スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
またまた偽物
- 2006/11/07(Tue) -
今、北京を離れて天津に来ています。

昼間、時間が空いたので街をブラ~としていると中国名物の路上販売が
並んでいる通りで、携帯電話を売っておりました。
SAMNUNG(韓国)製の今年発売した新しい製品です。

20061106200525.jpg


好奇心があり、友達が露天販売のお兄さんと
値段交渉をすることになりました。

お兄さん・・・・一度使っているので値段は安いよ。
友達・・・・・・んん、安い?いくら?
お兄さん・・・・300元でどう?
私・・・・・・・多分偽者だから買うのを辞めたら、
友達・・・・一度使っているのだから偽者でもないと思う、
200元にならない?
お兄さん・・・OK!OK!
友達・・・買いま~す。

値段交渉成立!!

友達は、安い買い物をしたので上機嫌です、・・・・でした。
しかし、帰って充電をして使ってみると・・・電源が入るのですが、
通話は出来ません(電話ができなかったら電話ではない)

故障かな?というわけで、携帯電話店にいって見てもらうと
『偽者です、最近よく出回っていますよ』
・・という残酷な返事が返って来ました。

いや~参りました、偽物天国の中国の事ですが、
最近携帯電話まで偽者が出回っているとは知りませんでした。
お金になると分かればどんなものまで作ってしまうのには驚きです。
しかしこの携帯電話一見本物と比べても見分けは付きません、
コストは高く付いているとおもうのだが・・。
恐るべし中国
友達は反省しているのかと思ったら、これも経験で暇つぶしになったと
負け惜しみを言っておりましたが、最初から偽者かもしれないと
思って買っているらしくあまりショックは無かったようで安心しました。



スポンサーサイト
この記事のURL | おかしな中国 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<住みやい街、 | メイン | 北京の街>>
コメント
--
.. 偽物って、メーカー品ではない、粗悪品というのが、私のイメージです。一応使えるが、故障しやすいとか、機能が劣るとか、寿命が短いとか、・・・。

.. 通話できないのなら、偽物じゃなく、子どものオモチャですね。
.. ブランド品の偽物なんかは、安くて品質は悪くない、というのもありますね。

.. 昔の洋画「第三の男」だったか、ペニシリンの偽物で、それを注射して、子どもが死んだという話がありましたね。
2006/11/07 17:39  | URL | 熱田善男さんのホームページ #ZeDGBPNg[ 編集] |  ▲ top

--
熱田さん
たしかに偽者で、メーカー品でないのが沢山出回っており、一応使えるものも沢山ありますが、今回の携帯電話の外見は、
本物と比べても分かりませんでした。
修理にだして始めて分かったのですが、子供のおもちゃんにしては、
精巧にできており、中身が手抜きで使えませんでした。
中国では、お金になるのならすべて偽物を作ってしまうので、
ペニシリンの偽者もありえますね。
2006/11/07 19:04  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん、私が北京在中はいつも偽物を買って楽しんでいましたわ、
これは当たり!!とか、ハズレとか友達と自慢話をしていました。
偽者も結構使えるものが多く庶民にとってはありがたい存在でした。
2006/11/07 22:14  | URL | miki #-[ 編集] |  ▲ top

--
mikiさん
そうですね、偽者を楽しめば良いわけです。
日本でなかなか体験できませんね。
2006/11/07 23:21  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
中国は何でも有りですね、
全然使えない携帯電話を売ったら詐欺ですよ、露天商なので文句の言いようが無いのかな?
何時でも、何でも、気をつけて疑って掛からないと、とんでもない事になりそうです、
そんな世界が有るんですね。
2006/11/08 09:58  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
そうですね、日本では新聞に出たりして大騒ぎになるところですが、
こちらでは、あぁ偽者だ・・で終わりです。
それだけに売る側より買う側が気をつけないと、買った方が悪い
という事になりますので、やはり普段から注意が必要です。
2006/11/08 11:03  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
だいじょうなのですか、
中国ってそんなに偽物偽者が多いのですか。
考えたらうらやまし~いです、だって日本ではかえにあのですから、
昔は韓国に行ったとときは偽物ショッピングが楽しみでした。
ぜひ中国北京にいってみた~いです。
2006/11/09 05:47  | URL | クウリン #-[ 編集] |  ▲ top

--
タウリンさん
ぜひ中国に来て偽物ショッピングを楽しんでください。
結構、楽しめますよ。
2006/11/09 13:06  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
恐るべしですね。
それにしても拙が北京に駐在し始めた頃、1997年に中国人の彼女から携帯電話をねだられ、買ってあげた携帯は日本円で約7万円。
これもサギみたいな話。
でも拙の友人もみんな買ってあげていました。
ずいぶん安くなりましたよね。
2006/11/09 23:47  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
GENKIさん
私も経験があります、5年前ですが女の子に携帯電話をねだられて、
同じく日本円で約7万円出費した事があります。
皆同じ経験をしているんですね
最近は、そんな馬鹿なことをしなくなりましたが、
やっぱり一番お金の掛かるのが女の子です。
2006/11/10 04:52  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/188-cd3f98aa
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。