スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不合理な理屈
- 2006/06/26(Mon) -
“三角債”は、存在している。

通常、泥棒にあったら当然“警察に届ける”のが一般的だ、しかし、
もし自分が被害者なんだから“他人の物を盗んでも”罪にはならない、
という変な理屈が成立したとしたらどうなるのだろうか?

中国に来る前は本で読んで知っていたが、実際はそのような現場にも遭遇することもなかった。
しかし長年中国に関わっていると、このような不合理な理屈が商売上では成立して
平然と行われている事実がわかってくる。

三角債とは“自分が支払いを受けられなかった被害者だから他人への支払いを踏み倒しても罪にならない”という変な理屈だ。

私が仕事で関わっているA社の総経理が最近暗い顔をしていた、話を聞くと、
B社からある品物を依頼されて製造して納品を済ませたが、支払い段階になって
50%の値引きを言い渡された、理由は、B社がその商品の納入先から何らかの理由でお金が貰えなくなったからしい。

A社の場合は、まだ50%の支払いがあったのだから、B社の対応はまだ良心的?
といえるかもしれない。“私が被害者なのだから貴方への支払いが
少なくて当然”という不思議な理屈が正当化されている。
つまり“被害の転嫁”である。

このA社の総経理の対応はどうしたかというと、
“しかたが無い、次からはB社の仕事はやらないだけだよ・・・・・・、

つまり,不満だがこの値引きは成立していることになる。

スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ビジネス | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<大人のスポーツ | メイン | 代金未回収>>
コメント
--
.. 三角関係にも、いろいろあるのですね。

.. でも、三角債関係も、一理あるような気がしますね。

.. 日本でされている、リストラ首切りも、お客が儲けさせてくれないから、社員の首を切るのですから、同じような理ですね。

.. ヘッヘ、ヘッヘ、ヘッヘ。こんな事、言っちゃいけんな・・・。
2006/06/26 19:43  | URL | 熱田善男さんのホームページ #ZeDGBPNg[ 編集] |  ▲ top

--
熱田善男さんのホームページ
あぁ~・・・そういわれてみれば日本でもありますね。
リストラも似たようなものですね。
しかし、中国は直接的です、相手からお金をもらえなかったから、
あなたにはあげない・・・。なんかもっともらしい理由をつければいいのにと思うのだけど・・・・。
2006/06/26 23:14  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ごーさん
中国では騙す側が尊敬され、騙される側は評価も同情もされない。
騙す事は知恵であり、頭が良いからとされる。
騙される側は情報がない、無脳だから騙されるとされる。
日本は騙す人より、騙される人になりなさいなんて、教えているんですよ。こりゃかみ合いませんわ。でも結局は結果なんです。
みんなで仲間はずれにして、そんな事をやっている国にオリンピックをやる資格は無いと、国際世論を高めるしか方法は無いですよね。
2006/06/26 23:24  | URL | GENKI SHOP主人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
GENKI SHOP主人さん
その通りです、騙される方が悪いという認識は正しいです。
この値引きをした会社に対しての批判が無く、日本人感覚でははっきり言って仲間はずれにして近づかないのですが、そういう気配が無いのが不思議です。
やっぱり、このような原始的な考えを持っている国は、オリンピックをやる資格はないですね。
2006/06/27 01:03  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
三角債ですか~。
なんか数年前のどっかの大手企業と銀行の関係みたいですね~。
無い袖は振れぬ 分かったそれじゃ債務減免する
それでもつきあいは続く~・・・・  と
結局本当に得しているのはだれ?
損しているのはだれ?
2006/06/27 11:15  | URL | 石やん #ncVW9ZjY[ 編集] |  ▲ top

--
石やんさん
三角債で一番損をしたのは、直接関係の無いA社ですね。
しかし、得をした人は一体誰なんでしょうかね。
案外、得意先から支払いが無いといいながら、値引きをしたB社かも、全下請工場に対して値引きを行えば案外利益が出るかもしれません。
2006/06/27 11:28  | URL | ごーさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://junice.blog25.fc2.com/tb.php/127-c1f22c89
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。