スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
電気自転車使用禁止
- 2006/12/08(Fri) -
中国では、自転車は市民の足として活躍している事は知られているが、最近は、少し所得の増えた人たちが『電気自転車』に乗っている姿を見かけるようになってきた。

この電気自転車は便利で廉価ということが自転車購入の理由のようで、100キロ当たりの走行コストは1.4元(20円)ほどで経済的な乗り物で爆発的な普及するかに見えたが、突然、北京や広州などの主要都市で使用禁止になってしまった。

特に広州では路上走行しているだけで即、罰金、没収されてしまいます。
現在すでに購入している人達は、公道を走れなければスクラップ同じで鉄くず屋に叩き売るしかない。

禁止の理由は、『走行安全性と電池による環境汚染』だそうだが、安全面の理由であれば免許性にすれば良いのであって、まして環境汚染の問題であれば、大量の排気ガスを出す自動車を即走行禁止にすれば良い。

他の理由がありそうな気もする、普及すればまず自転車業界が打撃を受
ける、『自転車職業協会』なるものが存在しているので案外このような
ところの利害関係が絡んでいるかもしれない。

中国はもっと大きな問題を抱えている、排気ガス、工業処理排水、川の汚染、食料汚染、砂漠化、など数え切れない。

私の仕事関係の繊維の染め工場は、汚水が問題になる為に『汚水処理』を設備している。見学したお客さんは環境汚染に大変気を使っている工場で、このような所に仕事を出すと安心感があるので、仕事はいつも満杯の状態ですが・・・・。
工場の裏に回って流れている川を見ると・・・・、驚きです。

川の水が汚染されて真っ黒です。
この川の水はどこに流れていくのでしょうか?

20061208164749.jpg


表だけを綺麗にして、裏には関心がないのは中国の得意技のようです。

川の周りはゴミや汚物が山積み
20061208164821.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<自転車の骨董品 | メイン | 裏町>>
コメント
--
こんな状態で、オリンピックのトライアスロンとか大丈夫なんでしょうか・・・・・・!?
つい数日前、テレビ東京で、「中国の水質汚染と日本のバイオ技術」という内容の興味深い番組をやっていました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview061205.html
中国の発展の影にあるこうした弊害は、かつて日本が体験した事なんだと思います。願わくば、こうした部分でお互い協力できるような関係になりたいものですね。
2006/12/09 05:59  | URL | ポリアンナ #TwNE4L6Y[ 編集] |  ▲ top

--
ポリアンナさん
表玄関の街並みは近代的に綺麗に着飾っていますので、
外国人には分からないと思いますが、水質汚染は想像以上ひどく、
魚や食べ物など色んなところに影響がでています。
日本のバイオ技術を使って中国の環境改善に役立ててほしいですね。

2006/12/09 09:35  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
電気自転車はバッテリーで自走する物なのか坂道で力を補助するタイプなのかですが?
禁止、没収は乱暴ですね、おそらく利権が絡んでいることでしょう。
環境問題は、此れから将来人間が生きていく間は解決は無いでしょう、一つが解決しても次々と新しい問題が起こってくると思います、
新しい技術や新しい方法を発見したり作ったりして世界が発展していくんでしょうが、其の時は必ず問題が出てくると思います、
発展した国は環境にお金を掛けていけるけど、生きていくのにやっとの国は食う為にってなるでしょう、お前の国は今のままでいろ、環境を壊すなと言っても無理、お前と同じ生活になりたいと言われるでしょうね、
経済発展と同時に環境悪化になります、
中国は軍事に掛けるお金を環境に回すべきでしょうね。
2006/12/09 13:43  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
電気自転車は『バッテリーで自走する物なのか坂道で力を補助するタイプです』突然禁止とは乱暴だと思います。購入している人はただの鉄くず同然になってしまったのですから、広州は完全に走行禁止ですが、北京はまだ走っています。

環境問題は本当に深刻な問題です。
特に中国の国は大きすぎます、都市部では環境問題には真剣に取り組むかもしれませんが、地方都市に行くほど厳しくは取り締まらない傾向にあり、日本のように新聞も大きく取り上げないのでなかなか解決がしないと思います。
2006/12/09 16:50  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/196-1d6c663e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。