スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
上海蟹の季節
- 2006/10/29(Sun) -
日本と同様、中国も蟹の季節になりました。

街のあちこちで上海蟹が店頭に並んでいます。

ところが、さすが中国です。
この上海蟹の偽者が沢山出回っており、
どれが本物か偽者か区別が付かないのが現状です。

そこで・・・・。
kani.jpg

写真にあるように蟹の足?にプレートが付いています。


電話番号と番号が書かれており、問い合わせれば偽者か本物か分かる
ような仕組みになっていますが、これも全面的に信用できないのが現状です。

偽者のプレートを付けて、本物と表示している偽者もあるので要注意です。


スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<裏技発見Ⅱ | メイン | 裏技発見>>
コメント
--
ごーさん
THAT'S CHINAですね。
本物の様なニセモノ、ニセモノの様な本物。
本物とニセモノを見分けるタグがニセモノで、それを見分ける
物がまたニセモノつまり本物は無いって事?
人間や商売ももしかすると本物が無く、みんなニセモノなのかも?
ニセモノの上に成り立っている国家・経済なのかも知れませんね。
人間不信になってしまいます。
今週の週刊誌に載っていた上海閥一掃の話すさまじいものが有りますね。裏切りのそのまた裏切り、二重スパイ、三重スパイです。
敵の敵は味方だと思っていたらまた敵つまり敵なんですね。
奥が深いですね。でも良く考えると、案外と最初からニセモノと思う、敵と思うという単純な事で解決できてしまうのかも・・・・・。
※だんだんよく解らなくなってきました。哲学的です!
2006/10/29 14:42  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
GENKIさん
本当に本物はどれでしょうという感じです。
中国人が、街で売られているものを見るとそれは、
『偽物』と決め込んでいるところがあります。
今月、私は携帯電話を街角で安く買ったつもりで喜んでいたのですが、実は偽物でした・・・しかしよくできており見分けが付きません、
こんな偽者を造るだけでお金が沢山掛かるのにと感心していました。
お金でどうでも転んでしまう世界ですからしかたがないかもしれませんね。
2006/10/30 02:10  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
.. 偽者と本物、蟹類として、違うものなのですか。

.. 蟹って、何でも、おいしいように思うのですが、上海蟹の本物ってそんなにおいしいのですか。

.. 舌だけで、味だけで、偽者と本物がわかるものなんでしょうか。
2006/10/30 08:49  | URL | 熱田善男さんのホームページ #ZeDGBPNg[ 編集] |  ▲ top

--
熱田さん
頃蘇州近郊の陽澄湖や無錫太湖で採れるものを
特に上海蟹と呼んでいます。
それ以外で採れたものは偽者になるわけです。
日本人は、タラバ蟹などを食べているので、
この上海蟹は小さいくて身も少ないので物足りません。
2006/10/30 12:32  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
上海蟹は日本でも食べられますがやはり偽者でしょうね?
10年くらい前は偽者が問題にすらならなかったのですよ、今は本物をどうしたら本物と信じてもらえるのかに知恵を絞っているんですね。
美味しければどっちでも良いと思うけど?
此れは偽者だと知ってしまうとイヤでね。
2006/10/30 15:49  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
拙は中国ではニセモノしか買いません。
どうせニセモノなら、本物そっくりのニセモノを安く買う。
本物ではありえないニセモノを買う(ポケット付きのポロのマーク
入りのワイシャツなど)結構便利。
つまりニセモノを楽しんじゃう訳です。
これってある意味で中国の楽しみ方と思いませんか?
2006/10/30 21:40  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
呼び名の問題だと思います、蟹の中でも上海蟹は有名になっており、
上海周辺で取れたものは高く売れます、同じ蟹の種類でも上海以外で採れた物は値段が通りません、上海蟹のブランドをつけて売ると値段が通るので偽者が出るわけです。たしかに頃蘇州近郊の陽澄湖や無錫太湖で採れるものは身が引き締まっていて、美味しい?
と思います。(食べ比べないと分かりませんけど)



GENKIさん
『偽者を楽しむ』・・・・良いですね、こういう楽しみ方は、
日本では経験できませんが、中国ではできます。
本物そっくりの偽者を買う快感はたしかにあり、
思いどうりの商品を手に入れたときの喜びは大きいです。
本物を求めるなら日本で十分です。
何も中国まで来て買う事がありませんから。


2006/10/30 23:59  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
上海蟹って蟹の種類の名前ではないのですね。
日本で言うと越前蟹みたいなものだったのですね。
やはり、採れるところにより味が違うのでしょうか。
2006/10/31 21:46  | URL | 石やん #-[ 編集] |  ▲ top

--
石やんさん
上海蟹の正確な名前はシナモズクガニと言います。
頃蘇州近郊の陽澄湖や無錫太湖で採れるものは
やはり一味違うようです。
2006/11/01 03:52  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/184-3d1f5bf7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。