スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
自転車の骨董品
- 2006/12/10(Sun) -
毎週、日曜日になると『自転車の骨董品』が開催されている。

私の親戚の家が自転車屋を経営している。
中国で骨董品の自転車を売っていると話したところ、
商売にしたいので写真を取って、日本に送ってくれと頼まれていた。
今日の日曜日は天気も良いので出かけることにした。

自転車の王国だけあって昔懐かし自転車に集まって熱心に見学している。

20061210211722.jpg


この自転車は、イングランド製で値段は15000元(約22万円)
んん・・私には値打ちは分からない。

20061210213419.jpg


なにやら赤い色の自転車だが・・・、
どこかで見た事があるような気がする・・・、
近づいてよく見てみると・・・・。

20061210211831.jpg


日本の郵便配達に使っていた例の赤い自転車だ。
○○郵便局、使用開始・昭和生年月日、○○は字が消えてよく読めない
昔懐かしい自転車だが、よく見るとフレームが新しすぎる・・、
これはレプリカかもしれない。

20061210213223.jpg


こちらは、人が集まってなにやら熱心に見ている。
右側のベレー帽の男性が売り主らしく、色々説明をしている。

ossann.jpg


この自転車も日本製で1946年物、60年前のものだ。
売主によると部品すべてがオリジナルそのままだという。

20061210211852.jpg


ブランドは『富士』、
そんな名前の自転車があったような気がするが、
売り値は、1500元(25000円)、日本で自転車好きで骨董品に
興味のある人だったら10万、20万円以上で売れるかも知れない。

20061210211912.jpg


骨董品の本物、偽者はプロに任すとして、レトロ調のお店に展示して
おくと存在感があって良いかもしれない。

スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<都市開発 | メイン | 電気自転車使用禁止>>
コメント
--
ごーさん
お久しぶりです。
骨董品に靴磨き、電動自転車などなど、中国がかなり平均的に裕福になっている様がひしひしと伝わってきます。
でも折角靴磨いても、このほこりと乾燥の砂では靴もすぐに汚れてしまう事でしょう。
電動自転車を禁止にしても、車の規制がなければ公害や渋滞は減りません。
骨董品もはたして本物やら???
まか不思議な国ですね。頭かくして尻かくざず。みたいな・・・・。

ところで、ANAマイレージ2万マイル(06年末期限)を成田-上海に替えました。これで1年以内にプライベート訪中決定です。
2006/12/12 13:15  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
GENKIさん
本当に5年前の中国とはまったく違ってきていて裕福になってきています。靴磨きもそうですが昔はどうせ汚れるからといって靴を拭こうともしなかったので靴磨きは流行りませんでしたが、今は商売になります。

自転車の骨董品も怪しいものですが、レプリカとして飾っておくのも悪くはないですね。

今度は上海ですか、プライベートだったら良いところですね。

2006/12/12 13:49  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
自転車は我が家にも有るけども殆んど乗らないですね、
少し離れていれば車で行ってしまう、100m、200mくらいは自転車にと思うが、そんな機会は半年に一回くらいですね、
無ければ困る、有った方が良い自転車です、
そんなわけで、日本の田舎は運動不足になりますよ。
中国が日本のように自転車が必要無くなる日は来るんでしょうか?
もしそうなって、一家に2~3台の車になったらば道路は車ばかりで動けませんね。
2006/12/14 12:41  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
自転車は、日本でも一家に一台はあるものですね。
たしかに日本ではタバコを買いに行くときも自動車でいき、何の為に自転車があるのか分からないです。

中国では、自転車は無くならないと思いますが、都市部では確実に
少なくなると思います。

北京では、車の新車登録台数を見ていると一日3000台は
増えている計算です。
オリンピックの時は当然通行制限を行なうと思いますが、
今の渋滞を見ているとひどいものです。
2006/12/14 14:55  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/197-825a7c84
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。