と共に変わっていって当然ですし、海外は海外の食文化に合わせて変化していっても良いと思うのです。
官僚の考えるところは、ぼやきさんの言っている事が当たっているかもしれません。
2006/12/20 00:26  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
あっこさん
農林水産省の和食認定についての意見をまとめて、来年には認定制度を作ろうとしているようです。
そうなるとか以外の日本食店を営んでいるお店が困るところが沢山でてきます。認定されていないところは偽者になるからです。
これで海外の国が反対に日本に対して認定制度を導入すると、どうなるでしょう、日本でも偽者のイタリア料理店や中華料理店が出現する
わけで困るお店が沢山でてきます。
中国人にいわせれば日本の中華料理は全部偽者だといっています。
2006/12/20 00:32  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
.. 私のHPへご来訪、ありがとうございました。

.. この国際化の時代、認定して、なにになるのでしょうか。
.. 時代錯誤ですね。

.. 日本だって、カレーやトンカツなんて、偽の外国料理をやっているじゃないの。
.. でも、人気はすたれないですね。

.. 先日、葬儀で、郷里の京都市へ行きました。
.. 京都の町屋をレストランにして、生粋のフランス人のオーナー・シェフがやっている、フレンチを食べに行きました。
.. 私の舌には合わなかったです。
.. いつも行く、住んでいる八千代市のフランス料理のほうが、オレの舌には合う。

.. その地の人の舌が、おいしい和食だと、認定すればいいのではないでしょうか。
.. 役所がでしゃばることはない。
2006/12/21 08:02  | URL | 熱田善男さんのホームページ #ZeDGBPNg[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
どうしてこうも日本の役人は国際感覚が無いのでしょうね?
鎖国時代の江戸時代と変わらないですよね。
こんな事に税金使ってどうするんだ?と思います。
旨ければ良い訳で、日本国内にも日本食をうたえない様な
料理屋も沢山ありますよね。
ラーメンや餃子は元々中華、カレーライスはインドなのだけど
立派に日本の国民食じゃあないですか?
イタリア料理だってもともと中華だと拙は思っています。
いろいろな国で変わる事によって新しい味が生まれるのだから、
こんな事をする必要は何もない。
チャイニーズ日本料理なんて名前をつけてジャンル化されたら終わりじゃあないですかね?
2006/12/22 23:39  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
熱田さん
GENKIさん

そうですよ、お役人が食べ物に口を出すべきではないのです。
安全な食品かどうかをきっちりと監視してくれれば良いのであって、
本物か偽物かなどと言った判断は食べる人がやれば良いわけです。
十人十色で好きな料理嫌いな料理の採点は当然分かれると思います。

2006/12/26 11:56  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/200-3aadc0a3
-【農林水産省】について-
農林水産省農林水産省(のうりんすいさんしょう、The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries)は、日本の中央省庁の一つ。食料の安定供給の確保、農林水産業の発展、農林漁業者の福祉の増進、農山漁村及び中山間地域等の振興、農業の多面にわたる機能の発揮 …
2007/03/04 04:17  行政ガイド ▲ top

-農林水産省-
農林水産省農林水産省(のうりんすいさんしょう、The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries)は、日本の中央省庁の一つ。食料の安定供給の確保、農林水産業の発展、農林漁業者の福祉の増進、農山漁村及び中山間地域等の振興、農業の多面にわ …
2007/05/30 10:52  まなかのブログ ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。