スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小タコの煮付け
- 2008/10/31(Fri) -
今日は、露天市場で買い物

仕事帰りに家の近くの露天市場に行って今日の夕食の材料を買いだしに行った。
歩道に約100mぐらい所狭しと“魚介類、野菜、果物などの店が出ている。
外は暗く電気設備も無いのでこのようにバッテリーで品物を薄明かりで照らし出しているが、
買うお客さんもこの暗い薄明かりの中で新鮮かどうか見分ける目がないと買い物はできない。
それだけお客さんの見る目が真剣なため、この露天で売られているものはうっかり古いものを売ろうとすれば、お客さんが振り向きもしないで買ってくれないので、素材は新鮮だ。

DSCN6687.jpg



今日の買い物は、
白菜・・・・・・・・・・・・・・2.5元(32円)
ネギ・・・・・・・・・・・・・・0.5元(6円)
ほうれん草・・・・・・・・・0.5元(6円)
そしてメインの小イカ・・10元 (130円)
合計・・・・・175円の材料です。

DSCN6688.jpg



そして出来上がった料理は、野菜と小タコの煮付け。
使った調味料は・・・醤油、白だし、
料理酒(何のために入れるのかは知らないが、入れたほうがいいのかなと思っていれた)

結果報告
味は食べれる範囲   少し火に掛けすぎた(野菜とタコはさっと煮たほうが良い)
最初のころは、鍋を焦して使い物にならなかったり、油を大量に床にぶちまけてしまったり、
醤油を入れすぎて食べれなかったりと散々だったが、最近は少しは腕を上げたような気がする。
DSCN6691.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 威海 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
広州のホテル
- 2008/10/31(Fri) -
広州に行った時ちょうど国際見本市を行っておりホテルが満室状態だった。

事務所のスタッフに色々探して見つけてもらった。
壁にピンクのペンキを塗った中国ではあまり見かけない人目を引く派手なホテルだが
他に空き室が無いので仕方なく泊まることにした。

DSCN6063.jpg


一回はビリヤードになっていて時間帯が来ると若者男女が集まってきて賑やかになる。
中国では日本のように夜の遊び場は無いに等しいので、女性は人目を引く目いっぱいの化粧をして現れ、
男性は女性をなんとかゲットしょうと努力をしている。

DSCN6146.jpg


夜になると薄暗いライトに照らされて異様な雰囲気がするが、日本で言う“”ラブホテル“”である。
外国人は、中国国内でどこのホテルに行っても必ずパスポートの提示を求められるがこのホテルは
中国人スタッフの身分証明書だけでOKでパスポートを見せることも無かった。

そして、夜中寝ていると廊下の外で男女が騒ぐこえでうるさくて眠れない。
枕元には避妊具が6種類が山のように置いてある。
もう二度とこんなホテルには泊まらないぞ~。
DSCN6140.jpg


この記事のURL | 広州 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
青空市場
- 2008/10/29(Wed) -
威海の人達

この街の人々は都会と違ってとても親切で例えばスーパーに行ってワインを買ったときに栓抜きがないと店員に言うと、わざわざ店の奥から無料の栓抜きを持ってきてくれます。タクシーに乗ると都会の北京などでは少しでも遠回りをして売り上げを上げようとしますが、威海では少しでも近道を通ろうとします。そして料金を支払う時にお釣りはこちらから言うまでくれない時がありますが、威海では何も言わなくても1元のお釣りでもきっちり渡してくれます。

しかし、どこの国でもそうですが貧富の差があり、この威海でも泥棒、スリなども横行しているのは確かです。


今日はカメラをぶら下げて青空市場にいってみました。

主に撮る写真は“”人々の表情と生活感のある風景“”ですが、人は動くので撮るのは大変難しいです。


“”威海の村“”
DSCN6605.jpg


庶民の台所“”青空市場“”ここにくれば野菜、果物など安く買えるので庶民の味方です。
しかし、主な都市ではこの青空市場を排除しょうとして今ではこのような場所が少なくなってきている。
DSCN6609.jpg



この露天営業は正式な許可を受けていないので違法であるが、庶民にとってはすべてが安く買えるのでありがたい存在です。
DSCN6611.jpg



夫婦仲良く店に出て働いていますがどちらかというと奥さんのほうが強く旦那さんはひっそりとあまり口出ししないタイプが多いようです。
DSCN6613.jpg



こちらは、一人でリンゴを売っているが、まだ昼時でお客さんはこれから夕方に掛けてやってくるので一人では忙しくなりそうです。
DSCN6615.jpg



そしておなかが空いたらテント食堂にいけば、6元(78円)もあればビールを飲んでお腹いっぱい食事をすることができるありがたい庶民の味方の青空市場です。
DSCN6652.jpg
この記事のURL | 威海 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
中国の警備
- 2008/10/28(Tue) -
広州の町です。
人と待ち合わせをしている時に一台の車が近くに止まった。
車が止まる同時に二人の武装した人が降り立った。

FSCN6206.jpg


一人は車の後方に回り銃を構えてあたりを警戒している。
近づくと睨みをきかしていて即撃たれてしまいそうな雰囲気があり、この距離では危険なので場所を移動する。
FSCN6159.jpg




彼たちはマクドナルドに売上金を集金にきた警備員です。
店から出ると駆け足で手際よく数秒で走り去っていった。

中国で生活をしていると良く見かける光景ですが、やはり銃を構えられると心臓がドキドキします。
これくらいの警備をしないとすぐに強盗にお金を奪われてしまうからです。

住宅も玄関は二重ドアになっているところも沢山ありますが、それでも泥棒に入られます。
私も窓から入られてパソコンを取られた半月後、日本人の友達も玄関から泥棒に入られた。
中国(外国)では“”自分の身は自分で守る“”が鉄則です。

それにくらべて日本の警備は本当に甘いとおもう。
銃を持った強盗が現れれば一発にお金を奪われてしまいます。
外国人からすれば日本は泥棒にとってはいい環境が整った国ではないでしょうか(笑)

日本人にとって中国では見習うところは少ないですが、このようなところは取り入れた方が良い。
DSCN6155-1.jpg


この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
鍋料理
- 2008/10/25(Sat) -
寒くなってきたので鍋物が食べたくなった。

近くの市場に行って新鮮な“子ダコ”と“エビ”買ってきた。

威海の漁師たちが夕方4時ごろに漁から帰って近くの港で陸揚げをする。
その港から陸揚げされた新鮮な魚介類がその日のうちに町の市場に出回るので
生きたままの新鮮な海鮮物がいつでも食べることが出来る。

DSCN6037.jpg




白菜と菊菜にモヤシ・・・、水炊きにモヤシを入れるのは私の好みで食べた時のシャリ感が好きだ。
DSCN6038.jpg





水炊きは作るのが簡単だがやはり量が多く食べきれない。
タレは日本から持ってきたポン酢で食べるが、一人で食べる水炊きは寂しいものがあります。
しかし、私は中国人のスタッフはできるだけ家には呼ばないようにしている。
なぜなのか理由がある。
中国人の仕事仲間を、一度家に呼んで食事などをすると自分勝手に友達と決め込んでしまうので、
この人だけが特別になってしまい仕事がやりにくくなってしまう。
②一度家に呼ぶと次からはこちらの都合を考えず、夜でも時間に関係なく家に遊びに行って
いいかとしょっちゅう電話がかかってくるので自分の時間がなくなってしまう。

という訳で一人でわびしく食事をすることに決めている。
DSCN6039.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
広州の市場で活躍する車
- 2008/10/24(Fri) -
広州は中国一番のメーカ直販家具卸市場と流行の先端の服装卸市場 があります。

その他には、アクセサリー、かばん、靴、雑貨等の市場があり、日本からもバイヤーが多く買い付けに来ています。写真の市場は、皮ベルト、靴下、下着などを卸し売りをしているところですが、個人で行っても単品でも安く買うことができます。

平日でしたのでお客さんは少なかったのですが、日曜日になると人でごった返します。
日本人からすれば気をつけたいのは引ったくりとかスリですが、持ち物に注意をすればそんなに危険なところではありませので、広州に行く機会があったらぜひ買い物に行ってみてください。

この狭い場所で活躍しているのが4輪の台車です。
DSCN4096.jpg





私はこの市場で靴下とベルトを買ってきました。
台車は使い道は色々で疲れたときはこのように台車に腰を掛けて休憩をします。
DSCN4087.jpg






果物売りも移動できてお客さんの多いところでこのまま店開きが出来まるので便利です。
DSCN4085.jpg





重そうな台車を引っ張っているおばちゃんですが、荷台の品物が全部売れてしまえば
軽くなるので重さは気にもしていません。
DSCN4086.jpg





彼たちもやはり運びやで荷物の重さによって値段が違いますが、
仕入れた商品が多い時には頼むとタクシーのところまで運んでくれます。
DSCN4090.jpg





こちらも同じく有料で運んでくれます。
中国の何処の市場に行ってもこのような運び屋がいてるので仕入れた荷物を持ちきれずに
困るといったことはないので安心して大量に買い付けをすることが出来ます。
DSCN3950.jpg

この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
in上海
- 2008/10/23(Thu) -

中国国際紡績生地及び付属品(秋、冬)博覧会
2008/10/20 ~ 2008/10/23


世界23カ国と中国地方から、2023企業参加をして開催される、中国最大規模の紡績展覧会。
私の仕事も服飾関係のために1泊で上海に行ってきた。

日本からもアパレル関係者の人達がたくさんきており、広い会場を動き回り来年の資料探しに専念している。

上海国際展示会DSCN6362.jpg




この様な広い会場が11棟に分かれており、1日では回って見ることは不可能で
体力に自信がないと途中で足がばてて歩けなくなってしまう。


DSCN6317.jpg



このブースは毛皮製品の展示を行っているが、受付の女性が大人気のようでした。
DSCN6302.jpg



浦東新区に立ち並ぶ摩天楼の夜景

浦東新区は、10年前には一面に田畑が広がっていた浦東地区は、いまや88階建ての金茂大厦などの高層ビルが立ち並び、2002年末にはリニアが開通するなど、中国経済発展の象徴です。


DSCN6395.jpg




高さ468mのテレビ塔の東方明珠塔
DSCN6380.jpg




黄浦江の川沿い
DSCN6435.jpg


この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
広州の乗り物
- 2008/10/20(Mon) -
広州では移動の手段としては、タクシー、地下鉄などがあります。

しかし、タクシーでは近すぎて乗るのが中途半端だが歩くには少し遠い時があります。
そんな時に活躍しているのが、自転車、バイクタクシーです。

この場所はおもちゃ屋さんの問屋街の前。
ズラーっと並んでいる自転車、バイクがありますが、買い物をしたお客さんをまっています。
少しぐらいの荷物も一緒に運んでくれるので大変便利で需要があるようです。

DSCN4080.jpg




この場所は私の会社の事務所のマンションの玄関ですが、彼たちは、こんな場所にでも出没して客待ちをしています。自転車の荷台にはお尻が痛くならないようにクッションを敷いて乗り心地がいいように工夫をしている。
RSCN6165.jpg



“あらっよーっと”・・・
「何処まで?」・・・
“そこのスーパーまで”・・・
「それじゃ5元」
値段は交渉しだいです。
RSCN6166.jpg




人と待ち合わせをしている間、何人ものお客さんが荷台にまたがって去っていった。
この間、意外と女性客が多く利用していたが、簡単に乗れて値段が安いのが受けている。
交通事故にだけは気をつけてください。
RSCN6163.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
広州の街
- 2008/10/18(Sat) -
広州事務所から見た町並みです。

遠くは変らずスモッグでかすんでよく見えません。
発展した中心都市は何処も同じようなもので青空が見えることが少ないのが現状です。
広州事務所-1





私が北京で5年間住んでいたとき、この様な状況の中で生活をしていのは当たり前の状況と考えていたが今こうして広州の空を見ていると、威海の汚染されていない綺麗な街が改めていいと思う。もう中国の中心都市には行きたくないというのが本音です。
DSCN6055-1.jpg




市民は当然この様な状況に危機感を持っており良くないと考えています。
できるだけ緑を増やそうとどのビルの屋上にも木を植えています。

そしてこのマンションの自慢がプール付きで住民は自由に泳ぐことが出来るのが売りです。
・・・・・・しかし、プールの中には水が無い・・・・・・泳ぐことは出来ない。
DSCN6050-1.jpg





遠くに見えるマンションもプールがあり水も入っているが、水は自然任せなので汚くて泳ぐことは出来ない。勇気のある人は一度挑戦してみてはどうでしょうか、すぐに病気になることを保障します。

この様に中国のどこのマンションでもそうですがビルのメンテナスが悪い為、新築マンションでも2,3年もするとすぐに老化して何十年も経っているように見えてしまうのが特徴です。
DSCN6052-1.jpg


この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
広州はまだ夏です。
- 2008/10/17(Fri) -
広州はまだまだ気温が高く半袖でシャツで十分で夏といった感じだ。

信じられないが事務所の人に聞くとこの気温は11月中旬まで続くといっていた。
厚めのブルゾンを着ていったが当然切ることが出来ず、それでも長袖のシャツだけだが
歩いていると汗だくになってしまい、おかげで風邪を引いてしまった。

鼻水が出て今の時期に夏風邪をひくとは思わなかった。

そして広州は、春、秋、恒例のの大きな展示会が行われているので何処も満員状態です。

やっと取ってもらったホテルどうやら地元の人達がラブホテル代わりに利用しているらしく、

チェックインは事務所の人がやってくれて簡単でパスポートの提示も求められなかった。






仕事途中に歩いて見かけたお店。

相変わらず店員は本を読んだり、携帯電話で遊んだりと自由そのものです。

DSCN4079.jpg






中を覗くと、このお店は中国ではあまり見かけない日本人形を専門に扱っている。
奥の方にも“侍”などのいろんな種類の物を置いてあったが、
中国でどんなお客さんが買っていくのかな?と気になっている・・・・・・・。
DSCN4081.jpg

この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
威海の農村
- 2008/10/14(Tue) -
東京株8日ぶりに反発、景気悪化懸念が後退”
私は株を買っていないので損得には関係はないが、景気後退してしまっては生活に直接影響がでるので、景気は良くなってくれたほうが良いに決まっているので気分が良い。しかし、身近では個人で買って損をしている人が沢山いてるので素直に喜べない面もある・・・。


威海は小さな町です。

私の住んでいる家からは海までタクシーで10分、
山のあるところまで15分で行ってしまう。

先週の日曜日は、秋晴れで楽日和、ちょっと散歩に行ってきました。
この場所は“張村”にある小高い山です。
登る途中、左手に上に見える赤い屋根の建物はお寺で周りにはお墓があり、
道路の周りは果物、野菜が豊富に栽培されている農村です。

道路の左右はリンゴ畑になっている。

DSCN5752.jpg





お寺の境内の庭に一面干しているのはビーナツ、自然乾燥をしているところ。
DSCN5693.jpg



“とうもろこし”も同じく自然乾燥です。
DSCN5690.jpg




日本とは違う、のどかな風景は正直あまりなじめないがなんだかホットする瞬間です。
DSCN5716.jpg



畑のほうを覗いてみると“唐辛子“”、中華料理にはよく使うので何処の家庭でも切らすことが無く置いている必需品だ。もちろん私の料理にもよく使います。
DSCN5755.jpg




リンゴ畑には熟した赤い実をつけていますが、もうそろそろリンゴの収穫が終わるころだ。
DSCN5738.jpg





地面に横たわった“”キュウリ“”・・・・。
DSCN5707.jpg




“”かぼちゃ“”
DSCN5702.jpg




そしてなぜかセメントに横たわって寝ているが、瓜?か、かぼちゃ?か、正体不明です。
DSCN5700.jpg

明日から、広州に出張に行ってきます。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
天ぷら料理
- 2008/10/11(Sat) -
お見苦しい写真で申し訳ありません・・・・・・。

天ぷらを食べたなり、市場に行って“イカ”、“海老”、を中心に野菜を買って久しぶりの天ぷら料理に挑戦です。1週間に最低3日ぐらいは自炊をしているので自炊率48%といったところです。
理由は、
①本場中華料理は油が多いので毎日食べれない、
②一人では中華料理は量が多すぎて食べきれないといったところで、
自炊をしていない日は、日本料理にいくか中国人と一緒に食事をしています。

ところでこの天ぷらの難しいところは、火の強さです。
強すぎるとすぐに真っ黒に焦げてしまう、火が弱いと衣が柔らかくなってしまいまい試行錯誤です。


DSCN5956.jpg





悪戦苦闘して(汗)、手は粉だらけ・・・、服も粉まみれになりながら・・・

やっと完成!!

味は何とか食べれる範囲でした。
しかし・・・量が多すぎて食べきれない>
DSCN5957.jpg

結局、この天ぷら2日間続けて食べた・・・。

しばらく天ぷらは食べたくない~。



この記事のURL | 中国ニュース | CM(12) | TB(0) | ▲ top
中国の宣伝
- 2008/10/08(Wed) -
【正月の飾り物】・・・・・・ではありません。

中国では普通の日でも、何処の街に行ってもこのように店の前に飾り物をしている。
そのお店にあった形を作って設置しているが、普通見ている分には結構面白く楽しませてくれるものもある。(日本人から見て)

(この飾り物を出している店は“大福金店”といって金を売っている)
DSCN2973.jpg





しかし・・・、とにかく“目立てば良い”・・・という事で・・・。歩道を半分以上占領している。

その上車を止めているので、人が多い時には車道側を歩かされます。

日本人の私としては、人の迷惑を考えずところかまわず設置する中国人の考えが分からない。

(携帯電話のお店の宣伝)
DSCN3004.jpg





ご覧の通り、人が歩道をあること思えばこの隙間を通っていかなければなりません。

いい加減にしろ~!!!と日本人が怒鳴ったところで・・・

中国人は、一言・・・“しかたがない”・・・・で終わりです。

(電気屋さんの宣伝)
DSCN2972.jpg





これも電気屋さんの宣伝のようですが、品質が良いということを訴えているが・・・・・・・、

飾り物の品質が悪いのでイメージダウンすると思うのですが・・・・・・・・。
DSCN2968.jpg



実はこの飾り物は、このように機会で空気を送り込んで膨らましていますが、

調子が悪いと空気が送り込めず風船がしぼんでしまい道路をふさいでしまいます。

DSCN3005.jpg

この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
国慶節の連休も終わり
- 2008/10/06(Mon) -
中国の国慶節の連休は、威海は特にリゾート地と言うこともあり中国各地からの観光客が押し寄せて、特に威海から船で20分でいける【劉公島】は人気があり観光船がピストン運転で満員状態でした。

私は特に何処に行くあても無く休みの3日間は何もせずにあっという間に過ぎ去ってしまった。
ブログに載せる話題はないので前回食べ歩きの時に出会った、中国ではあまり見かけない風景を紹介します。

人垣が出来ているので覗いてみると・・・・・なんか怪しげな若者が3人・・・?
DSCN5848.jpg


裸の体にペンイントをして街を歩き回っている。
左から“トラ”、“天使”次は何を表現したいのかは不明・・・・。
DSCN5849.jpg


立ち食いをしていた女性たちもあっけにとられ、食べるのも忘れて彼たちを目で追っています。
DSCN5852.jpg




この日の気温は肌寒くジャンバー一枚を着ていていい加減の天気だったので、上半身裸で歩き回っている為に寒そうにしていた。しかし、一番可哀想に見えたのは“天使”くんです。
顔から上半身は白のペイントで塗りたくり後で塗料が落ちるのかと余計な心配をしますが、心なしか一人だけみなの後ろからついて歩き寂しそうに見えました。
DSCN5850.jpg

後で分かったのですが、彼たちは不動産会社の宣伝活動を行っていたようですが、会社名は何処にも無く誰もわからなかったようで、宣伝効果ゼロといったところです。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
食べ歩き
- 2008/10/02(Thu) -
10月1日は国慶節で全国一斉に長いところで1週間ぐらいの休みになります。

私の工場は停電とかあり納期が遅れているので長期で休んで入られませんので、3日間のみの休みですが、一人では退屈しますので日本人の友達とサウナに行って食事を一緒にして時間を過ごしています。

街は、休みなので若者がショッピングやデイトを楽しんでいます。
私は暇なので“中国名物の”【食べ歩き】を写真にとって来ましたので紹介します。


露天で焼きあがった串焼きを買ってその場で食べます。
中央の彼女は左右の手に持った串焼きを同時に口の中に入れています。
よほどお腹が空いていたのかもしれません。
DSCN5872.jpg



喧嘩しているのではありません、・・・・・食べながら話をしています。
“これから何処に行く?”
“うるさいわね!!今食べてるところだから話しかけないで!”・・・・?
DSCN5822.jpg


夫婦なんでしょうか、
旦那さんが話しかけても奥さんは食べるのが夢中で上の空・・・・。
DSCN5891.jpg



こちらは、仲の良い夫婦の雰囲気が見ていても伝わってきます。
DSCN5898.jpg




ショッピングで疲れて一休み・・・。
DSCN5825.jpg


おいし~い・・・・・。
DSCN5866.jpg


食べているのは威海名物“イカ焼き”です。
DSCN5879.jpg



若者もこのように食べながら歩くのは一般的です。
DSCN5878.jpg

この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。