スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
威海のコーヒー店
- 2008/06/28(Sat) -
中国人は一般的にコーヒーを飲む習慣がありません。

数年前は、北京の大都会でも喫茶店を探すのが一苦労だった。
今では、経済の発展とともにゆとりを求める人が増えてきたのか、
コーヒー店がたくさん出店していて簡単にお店を探し出すことができるようになった。

しかし、威海では「上島コーヒー」店一軒のみだと思っていたが、
もう一軒偶然に見つけることができた。

店の名前は「名曲珈琲」

昔、日本ではジャズ喫茶とかありよくジャズを聴きながらコーヒーを飲んだ覚えがある。
入り口の間口が狭いために今まで気がつかなかった。
威海でジャズかクラシックの名曲が流れている店があるとしたら大発見だ。

DSCN3009.jpg


店内に入るとテーブルは仕切ってあり、ゆっくりとくつろげる。

店内で流れている名曲に期待してはいった・・・・。

しかし、残念ながら期待に反して流れている曲は、

中国の流行歌だった・・・・。

期待が大きかっただけにショックも大きい。
それだったら、店名を「流行歌珈琲」にしてほしい。

DSCN3011.jpg


中国人のやることなのでこんなものかと思ったが収穫はあった。
①珈琲が10元(150円)と安い。(しかし、珈琲はまずい)
②横の呼び鈴を押さない限り店員がやってこないのでゆっくりくつろぐことができる。
③一人寂しく昼寝をすることができた。
④今中国で流行っている歌がいち早く覚えることができる。
⑤意外と威海で一人だけの隠れ家的なお店発見です。
DSCN3010.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | ウエハイでの生活 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
威海での釣り
- 2008/06/25(Wed) -
中国は人口13億人にしては「魚釣り」人口は極端に少ない国です。

釣り人口が少ないということは「穴場」が多く釣りポイントもたくさんある・・・そうだ。
私はまだ中国では釣りの経験が無いが、威海や大連などでは日本人による釣りが盛んに行われている。

料金は、1隻のチャーター代は400元(6,000円)港まで伸ばす送迎が10元、えさ代10元、10人乗れば一人頭60元(900円)なので日本で魚釣りをすることを思ったら10分の1ぐらいです。

経済発展を続ける中国ではこれからが魚釣り人口が上昇すると判断して、釣具のダイワ精工などが、海外向け販売に力を入れているようですが、釣り人口が増えれば今の料金もきっと値上利をすると思うので、今が安く釣りを楽しむには絶好のチャンスではないかと思う。

そこで私も釣りに行くチャンスを伺っているのだが、何しろ一人となるとなかなかいけないので、威海日本人会が主催している釣りクラブに入ろうかと考えている。


威海は釣具メーカーの工場の多いところなので、釣具は安く買うことができる。
下の釣竿は会社の総経理からプレゼントされたものだが、日本輸出用らしくパッケージは日本語で書かれている「カーボン」で全長3,8m重量480グラム
上の短い竿はさびき用、竿は60元(約900円)、リール50元(約750円)
DSCN3027.jpg


さびきの針、これも日本輸出用らしく日本語で書かれているが、この針を置いている店は少なく買った店もこの一袋のみでした。(きっと横流しの商品かもしれない)
DSCN3028.jpg


魚釣りに行く機会があり、大物を釣ったときはブログで報告しますので期待して待っていてください。
(誰も待っていない・・・・・なんて冷たいことを言わないようにお願いします)


この記事のURL | 釣り情報 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
豚のグッズ
- 2008/06/23(Mon) -
今日は豚のグッズを紹介します。

この豚は女性らしく目元はバッチリしてどちらかと美人顔です。
夜店などに行くと人気者らしくあちこちで必ず売っているので私も買ってきました。

名前は、「ブタ子ちゃん」・・・・・名づけ親は私です。

私が勝手に名前をつけました。

皆さんが気がついていると思うのですが貯金箱になっているのです。
このブタ子ちゃんを買ったのには理由があります。

中国では6月1日から物品販売店でのビニール製レジ袋の無償配布が禁止となり、
エコ袋を持っていなければビニール袋を買うことになります。

DSCN2961.jpg


環境問題になっているので有料は大賛成です・・・・・。
このビール袋は1枚5分(約7円)だせばくれるのですが、

私は困っています。
このお釣りのジャリ銭がポケットの中に溜まって部屋の中はあちこちにコインだらけです。

「ブタ子ちゃん」が来てたおかげで部屋の中はスッキリしました。
この記事のURL | 中国のグッズ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
孫悟空グッズ
- 2008/06/20(Fri) -
中国での夜店などに行くとよく偽者や面白いものがたくさん売られています。

今回、夜店で見つけた西遊記のボールペングッズを紹介します。

DSCN2959.jpg


西遊記(Xīyóu Jì)は、中国で16世紀の明の時代に生まれた伝奇小説で、
唐僧・三蔵法師が白馬に乗って三神仙(神通力を持った仙人)、孫悟空、猪八戒、沙悟浄を供に
従え、さまざまな苦難を乗り越えて天竺へ経を取りに行く物語で有名です。

DSCN2960.jpg

三蔵法師(さんぞうほうし)
孫悟空(そん ごくう)
猪八戒(ちょ はっかい)
沙悟浄(さ ごじょう)

日本でも西遊記は有名でテレビや映画などで放映されているが、
本家中国でも今もテレビで放映しており庶民に親しまれています。

ちなみに、夜店で売られていたこのボールペングッズ1個3元(45円)で安くは無いのですが、
買い物の帰りに売っていた店に立ち寄ったところ完売していました。
この記事のURL | 中国のグッズ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
中国の夕日
- 2008/06/19(Thu) -
仕事の帰りに車で走っていると夕焼けを見る機会が多い。


中国はとにかく馬鹿でかく広いので仕事など車の移動時間が長く、
2,3時間の移動はざらにありますが、問題はこの長い時間をどうして過ごすのかです。

人それぞれによって車の中での過ごし方が違います。
ひたすら眠る人・・・、
ひたすらしゃべり続ける人・・・・、
ひたすら携帯電話で話をする人、
無言でじっと前をひたすら見ている人・・・、
私はどちらかというと本を読んでいます。

いつも通って見慣れている風景が夕暮れ時の夕焼けになると一変してきれいだが異様な雰囲気に変わってしまいます。いろんな想像ができて退屈しないので車移動中での楽しみの一つです。

普段日本の都会ではあまり見れない中国の夕焼けを紹介します。



高速道路を走っているとどんよりした雲が垂れ下がり夕焼けが始まろうとしています。
P1010117.jpg







真っ赤に染まった空の中からUFOが飛んできそうなきがします・・・・・・・。
P1010132.jpg







一般的には夕日はどちらかというと気持ちが寂しくになるのであまり好きではありません。
どちらかというと朝日の方がすきですが、残念ながら早起きできないので
朝日を見る機会がありません。
P1010120.jpg







車に乗ってこの風景を眺めているとほんとうにさみし~~感じがして
日本に帰りたくなります(涙)。
P1010142.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
中国の結婚式
- 2008/06/13(Fri) -
中国の結婚式は日本と同じで年々派手になってきている。

結婚式当日はベンツ、アウデイなどの高級で花嫁を迎えに行き宴会場まで市内をパレードを行う。
もちろん、ベンツなどの自家用車を持っているわけではない、昔はコネを使って役所などの高級車を借り集めてきていたが、最近では結婚式場が用意をしているので問題なく誰でも借りることができるようになった。

なぜに、高級車で市内をパレードするかというと・・やはり中国人独特の見栄で私たちはこれだけの役員、政治家たちとコネを持っていることを強調している意味もある。

結婚式にもお金をかけるが、結婚式のアルバム作りにもたくさんのお金をかける。
プロの専門家に頼んで芸能人顔負けで、衣装係り、演出家、カメラマンなどのスタッフがそろい、二人が濃厚なポーズをとって撮影している光景をよくみかける。

出来上がった内容は濃く、お互いが愛を確かめ合うように「見つめあったり」「大胆に抱き合ったり」アルバムだけを見ると芸能人と間違うくらいの出来ばえだ。



写真は、北京の十渡境に行ったときに出会った写真撮影風景。
花嫁がイカダの上でバイオリンを弾いている撮影の一コマ。
P1010211.jpg





スタッフが二人のポーズを決めている。
P1010212.jpg





このポーズをとるのは、芸能人だけかと思っていましたが・・・いやいや素人のごく普通の人です。
一般のスナップ撮影でもよく見かけますので、やはり日本人には真似のできない特技?かも知れません。
P1010215.jpg





そして、二人はイカダに乗って永遠の結婚の旅にでます・・・・・・・。
途中で転覆しないことを願います。
P1010222.jpg





いいですねこの光景・・・・・、
そういえば私もこの二人のように愛を誓ったことがあったような記憶がありますが遠い昔のことです。
お二人さん、この一瞬は二度と帰ってきませんので、いつまでも・・・
いつまでも永遠に幸せになってください。
P1010225.jpg


この記事のURL | 中国の結婚式 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
中国生産工場の現状
- 2008/06/12(Thu) -
中国山東省では週2回の強制的工場操業停止

四川省の大地震の影響もあり電力不足になっている原因もある。

我社の工場も水曜木曜日は工場を動かした場合は罰金と一ヶ月の操業停止と厳し罰則があり、工場の操業はストップしている。この規制は8月まで続くらしく、生産効率が悪くなり製造工場にとっては苦しい状況に追い討ちをかけるようになってきた。


従来は輸出製品に17%の増値税還付があったがその還付率の引き下げをおこない、最終的には撤廃になる。

さらに8月から上記の1853品目の加工貿易を行う企業に対し輸入関税、増値税相当額の50〜100%を保証金として取り立てることなった。
保証金は輸出完了後に返還されるが企業にとっては資金繰りの悪化につながり、ここ数年は体力の無い韓国企業の夜逃げが社会問題になっている。

今年1月から施行された労働法の影響によって、人件費が高騰し熟練労働者確保はさらに困難になると予想されている。既に土地使用料、光熱費も値上がりしており、中国での生産はコストは上昇を続ける一方になってきた。

そして内陸部よりも第3国に移転するという動きが加速している。
現にユニクロは従来中国での生産が90%を占めていたがこれを60%程度とし、40%は第3国への移転を発表している。欧米での店舗展開が進めば、さらに第3国への移転が増える見込み。

第3国として注目されているのはベトナムだが、利点が多いのはカンボジア。
メリットは後進発展途上国の認定を国連から受けており、欧米諸国への輸出数量規制を受けていないことと、一般特恵関税が適用され15〜20%の関税が免除される。

中国を世界の工場といっていたのはごく最近の話だが、世界の状況の流れが速くもうすでの過去の話となろうとしている。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
イカ料理
- 2008/06/07(Sat) -
威海は海が近いので毎日新鮮な魚介類が食べられる。

外食をするとこちらでは韓国料理か中国料理になるのでどうしても自分の食べたいものを食べようと思えば自分で作るしかない。

一週間には5回ほど自炊をしているのだが、やってみると不思議と料理にハマってしまう。

今日は、新鮮なイカがあったので買ってきた。

イカの種類についての知識は無く、刺身にして良いのかもまったく見当がつかない。

DSCN2808.jpg



少しだけ刺身にしてみたが・・・・、試食したところ硬いので食べるのをやめた。
DSCN2810.jpg


ネギと白菜を少し入れて煮ることにした・・・・が、醤油が無いことに気がついた。
日本で買ったつもりが“ポン酢”と間違ってしまったのだ(涙)。

それでもめげずに中国の醤油とお酒、砂糖少々を入れて挑戦することになった。
イカは硬くなるので、先に5分間ぐらい煮て表面の色が変わったらサッと上げるのがコツ、
挙げたイカ汁を使ってネギと白菜を炊きます、煮あがったらイカと一緒にして出来上がりです。

やってみると案外簡単です。
味の方はというと、日本で食べるような味ではありませんが、外食をするよりは良いかな・・という感じの出来上がりでした。
DSCN2811.jpg

この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
虫取り器
- 2008/06/03(Tue) -
便利なものを見つけました。

泥棒対策の防犯器具を探しに行ったときに見かけた製品ですが、ラケットのような形をしています。

実はこれは「虫取り器」なんです。

DSCN2779.jpg


私が住んでいる部屋は2階なので小さな虫が部屋の中にたくさん入ってきて困っていたのです。
試しに買って使ってみました。

大量に飛んでいてもネット部分が大きいのでらくらく飛んでいる虫がネットの部分に触れて
とバッチバッチと大きな音がして一発で退治できてしまいます。

今では虫の無い生活で気分爽快です。
充電式ですのでランニングコストもかからず日本で売れば、キャンプなどに効果を発揮して
結構売れそうな気がするのですけど・・・。


この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
中国の庶民のベンツ
- 2008/06/01(Sun) -
最近中国では高級車が飛ぶように売れています、だって億万長者がうようよいてるのですから、
ベンツ、レクサスなんてどこでも見かけます。

嬉しいことに日本車も人気が有り本田アコードなど良く売れているようですが、韓国(現在)の車が恥も外聞も捨てて日本車のデザインをパクったおかげでやはり売れていると聞いていますが信頼性はやはり日本車が高いようです。

そこで庶民もベンツに負けていられません!!レトロ調の車で勝負です、

この三輪車かっこいいと思いませんか?庶民の仕事兼用自家用車です。
ちょっと左の車は故障しているのが欠点です

P1010081.jpg



日本では生産はストップしているはずの三輪車が走っているのを見て
一瞬タイムスリップをしたのかと思ったことがあります。
P1010083.jpg



中国ではまだこの三輪車は生産しているようです、人気が有るのはやはり
コストが安くて小回りが利くからではないかと思います。
P1010084.jpg




レンガを運んでいるのはほとんどこの型のトラクターです、
中国ではまだまだレンガつくりの家が多いので需要がたくさんあります。
スピードは出ないので車で前など走っていると邪魔になって仕方がないのですが、
何も気にしないで我が道を行くで堂々とノラリクラリと走っています。
P1010089.jpg



この三輪車はさすがに現役ではないのですが、かなりの年代もののようです。
一人乗りで今は歩道のど真ん中で放置されているように見えますが、
堂々と倉庫?の役目を果たしています。
DSCN2765.jpg


ベンツを見ても感動はしませんが、
このようなレトロ調の車を見ていると楽しくて飽きてこないのです。

この記事のURL | 中国の車 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。