スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サトウキビ
- 2009/02/27(Fri) -
日本の街では“”サトウキビ“”はめったに見ることができません。

砂糖の原料となる農作物で、日本では、主に沖縄県と奄美群島を中心に栽培されているようです。

中国での生産量は世界第3位、ちなみに1位はブラジル、2位はインドです。

収穫の時期になると街角では、竹の筒を切ったようなままで売っています。

DSCN8393.jpg



サトウキビは別名カンショとも呼びますが、背丈が3m以上になり適当な長さに切って立てかけたりしています。
DSCN8305.jpg



ためしに、買って食べてみることにした。

右側のおじさんが、外側の硬い皮をナイフで剥ぎ、中の白く糖分を含んだ部分(髄)を十文字に縦割にしてから、

一口大に切ってくれます。咀嚼して汁を味わったあとカスを吐き出す。

甘い味が口の中にいっぱい広がり、本当に美味しいです。

左側の二人は果物やさんとお客さんです、写真を撮らせてくれとお願いするとにこやかにポーズを撮ってくれました。
DSCN8248.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 威海 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
中国のお金
- 2009/02/25(Wed) -
中国でお釣りをもらうと、

       よくこんな形をしたお金を渡されることがあります。


DSCN7951.jpg




お札を開いてみると、1角札に1角玉を4つ包んでいます。

1元の半分の0,5元です。
DSCN7952.jpg



そしてこんなのもあります・・・。
1角玉を5個テープで止めています、これも同じく0,5元です。
日本ではこのようなお金の扱いはまずしないと思います。

最近はお札が少しは綺麗になってきましたが、まだまだ田舎などに行くと古いお札は字が読めないほど人の手に渡っていて、偽者か本物か区別が付かないくらい使い込んでいる物が多いです。

どちらかと言うとお金の扱いは悪く、札をそのままクシャクシャにしてポケットにねじ込んで保管します。
DSCN8757.jpg

最近は、偽札が沢山出回り買い物などに行って100元札を出すと必ず機会で調べられます。
ちなみに今出回っている偽札の番号です。
100元札は、HD90、HB90、WJ,135
50元札は、FA
10元札は、AB77、AB88,AB99

10元札は偽札を作っても割に合わないと思うのですが、まず機械で調べることがないので悪い人にとっては一番安全な偽札と言うことになります。

中国に来て銀行などで両替をしたときなど調べてみてください。
銀行でもらった札にも偽札が混ざっている時がありますので注意が必要です。
この記事のURL | 中国ニュース | CM(13) | TB(0) | ▲ top
お好み焼き
- 2009/02/24(Tue) -
今日、夜の食事はお好み焼き。

久しぶりにお好みを作ってみようと思い買い物に行った・・・・が、

材料を間違って“”白菜“”を買ってきてしまった・・・・!。

お好み焼きには・キャベツが正解でしたので、再び買い物に出かけて買ってきた。

隠し味に、玉ねぎとネギを細かく刻んで入れてみた。

メインは豚玉だが、その他に小エビ、イカをいれるがやはり一人分の分量が分からず、

少しに控えたつもりだが沢山の材料を使ってしまい4人分は出来る。

DSCN8753.jpg


難しいのは卵を入れてその後、粉とキャベツと水の分量だ。

かき回しているうちに最初は固めだがその内にキャベツの水分が出てきて柔らかくなってしまうので注意です。

いつも焼く時に大く材料を入れすぎて失敗しているので、今回は小さくフライパンに入れて焼きやすくした。

粉が少し硬くうまく固まらなかったが、隠し味の玉ねぎの甘みが出て美味しかったです。

一人ビールを飲みながら自己満足しながら食べている私の姿を想像して見てください。

満足感の私と孤独感の私が二人同居している感じです(笑)

DSCN8754-1.jpg
この記事のURL | 料理 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
またまた結婚式に招待された。
- 2009/02/23(Mon) -
事務所社員の結婚式の招待状が届いた。

昨年は2ヶ月に一度の割合で結婚式に6回出席をしたが、今年はもっと増えそうな気配だ。

今回の結婚式は、今年に入って第一回目となるが、後はすで4月と5月、9月と3人の予定が入っている。

しかも、工場内には300人の従業員が働いているので、どのくらいの人が結婚するのかは分からないので、お目出度いことなので出席は喜んでするが、ご祝儀を考えるといったいどのくらいの出費になるのかと内心心配している。
DSCN8681.jpg



花嫁花婿が登場するのは、紙吹雪、花火、爆竹、空砲と相変わらず騒音を撒き散らして派手である。
DSCN8691.jpg


今回の結婚式の始まりは、今まで見た趣向とは少し違っていたので紹介します。

最初に花婿がみんなの前に立ち、突然歌を歌いだす・・・・・・・

客席は全員・・・唖然として見ているなか、花婿は真剣に歌いながら客席の後方まで行き花嫁を迎に行く・・・・、

花嫁も歌を歌いながら登場・・爆笑、歌があまりにも聞くに耐えられない。


二人デュエットをしながら1曲を歌い終わり、拍手がないまま・・・・・披露宴の始まりとなった。

中国の結婚式も年々趣向を変えて、印象に残る演出を行おうとしているようだが失敗のようだ。

そして、この花火演壇の前で式の途中派手に上がるが本当に危ない、
近くには燃えやすい器具などがあってもおかまいなし、派手好きな中国人にとっては
この花火は欠かせない演出の小道具なのです。
DSCN8726.jpg
この記事のURL | 中国の結婚式 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
中国の焼きいも
- 2009/02/21(Sat) -
冬といえば・・・・焼きいもです。

中国では冬になると何処の街に行っても自転車やリヤカーなどにドラム缶を積んで

【焼きいも】屋が出没しています。

お客の層は若者からお年寄りまで幅広いようです。

アベックが買って仲良くイモを食べながら歩いている姿がいかにも中国らしい・・・。

焼きいも

私は、イモと聞けば拒絶する方で何度か勧められて買ったことがあるが、正直好きではない。

おそらく、小さい頃に食べすぎたからではないかと思う。

この記事のURL | 山東省 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
中国で魚釣り
- 2009/02/20(Fri) -
ウエハイの気温はマイナス1度ですが、天気が悪く雪が降っていますが、

海辺では寒さにも負けず釣りを楽しんでいる人の姿が見られます。



ウエハイは釣具の工場の多いところでもあり日本企業などが多く進出しています。

しかし、海に囲まれているにも関わらず釣り人口はまだまだ少ないのですが、

波止場や堤防釣りは沢山の人が釣りを楽しんでいます、でも小物魚です。

日本人たちが釣りクラブを作り日曜日には船をチャーターして仲間で出かけて、

ソイ、アイナメ、カサゴなど20cm級の魚を一人二桁は釣ってきています。

青島などにいくと日本人が多いせいか、やはり日本人の釣りクラブの活動が活発に行われております。
 
dscn8434.jpg

釣具など一式中国で揃えることができます。


参考に・・・・・。

投げ竿(カーボン製、3m)は70元(約900円)ぐらい出せば十分使えます。

リールは10元からありますが、やはり60元以上のものを買った方が良いようです。

釣り針は、やはり日本製の方が良く、中国製だとすぐに折れてしまいますが、安いので余分に買えば十分対応できます。

ウエハイでは、釣り好きな人にとっては最高の環境ではないかと思います。

私もウエハイに来て2年になろうとしています、そろそろ落ち着いたところですので釣りでも楽しもうかと考えています。



この記事のURL | 威海 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
今年は本当に雪が多いです。
- 2009/02/18(Wed) -
雪が降ってとても寒いです~。

先週は暖かく、もうすぐ春がくるのかと思ったのが間違いでした。

今週に入ってからは急に寒くなり気温はマイナス4度、朝起きると雪が降って積もっています。

おかげで風邪を引いてしまい鼻水でグジュ、グジュ、病院に行って点滴を受けてきた。



工場近くの農村、川の水は凍っている。
dscn8667.jpg



雪が降ると人通りが少なくなり寂しい。
早く春がきてほしい~~~~~。
dscn8669.jpg





通勤する人ですが、雪の日はバスなどの交通機関がマヒして工場の従業員が始業時間までにはこれないので、
自転車を利用する人が多くなるがスリップするので本当に危ない。
dscn8668.jpg
この記事のURL | 威海 | CM(24) | TB(0) | ▲ top
アサリ料理
- 2009/02/16(Mon) -
一人暮らしの料理は、自分で作って、自分で食べて、自分で評価する。

このわびしさ分かってもらえるでしょうか?


しかし、料理の腕は確実に上がっている。・・・・と、思う

最初は醤油を3分の1ぐらい入れてしまったり、塩を大量に入れてしまったりして失敗が多かったが、
最近は料理に入れる調味料の量が分かってきたのと、材料によって煮る時間を変えていくことが分かってきたのでだいぶ進歩をした。

しかし、中国料理になれているのでどうしても濃口味になってしまうのが欠点だ。


昨日はバター蒸しとアサリ汁を作った。


始めにアサリを両手で擦るようによく洗います、
フライパンにバターをしいて少し出汁を入れ、醤油少々にお酒を加えます。

3、4分もすると貝の蓋が開いてきますので出来上がりです。

dscn8657.jpg


アサリ汁も簡単です、出汁と醤油を少々と“”ウエイパアー“”を入れてみた。
自分評価は◎でした。


簡単なので単身で家族と離れて生活をされている方はぜひためしてみてください。

毎日中華料理で体の中は油だらけになるよりは、少しぐらい不味くても好きなものを選ぶことが出来て体には絶対良いです。


料理


この記事のURL | 料理 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
中国のバレンタインデー
- 2009/02/14(Sat) -
バレンタインデーは中国語で「情人節( qing2 ren2 jie2 )」といいます。

今日は街角のあちこちで花束をかかえて歩く男性の姿をみかけます。

彼女の為に自分の気持ちを伝えるためにはどうしても花束を渡さなくてはなりません。

日本とは逆で男性が女性に薔薇の花やチョコレートを渡して自分の気持ちを伝えます。

男性がバラのはなをかかえて街を歩くのはちょっと勇気がいると思うのですが、さすがに中国人です自分の目的の為には人目など気にしていません。


この薔薇の花は、事務所の女性に彼氏がわざわざ午前中に持ってきてプレゼントしました。

男性にとっては今日は勝負のときですので、仕事よりも大事な日です。

赤いバラの花びらには金粉をかけてあり高そうに見えます。
薔薇


日本のように義理チョコをバラまくバカなことはしません、ちゃんと本命だけにプレゼントをして今夜は二人だけどこかのレストランで食事をします。

ところでこの花の色が意味があります。
赤いバラ・・・・真実の意味
黄いバラ・・・・嫉妬、または祝福
赤が一般的なようです。



この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
無料のOS
- 2009/02/13(Fri) -
パソコンのOSの主流は、Windows とMacがあります。

一般的にパソコンンパソコンを買うとWindows のOSがセットになっていますが、
パソコン代金に中にはOSのソフト始め、ワード、エクセル、その他のソフト代が含まれています。

最近パソコン業界では今一番注目されている【リナックス】という無料のソフトです。

アメリカIBMもこのリナックスに注目をしており、米国防総省、空軍、農務省、連邦航空局といった公的機関が導入し始めた。「軍事支出の増大による財政の悪化で、公的機関でも経費節減圧力が高まっている」とのことですので、今の不況を考えると一気にリナックスが広がる可能性がある。


私も偽者のWindows のOSに見切りを付けて【Ubuntuリナックス】をソニーのパソコンにインストールをして使っているので違法者ではなくなったので大手を振って町を歩ける(笑)

もちろん中に入れているソフトは全部無料で、IIIustratorのソフトはWINDORS版だと10万円近くするが無料、その他、ビデオ編集、音楽、メール、チャットなどのソフトは全部無料で手に入る。

Windows で使っていたソフトはリナックスでは使えないが、ワード、エクセルに変わるソフトが無料で手に入り、双方で開いて書き込むこともできるので問題なく使える。



【写真は【Ubuntuリナックス】のデスクトップ】
dscn8630.jpg


下のボタンをクリックるすると簡単に画面がが3Dのように回転して変わるところが感覚的に遊び心があり楽しい。
もうすでに、一部のパソコンはリナックスのOSを搭載して販売を開始しているが、
高いソフトを組み込んでいる売っているWindows搭載機よりはソフトが無料の分価格は断然安くなっている。

今もっとも世界的に注目されているソフトですので皆さんも使ってみてください。
気分によって今日はWindows、明日はリナックスと使い分けるとおもしろいと思います。

まだ使っている人は少ないので少しは自慢できるかもしれません。
fscn8617.jpg

リナックスは、もともとフィンランドのヘルシンキ大学の大学院生だったリーナス・トーバルズ氏が1991年に開発したもので、当初から無料ソフトとして公開されている。世界各国のシステム開発者がインターネットを通じて情報交換し、自発的に改良し続けている点が特徴だ。
この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
CCTVビル全焼
- 2009/02/12(Thu) -
中国は9日、1月26日の春節(旧正月)から数えて15日に当たる「元宵節」を迎えた。

各地の街では赤いちょうちんが飾られ、家庭では団子を食べるのが習慣がある。

そして、中国人にとって楽しみの一つに花火と爆竹が盛大に上げられ正月気分が最後となる。

「元宵節」最後に花火による引火で中国国営中央テレビの高層ビル全焼してしまった。

chn0902100320000-p3.jpg
(写真は共同通信よりお借りしました)

このCCTVの高層ビルは、私が北京駐在の時から建築が始まっていたが、
美しい形をした建物で印象に残っており、ウエハイに来てからも完成するのを楽しみにしていた。


北京オリンピックには残念ながら間に合わなかったがやっと最近完成したばかりで、
北京に行ったときは真っ先に見学しょうと思っていたところに、全焼のニュースは残念だ。

この火災で消火にあたっていた消防員が負傷7名したが報道規制を行っている。

出火原因は、関係者が禁止されている北京オリンピックで使用した大型花火200連発と100連発を打ち上げた直後に出火したとのこと。

この事故により北京市内での花火が禁止される可能性もあり、花火好きな私にとっては残念です。

chn0902100320000-p4.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
昨年買ったソニーのパソコンに偽者のOS
- 2009/02/09(Mon) -
昨年から今年にかけて買った物が連続して故障続きです!

1、昨年買ったソニーのノートパソコンが動かなくなった。
おそらく、日本語のWindowsのOSが偽者。

2、昨年買ったSAMSUNGの携帯電話が漏電で電池がすぐに無くなってしまう。
携帯電話はおそらく偽者だと思う

3、1月に買ったDVDの機械が故障
1週間使って写らなくなった(新品と交換してもらった)

4、洗濯機が動かなくなった
部屋に付いていた洗濯機なので大屋さんに言って修理をしてもらった。

その他にも蛍光灯の電球を新しい物と取り替えて2ヶ月でダメになった。

本当に災難続きです。

中国は偽者大国中国ですので、何が偽者で何が本物かはまったく見分けがつかない。

しかし、一番腹が立つ事は

パソコンを買うとき、偽者を掴まされる恐れがあるので、正規のソニーショップに行って中身を日本語のWindowsのOSを有料で入れ替えてもらって買った。

この日本語のWindowsのOSは偽者だった。(前回紹介しました)。

今回、調子が悪くなったのでソニーショップに持って行ったが保証期間内にもかかわらず、【有料だからお金を払え〕と言われ、本当に腹が立っている。


しかし、この正規のSONYショップに置いている商品がほとんど偽者です。


サービスにつけてもらったSONYロゴ入りのマウス、パソコンを入れるSONYマーク入りカバン

念のために店員に本物かと聞くと・・・・・・当然のように【偽者】と言う答えが帰ってきた。



中国ですから偽者があっても別に驚かないのですが、このお店は仮にも正規にソニー代理店の認定を受けています。
中国ではSONYブランドは一種のステータスです。
しかし、世界のソニーがこのような実態を分かっていて、中国だからしかたがないと放置しているのであれば、この神話もいずれ総崩れになるのはそう遠い日ではないのではないかと思う。






この記事のURL | 偽者 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
正月はマッサージ通い
- 2009/02/02(Mon) -
やっと3日から仕事始めです。

15日間の休みは、煙台に4日間遊びに行った後は、威海のアパートで約10日間は一人暮らしでした。

会社の社員(中国人)はみんな田舎に帰ってしまい、もちろん日本人も日本に帰ってしまって

誰も遊び相手が無い毎日は本当に辛かったです。

日本料理店は正月休みで閉まっているので、焼肉の食べ放題(韓国系)に行き、その帰りは

マッサージ、威海では、たいがいのタクシーの運転手が

よく知っている“”美子“”、韓国系のお店です


マッサージは丁寧にやってくれて評判のいいところです。
DSCN8460.jpg
値段は普通コース、足マッサージと全身マッサージ1時間で30元(390元)、お勧めは1時間半コース、

50元(650円)をやると満足します。

1万歩、歩き回って疲れたときにやってもらうと足が軽くなってまだまだ歩きたくなります(笑)。
この記事のURL | マッサージ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。