スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
威海で北京ダック
- 2009/11/27(Fri) -
                       威海で北京ダック。

康得利大酒店は威海市内から車で15分、日本料理店たこ昌を通り過ぎて5分ほど行くと海辺川にあります。

6年前に北京にいった時、日本でも食べたことがなかった北京ダックを始めて食べたのですが、ジューシーで皮の香ばしさが美味しく、それ以来病み付きになり、一週間に一度は美味しい店を求めてあちこち食べに行っていました。

北京では有名なお店、全聚徳、北京大董火考鴨店などほとんど行ったのですが、意外と穴場はローカルな下町に値段が安く油が少なくあっさりと美味しいところがあります。

IMG_1111.jpg










このお店はさすがに海辺の町ウエハイですので海鮮類がたくさんの種類が並べられて好きな物を注文することが出来ます。
IMG_1078.jpg

さて、お目当ての北京ダックです。

テーブルの前に料理人が運んできて目の前で手際よくダックの皮を切り取って皿に並べていきます。

IMG_1085.jpg









このお店のダックのお値段は1匹60元(約800円)でこの辺では一般的なお値段です。

お味のほうは・・・肉はそこそこの味で美味しいのですが残念ながら皮がパリッと焼きあがっていないのと油が多くたくさん食べれないところがところが減点です。

私の北京ダックを一度に食べた新記録は2匹です。
得意先の正体でダックyを食べに行った時、美味しいといって食べていたらもう一匹注文していたので仕方なく食べてしまいました。食べ過ぎると油が多いので気分が悪くなりますので食べすぎには注意をしてください(笑)。

IMG_1089.jpg

食べ方は、ネギやキュウリの千切りと味噌だれ(甜麺醤:てんめんじゃん)に付けて
IMG_1090.jpg         小麦粉でできた皮で巻いて食べます。
                        タレが下に落ちてこないように皮を折り曲げるのがコツです。
                              IMG_1091.jpg








ビールは北京時代から飲んでいる“雪花”です。
一度飲むとまた飲みたくなるビールです。
IMG_1099.jpg
 



北京ダックを注文すると必ずダックで作ったスープが出てきますが冬にはよく体が温まります。 
                              (私はこのスープは嫌いなので飲みません)
                                   IMG_1098.jpg


                            とうもろこしで作ったパン
                         IMG_1094.jpg



             魚料理ですが不味そうだったので食べていませんので味は分かりません
                IMG_1093.jpg



キノコ料理。
   IMG_1092.jpg
この北京ダック日本で食べると1匹6000円ぐらいではないでしょうか。
ちなみに北京ダックを焼き飯の中に入れて食べても美味しいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 大阪探索 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
威海の日の出
- 2009/11/24(Tue) -
                      幸福公園の日の出

日曜日の朝6時、朝早起きをして幸福公園に散歩に行った。

やはり寒いが風もなくいつもより少しは暖かい。

今日の天気は晴れそうだが水平線に雲がかかっているため太陽がでるのが少し遅いようだ。

6時半ごろやっとうっすらと太陽が顔を出してきました。

IMG_1653.jpg







太陽が昇り空が紅くなってきます。

                                    後ろに見えているのが造船場。

IMG_1719.jpg










公園では散歩や体操そしてダンスを楽しんでいる人たちが多く見掛けますが、

                                   さすがに寒くなると人の酢柄が少ない。

IMG_1716.jpg










海では岩場で何か取っています、見るとカキのようです。

岩場や堤防には沢山のカキが張り付いており、早い時間に行った人がたくさんの収穫があります。

IMG_1699.jpg








“”玉乗りをしながら走っているデッカイ女の人“”・・・・・・・・・?

IMG_1690.jpg











威海の町の向かって走っている姿の女性の銅像です。

                 銅像の意味はわからないのですが、

                            なぜか横の男性も同じように一緒に走っています。


IMG_1644.jpg

写真をクリックすると拡大します。
IMG_1643.jpg
この記事のURL | 威海公園 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
水郷の町“”朱家角“”
- 2009/11/20(Fri) -
朱家角は上海の西にある水の都で最も近いところは来るまで1時間で行けます。

上海に行ったらぜひ行って見物して欲しい町並みです。

歴史は1700年以上時代をさかのぼった三国時代に始まるという。
街の中には運河が通り、明代には水上交通により、商業の中継地として栄えたそうです。


IMG_3327.jpg





白壁と瓦屋根の民家が連なる風景は昔ながらの江南地方の風景を今に伝えている。
「上海のベニス」とも呼ばれる、静かでゆったりとした町だ。

IMG_3366.jpg








この町全体は観光化されていますが住民もそのまま住んで生活をしています。

行った時間が遅かったせいもあり観光客が去った後住民がやっと自分たちの生活を始めています。

IMG_3371.jpg







日中はおそらく観光客が沢山押し寄せて買い物をしているところですが、

お店も閉まっていてひっそりとしているおかげで古い町並みをゆっくり見ることができた。

IMG_3334.jpg









この船で観光客を乗せて水郷巡りをするのですが残念ながら閉店で乗ることはできません。

IMG_3329.jpg








歴史のある酒屋さんですが今でも商売を続けています。

IMG_3339.jpg








このような古い石橋が36個あるそうです。

IMG_3408.jpg







横丁の細い路地。

IMG_3373.jpg










町の1年間の観光収益を住民に配当するので、住民は働くことはしなくても十分生活をやっていけますので、
日中はブラブラして過ごして寝たくなったら昼寝をして優雅な生活を送っているそうです。
なんだか生活を心配しない人生羨ましい気もします。

IMG_3432.jpg








IMG_3399.jpg








IMG_3402-1.jpg








IMG_3411.jpg






IMG_3412.jpg















IMG_3345.jpg

朱家角の町はhaichaoluさんのブログに詳しく紹介されています。

上海下町写真館2008




この記事のURL | 上海観光 | CM(12) | TB(1) | ▲ top
- 2009/11/16(Mon) -
威海の気温は-3度。

この日は、日曜日でしたので朝に散歩がてらに海辺に行きましたが、

小雪が降って海も波が高く風が強く吹いて荒れてとても寒いです。

IMG_1221.jpg












夏のシーズンは劉公島に渡る観光船がピストン運転をしているが、冬のシーズンオフは観光客も訪れなくなり
ひっそりとして一隻も出航する機会がなく寂しそうです。

IMG_1239-1.jpg












遠くに見える韓国行きのフェリーも海が荒れているために欠航です。


IMG_1384.jpg














海の安全を守る女神でしょうか、なんだか寒いのではないかと心配します。

私もあまりの寒さに早々に引き上げ威海市内にある温泉に直行しました。

サウナに入り垢すりをして足マッサージをして風呂代込みの合計110元で冷えたからだが元気を取り戻したようです。

この後は、DVD屋さんに行き日本のドラマ11枚66元分を買って家に帰りDVD鑑賞です。

IMG_1392-1.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(14) | TB(0) | ▲ top
三輪車
- 2009/11/14(Sat) -
                 三輪車。

三輪車は中国の人たちの生活の中でいろんな用途に使われていて見ていて楽しいので、

思わず写真のシャッターを切ってしまいます。

写真のピンボケはご愛嬌ですのでご了承ください。


街角で客街をしているタクシーですが、よく見るとリヤカーを自転車で引っ張っている

DSCN9779-1.jpg




こちらは原動力付のタクシーです。

さすがに寒い街ですので客室は覆って寒い風が入らないように配慮されているように見えますが・・・、

実際に私も真冬に乗った事があります。

冷たいすきま風が入り込んで冷凍室に入っているぐらい寒くて震えます。

DSCN9777.jpg






こちらは暖房つきの豪華タクシー?

運転しているオッちゃんは当然寒いのですが・・・・・・・、

客室は特別室になっています。

ビニールハウスで“”温室“”になっていますのでポカポカと暖かいです。

しかし、効果を発揮するサービスは・・天気の良い日のみですのでご注意ください。

DSCN9782-1.jpg

丹東のタクシー料金は初乗り5元ですので、3輪タクシーの料金は普通のタクシーと比べてそんなに安くはなく同じぐらいの料金ではないかと思います。

それでも、こんな乗り心地の悪い乗り物を利用されている訳は、

どんな狭いところにでも行ってくれる。

道路を進行方向と逆走できる

信号を無視するので目的地に早く着く。

歩くには中途半端なところ、

荷物が多い時など

自分の荷物車のように気軽に使うことが出来る。
・・・以上の理由のようです。


この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
中国の結婚式
- 2009/11/09(Mon) -
ある日、朝出勤すると・・・・・、

   私の机の上にさりげなく可愛いカードが置いてあります。



結婚式の招待状です。

おめでとう~!・・・なんですが・・・・・・・

DSCN1199.jpg





今年に入ってもうすでに7件の結婚式に出席しているので・・・万円の出費(涙)・・・・・

カメラのレンズが買えるのに・・・とセコイことを頭の中で考えています。

従業員のみなさ~ん・・・・私の机の上に

結婚式の招待状を勝手に置かないようにお願いしま~す!!!



中国では今は流行っているのがの日本でいう同棲です。
私の周りで知っている独身の若い女性で7人の内4人は好きな男性と一緒に住んでいます。
一緒に暮らしてみて自分と合わなければ(住宅もち、収入・・など)すぐに分かれるのが常識のようで、
日本のように情に流されてズルズル続けることは無く、やはり別れることを切り出すのは日本と同じ女性からです。
ごーさんは何でそんなことを知っているか・・ですか?女性が隠さないで堂々と話をしてくれるからです。
知り合う機会は、友達同士の紹介、次にネットで知り合うのが多いようです。

DSCN1197.jpg




まあともかくおメデタイのですから出席したかぎり思いっきり飲んで帰ってくることにしています。

しかし・・・毎度のことですが、前で歌っている彼は結婚式専属の歌手です。

どう見てもその辺のお兄ちゃんにしか見えません。

せめて衣装だけは何とかしてほしいと思っているのは私だけなんでしょうか?


出席者は結婚式だからといって正装する必要はありません、普段着そのままでOKです。

式が進行して新郎新婦がテーブルを回り始めますが、そんなことはお構いなし・・食べるだけ食べて

適度に酔っ払ってくればそのまま帰ってしまっても大丈夫です。

これが中国式の結婚式です。

IMG_1034.jpg
IMG_1010.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(0) | ▲ top
威海の韓国料理
- 2009/11/08(Sun) -
刺身を食べるために韓国料理店に行ってjきた。

お店の名前は“太平洋”、

このお店のお勧めは160元の刺身。
他の料理は注文する必要はありません。

IMG_1064.jpg



刺身を注文しただけで、続々と17種類以上の料理が運ばれてきます。
サンマ、えび、豆腐、貝、韓国料理にとってははずすことが出来ないキムチ・・・・まだあります。

IMG_1043.jpg






ホタテの刺身、初めて食べたが・・美味しいです。

IMG_1047.jpg







うなぎの鉄板焼き

IMG_1052.jpg








そしてメインのヒラメ、鯛の刺身です。
新鮮なので本当に美味しくビールには合います。

IMG_1045.jpg






最後に先ほど刺身のアラ煮のスープですが寒い夜には最高です。

IMG_1063.jpg






ビールをたらふく飲んだ後に調子に乗って韓国のお酒JINROを注文して飲んだのですが、
さすがに酔っ払ってしまいました。

お酒代を入れて一人90元、このお値段は絶対お得です。

IMG_1050.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。