スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
威海の私の住居
- 2009/12/26(Sat) -
     私が威海で住んでいる家は築20年

もしかして私の住居は築10年ぐらいかもしれませんが、中国の家は新築で建っても1年もするとすぐに古くなり

5,6年も経っているようになるが、内装修理をしているので見掛けは綺麗だ。

私の家の中は窓はごらんのようにビールの空き缶を積んでいる。前にこの窓から泥棒に入られてパソコンを盗まれた。

泥棒が窓を開けて侵入すると空き缶が下に落ちて大きな音がすると泥棒が驚いて逃げてしまう・・・と信じておいてある。

IMG_2975.jpg







住んでいるところは市内に近くて家具類が揃っているので便利なのだが・・・・・・・・・、欠点はある。

備え付けの備品が次々と壊れてしまう。

便器の便座のねじが壊れて落ちてしまったので、この便器に座って用足しをするときはお尻がぐらぐらして安定しない。

IMG_2971-1.jpg









まだあります・・・・洋服ダンスを開けようと取っ手を引っ張ると取れてしまった(2箇所)

蛍光灯が点かない。寝室のドアのカギが開かなくなって取替え修理をした。

天井の壁が剥がれてきている・・・・。洋服ダンスの扉が歪んで左右に開かない。

家修理1






まだあります・・・・・。

食器棚のドアの取り付けが壊れてドアが今にも落ちてきそうです・・・・危険!!

台所の水が流れなくなった・・・・・自炊が出来ない。

洗濯機が故障、動かなくなった・・・・・洗濯ができない。

台所の喚起が故障・・・・自炊をすると煙だらけになる。

食事の時のイスが壊れた・・・・食事をするときにうっかりするとイスから落ちてしまう。

家修理

私は別に乱暴に取り扱っているわけでもないのですが、よくこれだけの不良箇所が出てくるものだと感心してしまう。

私は明日日曜日に帰国しますが、大家さんには帰って来るまでには修理を全部しておくようにと頼んでおいた。

明日は威海→北京経由で東京に行きます。北京での乗り継ぎの待ち時間5時間はチョットきついけど5ヶ月ぶりの日本楽しみです。


スポンサーサイト
この記事のURL | 威海 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
寒中水泳
- 2009/12/24(Thu) -
朝早いまだ日が昇っていない5半時ごろ、さむ~い

冷たい海に飛び込む人々が出没します、彼らは威海寒中水泳の愛好家です。

この寒中水泳の愛好家は、ロシア、中国、カナダ、ドイツ、北欧諸国など日本より気温の低いところほど盛んです。

今日の朝の気温が-3度、水温は4度ぐらいではないかと思いますが、まだまだ彼らにとっては気温は高いほうです。

北京などでは気温-20度一面氷が張っている中でも平気で泳ぎます。

IMG_1627.jpg






寒中水泳を始めて体験すると、痛みを感じる、それから順に、しびれ、熱さを感じた後、目と耳がまひする。

最後に方向や時間、自分の体重などに対する感覚がなくなり、もうろうとした恍惚状態を感じるという。

これらを体験できたら寒中水泳愛好者の仲間入りだそうです。

IMG_1629.jpg









やっと7時前日が昇ってきました。

専門家によると、「超低温によって四肢から心臓やその他の内蔵に急速に血液が流れ、瞬間的に血液の浄化が起こる。「胸部内部の温度が約40度に上昇する。15秒から20秒と非常に短い間だが、ウイルスや病原菌を殺菌するには十分です」

週に1回から3回の寒中水泳がさまざまな病気に効くそうですので、一度試してみてはどうでしょうか・・・、

もちろん私は究極の体験はしたくありません、

素人が試すとショック死を体験する可能性がありますので止めた方がいいと思います。

IMG_1731.jpg








寒中水泳の会員は50名以上居ると思われます、次から次と来た人から海に飛び込み、

泳ぎ終わった人はその場で着替えて帰宅をしてます。


IMG_1732.jpg


追伸
今日はクリスマスイブですが、威海ではこの日に「リンゴ」を食べる習慣があるそうです。
例のごとく私の机にリンゴをいてありました。
中国でお住まいの方、私は北京で住んでいた頃はこのような習慣は聞いたことがありません。
この習慣威海だけなんでしょうか・・・またなぜ「リンゴ」七日知っている方がいてましたら教えてください。

この記事のURL | 威海公園 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
星の王子様とお姫様
- 2009/12/22(Tue) -
結婚式で最も重要な儀式の一つは記念写真撮影です。

この時ばかりは二人はお姫様と王子に変身します。

車はBMW、アウディー、リムジン、ベンツ普段縁に無い車で乗り付けてお金には糸目をつけません。

IMG_2935.jpg






撮影のスタッフは6人、お姫様と王子はスタイリストの要望に答えて普段やったことのないポーズをとります。

王子様がギックリ腰にならないかとチョット心配しますが、少し撮影風景を見物することにします。

IMG_2862.jpg








この日も雪が積もって風が吹いて寒い日です。

お姫様が風邪を引かないように王子様がしっかりと手を握って暖めています。

IMG_2867.jpg






風が吹く海辺での撮影。

IMG_2872.jpg






そしてお姫様の単独撮影・・・・

綺麗なお姫様はなかなか絵になります。


IMG_2905.jpg







そして王子様登場・・・・




あっれ、空を見上げているので雨が降りそう?

違います、二人は将来の自分たちを見ているのです。

しかし、残念ながら二人の未来に何があるのかは誰も分かりません。

IMG_2907.jpg





それではもっと遠くを見ると何かが分かるかもしれません。

宇宙の果てを見てきっと二人は幸せになれると確信したようです。

王子様すこし腰を使いすぎのような気がしますが・・・・・、(余計なお世話でした)

IMG_2910.jpg






それでは、王子様も単独撮影です。

いいですね一生に一度の主役です。

お幸せに・・・・・・・・。

IMG_2912.jpg







こちらは少し甘えん坊の星の王子様です。

IMG_2922.jpg

この記事のURL | 中国の結婚式 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
中国の雪だるま
- 2009/12/20(Sun) -
冬はやっぱり寒いですね。

今日のウエハイは晴れていて少し寒さは薄らいだようです。

それでも気温は最高気温0度、最低気温-6度・・・・やっぱり寒いです。

幹線道路は車が走って雪は解けているのですが歩道は凍ってしまっている所もあり滑るので歩くのが危ないです。


遠くに見えるのが幸福門
IMG_2593-1.jpg








中国でも雪が降ると日本と同じように雪だるまを作ります。

しかし、この“”雪だるま“”は日本とはどこか少し違っている様な気がします。











首に黄色いマフラーを掛けていてお地蔵さんのようですが、顔は少し怖いような気もします・・・。


場所:幸福門
IMG_2731.jpg









情けない顔をしていますが、何かを訴えているんでしょうか?

見方によっては愛嬌があります。

頭にはミカンの皮、首にはクリスマス用のデコレーションの飾り物を付けてちょっとおしゃれです。


間所:街の中心
IMG_2774.jpg














首にはマフラー、頭には赤のサンタの帽子・・・彼は愛嬌があります。

場所:ケンタッキー前
IMG_2776.jpg











最後は・・・・ちょっと残酷な雪だるまです。

頭にはサンタの帽子ですが・・・・・、

口にはニンジンを突っ込まれて・・・・・、

額には国旗が突き刺さって・・・・・痛そ~、

首はツリーの飾り物で絞められて、通り行く人に助けを求めています。

場所:大世界1F
IMG_2936-1.jpg


中国と日本の“”雪だるま“”の違いは・・・・・・・、

日本では七転び八起きの“”だるまさん“”ですが、中国では「雪人」Xue renなので雪の人です。






この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(0) | ▲ top
まだ雪が降っています
- 2009/12/18(Fri) -
朝起きて外にでるとまだ雪が降っています。

通勤するタクシーもなかなか来ないので仕方なく遠く離れたバス乗り場まで歩くことにします。

ドカ雪ではないのですがなかなか降り止まない。

バス停までは約15分くらいかかりますが雪が積もっていて思うように歩くことができず体力が数倍必要です。

IMG_2470.jpg







歩いている途中雪かきのおばちゃんにカメラを向けると“”あんた何見てるの“”という冷たい感じでみています。

IMG_2488.jpg








通学途中の子供ですが、彼女たちだけは雪が降って嬉しそうに走り回っているのですが・・・・。

IMG_2504.jpg








大人は会社に行くのに通勤の足が無くひたすら歩くのみ・・・・。

やっとの思いでバス停までたどり着いたのですが・・・・・・バスが来たのは20分後その間寒さに震えていました。

IMG_2520.jpg








この場所は映画館ではなく、DVDの新作を放映しています。

私は入ったことが無いのですが、著作権があるかどうかは定かではありません。

IMG_2518.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
雪です。
- 2009/12/16(Wed) -
ウエハイは昨日に続き今日も連続で雪が降っています。

部屋は暖房が効いていて良いのですが外にでるととても寒く凍りつきそうです。

そして雪が降った時に一番困るのは交通がマヒしてしまいどこにも行くことができません。

IMG_2630.jpg









基本的には雪が降っても車は“”横滑り“”しょうがタイヤチェーンを装備しないために道路は大混乱。

道路は雪が解けて泥沼状態で歩くと靴が泥で真っ黒になってしまいます。

一見空いているようですがその先は大渋滞。

IMG_2660.jpg








雪が降ってこのままにすると道路は凍りついて危険ですのでホテルの従業員が外に出て雪かきです。

IMG_2530.jpg





凍りついた道路、

この上でスケートができるほどよく滑りますが車はお構いなしで横向きながらこの道を走ります。


朝の通勤時間はバスが来ない、タクシーも来ない雪は嫌です!!


IMG_2681-2.jpg



この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
行ってきました結婚式
- 2009/12/14(Mon) -
おそらく今年最後の結婚式

結婚式では自分が座るテーブルによってお酒を飲める人がいるか居ないかでお酒を飲む量が違ってくる。

今回座った席はみんなよく飲むので・・・最悪です。

白酒から始まりました。

IMG_2224.jpg

グラス満杯並々と親切に???注いでくれます。

IMG_2225.jpg






結婚式には魚は付きものですが、中国には珍しく「鯛」の種類がが出てたのは初めてです。

IMG_2228.jpg






白酒を“”乾杯“”で飲み干して・・・・これからが始まりです。

次はビールで乾杯・・・もちろん飲み干してグラスを空にします。

私はもちろん酔っ払い状態で写真を撮っていますのでご覧のとおりです。


IMG_2340.jpg






歌っている女性、白酒を乾杯で飲み干しました・・・・強い・・・完全に私は負けています。

IMG_2346.jpg






新郎新婦がやってきて白酒とワインのチャンポンを皆のグラスに注いで回ります。

そして、テーブル全員乾杯。

IMG_2259.jpg








こちらの席では男性が真剣なまなざしで迫っていました・・・・??

IMG_2364.jpg

まあ結婚式だから仕方がないか・・・。
IMG_2365.jpg

披露宴がお開きになったのは覚えているのですが、どうやって家に帰ったのか覚えていません。
この記事のURL | 中国の結婚式 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
中国の干し芋
- 2009/12/11(Fri) -
       4日前に大失敗をしました。

私はいつもリュックサックにパソコンを入れて持ち運びをしています。

いつものようにリュックを肩に担いで外に出た瞬間、リュックからパソコンが飛び出して舗装している道路に転がり落ちました。

原因はリュックのファスナーがしっかり閉まっていなくて口が開いていたのです。

ここだけの話ですが、このような状態でパソコンを落としたのは3度目です、今までは落としても何とも無く使えたのですが、
さすがに3度落とすと壊れてしまいました。

幸い修理に出して4日目で直り無事パソコンが正常に動いています。

修理代180元、日本円にすると約2500円、おそらく日本でしたら修理時間は早くて2週間、

遅くて1ヶ月はかかり、修理代は2.3万円は取られていたのではないかと思います。


それで今日は久しぶりの更新です。

この写真の物はなんだか分かりますか?

正解は・・・・・昔懐かしい干し芋です。

IMG_2033.jpg

この干し芋は中国人の浸しい人から頂いたものです。

中国では都市部の人にとってはあまり貴重な食べ物ではないのですが、やはり農村部の人たちにとっては貴重な食料です。

私は子供の頃さんざん親から強制的に食べさせられて正直あまり食べたくないのですが、

相手の好意を無視するわけにいかず、ありがたく頂戴することにしました。




この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(1) | ▲ top
白酒
- 2009/12/06(Sun) -
               贈り物に白酒をいただきました。


白酒の香りは、飲み慣れない一般の日本人にとっては芳香というより「臭い」と感じられおまり馴染むことができません。

しかし、飲み慣れるとその匂いは気にならなくなり、やがて「悪くない香りだ」、「よい香りだ」と思えるようになるそうです。

いただいた白酒は赤の袋に入り中を取り出すともうひとつの袋に入っていました。

名前は「五粮液」といって五種類の穀物(餅米・米・トウモロコシ・小麦・高粱)を原料としているところから

この名前がついたそうで四川省で作られている中国でも有名なお酒です。

IMG_1965.jpg




度数は55度、値段の高い物は11000元もしますが、この白酒は680元です。

ちなみに一般に飲むお酒は60元ぐらいです。

お味は上品でまろやかと聞いていますが、あまり好きではないのでまだ飲んでいませんが、

アルコールが55度あるのでおそらくコップ一杯飲めば酔っ払います。

IMG_1969.jpg

中国でお仕事をしておられる方、おそらくこの白酒を進められて断るのに苦労しているのではないでしょうか、

そして、酔っ払ってたくさんの思い出があるとおもいます。


私は、北京で仕事をしているとき昼間白酒を得意先でさんざん飲まされたあげく、万里の長城に行き一気に頂上までかけ登ったのが今でも記憶に残っています。



この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(1) | ▲ top
料理
- 2009/12/05(Sat) -
チャーハンが食べたくなった!!

チャーハンは中国が本家ですが油が多くあるときは皿のそこに油が溜まっているのであまり食べないことにしている。
それでも日本で食べるチャーハンの味が忘れられなく無性に食べたくなる時がある。

自分好みの味付けは自分で作るしかない・・・・・。

材料は、“エビ”、“ハム”“ネギ”を最初にフライパンで炒めた。

・・味付けは、中華スープの元ウエイパァー少々と醤油、あわせだし少々とコショウ。

フライパンに油をひき先に卵を炒める(卵に油をしみこませるのがコツ)・・と確かhaichaoluさんに教えてもらった記憶がある。

後は味噌汁があれば完成です。

IMG_1993.jpg









次の日はスペアリブです。

焼肉にしょうと思っていたのですが・・・・・・フライパンを洗うのが面倒だと思い

急遽煮付けに変更

生姜を刻んで鍋に入れた・・・・だけど何のために生姜を入れるのかは分からない?

たぶん臭みを取る、肉が柔らかくなる??・・政界は分からないが入れたほうが料理を作っているという自己満足がある。

3時間ほど煮込みこむと肉は少しは柔らかくなった。

DSCN1215.jpg

料理を始めようと思った一番最初は“あわせだし”や昆布、かつおだしなどどう使うのかも分からなかった私です。

失敗は数え切れないほど山ほどある・・・・。

天ぷらが食べたくなりフライパンに油をいっぱい入れて熱湯した油を床にひっくり返してしまったことや、

鍋は今までに3個焦がしてしまい使えなくなった。

味付けも醤油を入れすぎて味が濃くなり食べれなかったりしましたが、

最近はやっと出汁の入れ方や分量が分かるようになってきたような気がする。

この記事のURL | 料理 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
結婚の式招待状
- 2009/12/04(Fri) -
年内はもう結婚式は無いと安心していた矢先に結婚招待状がきた。

しかも、私が席をはずしている間にさりげなく机に置いてある。

私は大声で“”おーい誰が結婚するんや!!“”・・・と言うと・・・、

“”私です“”一人の女性が手を上げた。

(人が聞く前に自分から一言結婚しますので結婚式に出席してくださいと言えよ・・・・・)


IMG_1982.jpg

中国の結婚式は文化の違いもあって日本とは少し違っています。

①このように机の上にポンと招待状を置いていても中国では普通なので失礼にはなりません。

②結婚式に出るのも正装しなくてもヨレヨレの服を着ていっても大丈夫です。
 正装すると一人だけ目立ってみんなからじろじろ見られますので注意してください。
 避けたほうがよい服の色・赤・白のネクタイもNGと聞きます。

③各テーブルにはタバコを用意しているいるので自前のタバコは必要ありません、時たま中華という一個100元以上する高いタバコを用意している時があります。その時はタバコを一掴みポケットに入れてください、(セコイ・・)

④披露宴が始まったら最初は花嫁花婿の主役です、散々両方を持ち上げてその後は両親との対面があります。
一般的には昼前ごろに始まるのでちょうどお腹が空いているときですがまだ食事をすることが出来ません。
この間ジッと空腹を我慢して耐えるのです。

⑤そして長い空腹に耐えてやっと花嫁花婿が衣装替えで退場すると食事が始まります。
このときのお酒は何でも注文してOKです。ビールが主に出ますが白酒、ワイン、紹興酒好きな物を注文すると持ってきます。

⑥食事をして適当にお酒が入った頃に、衣装換えした主役の両人が登場して各テーブルにビールと白酒のチャンポンを持って回り始め、各テーブルでゲームを始めたりします。

⑦満腹になったら・・・・適当にさっさと帰ります。(帰るときは自由です)
帰り遅れるとお酒で酒乱場になり酔っ払って帰れなくなりますので注意してください。


ちなみに「中国社会恋愛・結婚調査報告」によると結婚相手に望むものは
〇経済的余裕・・70%
〇家を持っている・・・60%
〇知識人、政府幹部などの家族を希望・・・30%
〇農民や漁民を希望する人・・・・・0%
そしてやさしい人だそうです。

中国の男性諸君は本当に大変だと思います、

条件を満たしている人は果たして何人いてるのでしょうか?



この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
杭州 西湖
- 2009/12/01(Tue) -
                    8月の杭州・西湖




中国十大風景名勝の一つの西湖は杭州の第一の見所です。

この日は雨が時折激しく降って湖は霧がかかって天候はあまりよくありませんでしたが、

西湖の風景は今回のように霧がかかっても絵になります。




遠くに見える屋形船に乗って湖を遊覧することが出来ます。

IMG_3465.jpg








湖の畔から眺めた風景。

IMG_3521-1.jpg








ちょうど雨上がりでしたが子供が傘をさしたまま通り過ぎます。

IMG_3529.jpg









地元の人でしょうかのんびりと飲み物を飲んで湖を眺めながら雑談です。

IMG_3545.jpg









屋形船、いいですね・・・・・・絵になります。

IMG_3499-1.jpg




西湖は漁業がなくすべてが観光収入でなりたっているので、この船でお客さんを乗せるのでしょうか?、

どう見ても不安定ですぐにひっくり返りそうで怖いです。

IMG_3466.jpg
















今回は観光船に乗る時間があり湖見学です。

湖の真ん中まで来ると先ほどの屋形船に出会いました。

漕いでいるいる姿はちょっと苦しそうです。船頭さんの後にお客さんが一人だけ乗っていました。

IMG_3471.jpg


IMG_3475.jpg








どの観光船も人で一杯になっています。


IMG_3486.jpg









明らかに店員オーバーですが、観光客が次から次とやってくるので無理やり押し込めて載せています。

船内もお客さんがたくさんおり身動きするにも大変な状態です。

観光船に乗るときは泳ぎに地震のある人だけ乗る方が無難なようです(笑)。

IMG_3488.jpg

杭州は浙江省の省都であり、人口120万の港町で上海より約200㌔ のところにあります。

いい所ですので機会があったらいってみてください。

この記事のURL | 上海観光 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。