スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
奈良」の風景
- 2008/04/29(Tue) -
いや~忙しいです。

25日に威海に帰ってすぐに27日は丹東に行って、今日29日威海にやっと帰ってきました。

日本に帰ったときは花が咲き乱れており季節もよく今でも印象に残っています。
私の家は一応奈良市内なのですが家から歩いて10分ぐらいのところに
まだ田舎の田んぼが残っています。

散歩がてらにカメラをかついで歩いてみました。
改めて写真を見ているとなかなか綺麗な所なので紹介することにします。



“かかし”ですが奈良市内では最近ではあまり見かけなくなりました。

DSCN2288.jpg







花の名前はよく知らないのですが、中国では見ることができないので私にとっては新鮮に感じられます。
DSCN2316.jpg








“レンゲ畑”・・・・・・・・懐かしいです。
DSCN2395.jpg









“チューリップ”

DSCN2322.jpg









“コスモス”・・・名前が合っているかな?

DSCN2335.jpg








ついつい夕暮れまでこの風景に見とれてのんびりと過ごしてしまいました。

DSCN2338.jpg








日本で仕事をしている時はあまりこのような風景をみてもそんなに気にもとめなかったのですが、
中国で長く暮らしているとこのような風景に出会うことがなく、改めて日本はいい国だとつくづく思います、都市開発などしてこのような環境を壊さないことを願っています。

DSCN2360.jpg






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
奈良 明日香
- 2008/04/26(Sat) -
久しぶりの更新です。
実は日本に帰っていました。

私の家は奈良市内にありますが、何年かぶりに明日香にイチゴ狩りに行ってきた。
採りたてのイチゴはみずみずしくて中国の物とは段違いに美味しく食べれます。

DSCN2108.jpg








入園料は大人1200円で30分間で食べ放題。
しかし・・・・思ったほど食べれないものです。

多分1200円分は食べていないと思いますが・・・・、
取りたてで新鮮なイチゴはお店で買った物では味わうことができないので
料金分以上の値打ちがあります。

DSCN2103.jpg









そして、何よりも充実したのは中国では絶対に味わうことができない自然の風景です。

DSCN2101.jpg









のんびり時間を忘れて“明日香村”を歩いてみると気分転換になる。
RSCN2246.jpg





花が咲き乱れたこのような景色を見ていると改めて日本のよさが分かる。
この自然の中にいてると中国には行きたくなくなってしまいそうです。

DSCN2147.jpg










この記事のURL | 日記 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
北朝鮮国境
- 2008/04/13(Sun) -
北朝鮮との国境にある丹東を初めて訪れた。

大連からタクシーで約3時間ほどで丹東に着くのだが、途中トラブルがあった。
タクシーがお客を私の他に3人乗せるため時間調整をしたため、
結局6時間も掛かったしまった。




中国丹東と北朝鮮新義州の間をつなぐ鴨緑江鉄橋
朝鮮戦争時にアメリカ軍の空爆を受け、途中で分断されてしまっており、そのままの状態で保存されている。観光船で北朝鮮側の近くまで行くことができるので、次回来たときはゆっくり観光しょうと思っている。

DSCN1969.jpg


向こう岸が北朝鮮の新義州市、工業都市。
人が泳いで渡れる距離にある。
中国側の公園は整備されており、道路側には北朝鮮のタバコ、政治指導者のバッジ、切手、
朝鮮ニンジンなど北朝鮮グッズを売っている店がいくつか並んでいる。

DSCN2029.jpg


夜、朝鮮民族の経営する店に連れて行ってもらった。
このお店は時間が来ると、正式なビザを取って働きに来ている北朝鮮の人がショーを行って楽しませてくれる。
日本人の私がきているのが分かると正確な日本語で“すばる”を歌ってくれたのには感動した。

この鴨緑江を挟んだ両岸は、中国側と北朝鮮というまったく違う二つの世界で彼女たちはどんな思いで働いているのだろうか、ビザが切れれば嫌でも向こう岸に帰らなければならない。
しかし、彼女たちの表情が意外と明るいのが印象に残った。

DSCN1974.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
遼寧省 丹東に出張
- 2008/04/09(Wed) -
今月19日日本帰国のまえに遼寧省 “丹東”に出張することになった。


“丹東”は北朝鮮国境にある中国最大の辺境都市であり、人口340万人。
ウエハイの人口250万人なので少し大きな町だ。

私が一番興味のあるのが北朝鮮の国境で、一度この目で見たみたいと思っていた。

Map_A.jpg


明日、10日に煙台より大連に飛行機で行き、車で3時間半で丹東に着く。
12日再びウエハイに戻り16日には日本に帰ります・・・。

万一、日本に帰らなかったら北朝鮮に拉致されているかもしれませんので、
その時は捜索願をお願いします(笑)
この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
中国の占い
- 2008/04/07(Mon) -
中国も日本も自分の将来が気になるようです。

このおじさん、なかなか味のある顔をしています。

他人の店の飾り物に勝手に腰をかけて座っていますが、職業は「占い師」です。


DSCN1872-1.jpg




この占いは元金が要らないために、道路に座っているだけで店を開くことができるので、

最近この商売を勝手に店開きする人が増えてきたようです。

DSCN1873.jpg




占い方法は、それぞれ得意分野があり、風水から始まって手相、人相、名前、など

色々ありますが、けっこうお客さんがおり流行っています。

DSCN1874.jpg



このおじさんの顔、どう見ても怪しげなうさんくさい感じがするのですが・・・。

にわか占い師のように見えませんか???
名前で占っています。

隣で見ている友達も「このおっさん大丈夫やろか?」

心配そうな顔をして見上げています。


DSCN1875.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
中国の流行の商売スタイル
- 2008/04/04(Fri) -
日本での商売は態度がよくなくてはお客さんから苦情がくると思うのですが・・・。
ところが・・中国ではお客さんがどう思おうが・・・・・・・自由です。

よく観察していると実にさまざまな格好をしているのです。

彼女は靴の修理の商売をしています。
商売道具の台に“ドッカーッ”・・と足を投げ出して、お客来るならこい!!!


DSCN1846.jpg




彼は、車の荷台にミカンを置いているところを見るときっとミカンを売っているのでしょう。
・・・しかし、眠たくなったのだから寝る!!

んん・・・・・うらやましい仕事中に寝れるなんて!!

それにしても熟睡してるやん。


DSCN1841.jpg





彼は携帯電話の修理屋さんですが、

やはり商売道具の台の上に足を放り投げていますが、中国では 流行ってるのかな?

そやけど態度がでっかいで・・・。


DSCN1852.jpg




お次は、やきいも屋さんです。

おいおい・・お前もか!!!
ワシの焼き芋食べれるもんやったら食べてみいや!!!

商売道具の上に足を乗せるのだけは辞めた方がええのと違うのか。

DSCN1858.jpg



この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
明日は清明節
- 2008/04/04(Fri) -
今日の夜、マッサージに行った帰りのことです。

道路の歩道で焚き火を燃やして人々は線香をあげているのをあちらこちらで見かけたのです。
初めて見かける光景なので何事かなと思って気が付きました。

明日の4月4日は、中国は「清明節」で、別名「掃墓節=お墓を清める日」とも言い、
家族みんなで祖先の墓へ行き、線香をあげ祖先を供養する日だそうですので、
ちょうど日本のお盆のような行事のようなものです。

およそ周の時代から始まり、すでに2500年以上の歴史があるといわれており
漢民族の独特の文化となっています。

中国のお墓はこの6年間見たことは有りません、
ネットで調べるとこの写真のようなお墓が載っていましたので紹介します。
私も見るのが初めてです。

view-rcdc-20080317021-world.jpg


休日は昨年までなかったので、今年から始まったのではないかと思います。

当然私の会社も休みです、ちょうど中国人のスタップを相手にして仕事をしており
精神的に疲れていたときですので、ラッキ~といったところです。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ヘリコプター
- 2008/04/01(Tue) -
中国のおもちゃ売り場に必ず「ヘリコプター」が置いてあります。

小さいものは150元(2.250円)くらいからあり、私が買ったのは280元(4,200円)でしたので、
安くはないのですが結構売れているようです。

日本に持って帰ろうと思ったのですが箱が大きくてもって帰ることができません。
1回の充電で約15分間飛ぶことができます。

思ったよりリモコンの操縦が難しく思う方向に飛んでくれません。
しかし、ゴルフと一緒で難しいほど思わず熱中してしまうので結構楽しむことができます。

先日の休みの日は海岸の公園に飛ばしに行ってきました。
いいおっちゃんが一人ヘリコプターで遊んでいる姿は日本ではちょっと馬鹿にされる
かもしれませんが、ここは中国ですのでそのような心配は無用で気にすることはありません。

知らない、若い男女や同じようなおっちゃんが寄ってきて興味を持って話しかけてきます。
おっちゃん・・・・何処でいくらで買った?
値段など平気で聞いてきますが、これも気にすることは有りません、
中国では人の給料も平気で「いくら貰っている」と聞くぐらいですのでごく当たり前のことなのです。

よい面もあり、悪い面・・・・もありますが、慣れればけっこう気楽なところもあります。


DSCN1694.jpg
この記事のURL | 中国ニュース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。