スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今日の出来事
- 2006/07/17(Mon) -
日本人と中国人の価値観の違いと反日教育の影響。


中国では反日教育が政治政策として行われてきたことが、多くの悪影響を及ばせています。
中国人と付き合ってみると最初は似ているところはたくさんあると感じるのですが、深く付き合っていくと、考え方や価値観の違いが想像以上に違うところがいっぱい出てきます。

今日、夕食に中国料理店に行った時のことだ。
隣に中国人の男女が座っていた、見た目30歳前後のなかなかの好青年が携帯電話でなにやら話をしている。日本語なので耳を傾けて聞いていると、昨日の夜電話相手の日本人と一緒に酒を飲み、日本人が相当飲んで酔っ払って店に忘れ物をしたという内容のようだ。

中国人男性「これからはあまり飲み過ぎないように気をつけてください・・・ハイ、それでは失礼します・・おやすみなさい」、かなり日本語がうまく、最後の挨拶も丁寧に対応ができている・・。

しかし、電話を切ったあと・・携帯電話に向かって日本語で一言「バカ!」、最後の言葉に唖然とした。電話相手の日本人は気分よく電話を切ったと思うが、そばで聞いていた同じ日本人としては気分いいわけがない。
しかし、中国で長年いているとこのような場面に何度も出くわすことがある。

あるとき、通訳とエレベータに乗った、“ごーさん”日本語で話をしないでくださいと言う・・何で?この通訳もやはり日本人と分かると中国人の感情がよくないと思っているのだろう、しかし私は日本人に誇りを持っている、その証拠に日本の文化が世界中に広がっているし、日本人が嫌いなら日本の会社を相手にしなければいい。

中国人の心の奥深くには日本人は悪いという思いをもっているのは事実であり、教育の違いがそうさせているのだから、分かって付き合えば怒ることもないだろう。

習慣の違いもはっきりでている、
仕事に対しては中国人はおおざっぱだが、日本人は細かいところまで指示をしていきます。しかし一旦仕事が終われば、カラオケなどに行って仕事のうっぷんを晴らすのです、気分によっては深酒をしたり、裸になって踊りだす人もおりますが、中国人からみれば異質に映るかもしれない。

しかし、私日本人から見れば中国人の理解できないところがいっぱいある。理解をする努力はしているつもりだが、簡単そうで頭では分かっていてもなかなか大変難しい。

スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<漬物に | メイン | ユニークな泥棒>>
コメント
--
.. 確かに、国民性というのは、あまりに違っていて、びっくりすることがありますね。

.. 中国の場合は、反日教育という偏向教育のために、さらにもっと、片寄ってしまっていますのでしょうね。

.. 人種偏見は、世界の、あらゆる国にもあるようにおもいますね。
.. 日本だって、いろいろの国に偏見を持ちながら、その偏見にとらわれずに、現実主義と実利主義で、のし上がってきたのですね。

.. 日本人の本心は、白いご飯と白菜の漬物とがあれば、一番だ、ではないでしょうか。
2006/07/17 06:35  | URL | 熱田善男さんのホームページ #ZeDGBPNg[ 編集] |  ▲ top

--
熱田さん

反日教育そのものが、極悪日本人の侵略から国を守ったという、共産党員の宣伝のようなのもではないでしょうか。

今までは、国民をあおり立てて政治的な交渉を有利に進めてきましたが、前回の反日運動で経済的な打撃をこうむることが分かり、あわてて、これはちょっとやりすぎたと今度は反日感情を抑えようとしている向きがあります。

しかし、小さい子供の頃から教え込まれた事は、大人になってもなかなか抜け切れず、日本人と付き合っていても心のどこかで偏見の目で見ているのもたしかです。

2006/07/17 10:48  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
私は中国人です。80年生まれ。若者と言えるかな。。。
反日教育と言えば、私の場合、去年の反日テロの風潮が終わった後、日本のマスコミの報道で初めて見た、感じだ、分かった。その前全然気付いていなかった。反日教育は中国に確かに存在しています。

私は日本人、日本のことを面白いと思いますよ。日本人は面白いよ。仕事に真面目、純粋。
人には一番大切なのはやはり自由な思想ですね。
反日教育があっても、時間のながれ、経済発展と共に、皆が自分の思想が誕生すると思います。共産党の思想抑えはきっと弱くなるおもいますよ。
勿論 時間がかかるでしょう。。。。。
2006/07/17 18:02  | URL | realnihon #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
日本の常識は、中国の非常識。中国の常識は日本の非常識。
です。拙はよく使うのですが、お箸を立てに置く国と横に置く国。
それ位差があるのです。
よく問題が起きると”そんなの常識だろ?”と中国側に言う日本
人が居ますが、それは日本の常識。常識はワールドスタンダード
ではない。だからちゃんと想定される問題を想定していないほうが
悪いのだ。

拙の私見ですが、反日問題?それは中国政府が利用しているだけ、そんな事に我々民間がまともに取り合ってはいけないと思います。
中国の人嫌いですか?拙は好きですよ、友達もいっぱい居ますし。
そのレベルで話をすると、中国人と日本人という次元で物事を捉えてはいけません。記事にあるようなこと、日本でもしょっちゅうある話ですよ。日本人だって関西人はどうとかこうとかとか言うじゃないですか。
余り国民性の問題にしてほしくないですね。
2006/07/17 22:10  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは。
難しい事(政治のこととか)はあまりわかりませんが、このような話になると「日本」とか「中国」とかひとくくりで考えてしまいがちなので、なるべく「個人」としてみるようにしています。
習慣の違いはよく感じますよね。日本人はお酒の席では「無礼講」と言いますが、聞いた話によると中国では「お酒を飲んだときがその人の本性だ」という考えがあるとか。
2006/07/17 23:01  | URL | xiahai #fqzFGaNE[ 編集] |  ▲ top

--
realnihonさん
訪問ありがとうございます。
26歳ですか若いですね、私はお世辞ではなく正直中国人が好きですので、中国に残って仕事をしています。私の周りにもたくさんの人脈だできていい関係が続いています。時代の流れとともに反日的な感情も薄れてくるのでしょうね。


GENKI さん、

たしかに、反日教育を民間レベルの問題として考えたくはありませんが、この記事に書いたことは、電話の相手の日本人は少なくともこの中国人を信頼して話していたと思います。話しをしている事と腹の中で思っている事が違うというところに問題があります。
大企業間では、あまりこのような光景は見られませんが、私レベルの世界ではこの辺を見極めないと後で後悔をする事になる可能性がありますので、過剰敏感になっているのかもしれませんね。


xiahaiさん

日本人は、たしかにお酒の席では無礼講という言葉があり、ドンちゃん騒ぎをしたりします。先週もこちらの会社の総経理と話しをしていると「中国人は、飲んでいてもその人の人格を疑われるからできない」と話していました。
習慣の違う国に来てまで、ドンちゃん騒ぎをしている日本人を見かけると同じ日本人として恥ずかしいと思うときがあります。


2006/07/18 02:22  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
初めまして。

私の住んでいる地域は、最近中国からの嫁さんが来て話題になりました。
すぐの一軒おいた隣にも中国人のお嫁さんが来ました、家から出て近くのアパートに住み始めたので直接は会っていませんが結婚したそうです。
自動車販売会社の社長をしている知り合いも40歳過ぎですが最近中国の嫁さんをもらいました。
反日教育も有って心配もしますが彼らの将来の幸せを地域の皆さんが思っています。
2006/07/18 09:16  | URL | ぼやき #-[ 編集] |  ▲ top

--
ぼやきさん
訪問ありがとうございます。
最近は中国女性をお嫁さんにする人が多いですね。
習慣の違いなどで戸惑う事があるかもしれませんが、
幸せになってほしいですね。
2006/07/18 12:53  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/136-cd06bd6a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。