スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
人生のドラマ
- 2006/08/12(Sat) -
人生色々です。

私の知り合いの女性が最近結婚をしました。

相手の男性は日本人です。
女性は日本人好みのする綺麗な人で、なかなかお似合いのカップル。

先週、披露宴を北京市内のレストランで盛大の行なわれました。
男性は彼女の為に北京にマンションを買い、仕事は日本なのでこれからは
通い夫となります。

結婚前も1ヶ月に一度、会いにきていたので、これからも同じような
ローテーションで変則的な結婚生活が始まります。

最近ではこのように仕事で中国に来て中国女性と知り合い、
付き合ったり結婚するケースが増えてきました。

彼もそのうちの1人です、日本に帰国した後結婚に踏み切りました。
日本では奥さんも子供もおりましたが、離婚をしての結婚です。

すごいパワーだなと感心しています。

ところで、単身赴任は、自分の人生観を180度変えてしまうものがあります。

日本での仕事に追われた忙しい時間の中での生活はごく当たり前の事と思っていたことが、独りになると今までの人生を振り返って考える時があります。そして「結婚とはなんだろう」・・とか。

離婚までして二人の結婚に対しては両賛否の意見があると思いますが、
私は、一度だけの自分の人生ですので、このような生き方も良いので
はないかと「祝福」をしたいと思います。


スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
<<車に乗るのが怖い | メイン | 豚足>>
コメント
--
ごーさん
友人の考え方に賛成です。
日本で仕事して、中国に通うのが少し気がかりですが。
人生は一度です、自分を真剣に考えての結論は尊重します、幸せになって欲しいですね。
素晴らしい人に出会っても、一緒になれない事情の人も有り、総てをやり直す人も有って、其の人それぞれに置かれている立場や人生観が違うので ・・・・
人生いろいろですね。
2006/08/12 07:08  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
離婚したのは良いとして、もう一歩進んで結婚する必要は有ったのでしょうか?恐らく女性のほうが求めたのではないでしょうか?
子供がほしいからというのであれば解らなくはないですが・・・・。
いろいろ相互にもくろみが有るのでは???
(ちょっとうがった見方でしょうか?)
中国の女性は結婚すると豹変しますからね。
(これまでいろいろな日本人を中国で見てきているもんで・・・・)
いずれにせよお二人の幸せを祈りましょう!
続報を楽しみにしています。
※ごーさんも気をつけてね!
2006/08/12 09:21  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
人生色々ですね、そうしたいという願望がありながら
実行できずに人生を終わる人はたくさんいてると思います。
結婚生活もおなじで、この人と結婚してよかったと思っている人は
果たして何人いてるのかな・・、など思ったりしています。
私も子供も大きくなり一応責任を果たしたので、
自分の人生を歩みたいと思っていますが、家族と言う十字架を
背負っているので踏み出せません。
2006/08/12 09:41  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
GENKI さん
さすがに読みが深いですね。
GENKIさんの言っている事は当たっています。
結婚にこぎつけるまでは、ひともんちゃくありました、私はその過程を
よく知っています、正直男性を見ていると可哀想に思いますが、
本人は自分で決断した事ですので「おめでとう」としか言う事が出来ません。とりあえず、彼女は第一の目標の「家」は手にいれることができたので、めでたし・めでたし・・・。
そうそう、私も人事ではないですね・・注意・・注意。

2006/08/12 10:20  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
人生いろいろに同感です。何が正しいのか悪いのかは 人それぞれに寄りけりで 分からないですよね。ともあれ 幸せな第二の人生を・・と祝福します。私の周りにも 男性日本人 奥さん中国人が居ますよ。
仕事とつなげては行けませんが 難しいそう・・。ごーさん!本気になるなら 日本女性の方がいいですよう~~ゥ。(笑)
2006/08/12 11:31  | URL | あっこ #-[ 編集] |  ▲ top

--
あっこさん
私も同感です、やはり日本女性が良いです、今、実感しています(笑)
中国女性とは、生まれ育った環境や習慣の違いがあり、お互い合わ
していくのが難しいのです。
それと、どんな美味しい料理でも毎日食べていると飽きてしまいます。
あっこさん、結婚するときは「人生ばら色」などと思わないでください。結婚とは「努力と忍耐の始まり」・・ですから。
2006/08/12 14:59  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
.. すごい話ですね。
.. 私の世代の常識では、理解できないです。
.. 常識という色眼鏡を外してみれば、ごーさんのご意見のように、これでいいといえますね。

.. お互いに、1度しかない人生ですから、思いどうりにすればいいですね。

.. それにしても、何が良かったのでしょうか。

.. 今東光は、長い間、悪妻と縁が切れずに困っていたそうですが、その理由は、セックスが良かったからだったそうです。
.. チンポが焼けるようによかったそうです。その味がたまらないので、東光のほうが未練があったそうです。

.. ゲスなわたしは、結婚に大切なのは、なんと言っても、セックスや。
.. 本当に、気持ちの良いセックスや。痺れるようなセックスや。ハッハ、ハッハ、・・・。
2006/08/12 17:26  | URL | 熱田善男さんのホームページ #ZeDGBPNg[ 編集] |  ▲ top

--
熱田さん
中国女性と付き合うのは良いですが、結婚だけはしない方が良いと思います。自己主張が強くそのうち手に負えなくなります。
もちろん結婚に踏み切るのはセックスも重要になりますが、
最初のうちだけは好奇心もあり励みますが、2,3ヶ月もするとこんなものかと思い、その内別な花が気になりだして、うろうろ飛んでいく習性があります。
今東光の悪妻のセックスが良かったというのは本当にまれな事では
ないでしょうか。
2006/08/12 21:38  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
熱田さん
ごーさん
食虫植物ですよ!食虫植物!
結婚前はやさしいし、セックスも旨いんです。
でも一度その毒牙にかかって初めてその表面上の美しさ、いいにおい、おいしい液体が何の意味があるかがわかるのです。
が、しかし、その時にはもうすでに遅いんですよ。
彼女達の上手を行かないといけないんです。
2006/08/12 23:30  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
GENKIさん
ハハハ・・食虫植物は良い表現ですね、
毒牙にかかっている男性諸君はたくさんおります。
多分日本では遊びなれていないので、こちらに来ると年に関係なく
60歳を越えていても綺麗な女の子が寄ってきます。
意味も考えずに、もてていると勝手に勘違いしてのぼせ上がってしまうケースがよくあり、今まで使った事のない大金を投資しているようです。
幸いな事に、私はお金がないのでそのような食虫植物は私には近寄ってきません。
2006/08/13 00:41  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
第二の人生ですか、
悪くはないが、結婚2度目とはすごい動力ですな。
わたしは結婚はもうこりごりですわ。
こんなしんどい結婚という仕事は2度としたくはないですわ。
2006/08/14 03:49  | URL | yamato #-[ 編集] |  ▲ top

--
結婚は仕事・・本当ですね。
私も結婚当事は人生ばら色と思っていたのですが、
大変な事業です。
2006/08/14 09:15  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
もうさすがにGIVE UPですね。
中日に勝てないということは、やはり優勝はむりでしょう。
けが人が多すぎます。
あとはラ来年の為にこれからに時間をどう使うかですよね。
どっちみちロッテも駄目なようですし、リベンジできないから・・・・
と言って自分を慰めるしかありません・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/08/14 10:15  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
G.Sさん
N.Y今日からですか、お気をつけていって来てください。
くれぐれも金髪女性の誘惑に乗らないように・・。
阪神タイガース、今年は優勝は残念ながら諦めます。
次のシーズンの備えて若手を使っていってもいいですね。
2006/08/14 10:59  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
残暑お見舞い申し上げます。
中国人の女性ですかぁ。
確かに日本人と接触している中国人の女性は積極的だし、綺麗に見える人が多いからなぁ。
でも、打算的というか、利用価値がなくなるとすぐ分かれるような気が・・・。かんがえすぎかなぁ~。
2006/08/14 13:21  | URL | 石やん #-[ 編集] |  ▲ top

--
石やんさん
正解です・・・。
中国に来ると、60歳の人でも若い女性にはもてますよ。
ただし、有頂天になっていると思わぬ出費は覚悟しなければなりません、まず相手が何を考えているかを最初に考えれば良いのです。
2006/08/15 01:32  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/153-88a035f0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。