スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
帰国します。
- 2007/12/27(Thu) -
今年一年大変お世話になりました。

年の暮れで皆さんはお忙しい毎日をお過ごしと思いますが、
来年もよろしくお願いします。

パソコンの修理は私の帰国までに間に合いませんでしたので、今年最後の更新になります。
私は、明日北京に移動して31日、日本に帰国します。

クリスマスイブから忘年会、そして私が日本に一時帰国するので
連続食事飲み会が続いており、その日の12時までにまともに
家に帰った事がないので、すこし、疲れモードになっています。

しかも、一昨日は家の鍵を部屋の中に忘れて家に入る事ができませんんでした。
真夜中の12時過ぎに部屋に入る事ができず、
寝不足の上、寒い外で途方にくれていました。

結局、近くのホテルに泊まることができたのですが、
皆さんもくれぐれも部屋の鍵は必ず身に着けて忘れないようにしましょう。

この写真は“張村”というところです。
ウエハイは、海があり山があり本当にいいところで住みやすく気に入っています。

来年は北京オリンピックがありますが、北京に来ることがあれば
ぜひウエハイに足を伸ばして立ち寄ってください。

GetAttachment[1]




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
中国のカレンダー
- 2007/12/25(Tue) -
早いもので今年が後7日で終わろうとしています。
中国は、旧暦で2月7日が正月になり年の瀬の雰囲気はありません。

しかし、会社関係はカレンダーを配ったりする習慣があり日本と同じです。
私の事務所にも届きましたので紹介します。

“福”は中国ではおなじみの文字で幸福が舞い込んできて縁起が良いとされており、
各家のドアにもよくこの“福”の文字が逆さになって張ってあります。
福が逃げないようにだそうです。

そして日本と違うところは“金”を思いっきり使って豪華にしており、
派手好きな中国人のイメージがよく出ています。


GetAttachment[6]


“壷”の好きな人にとっては高価な品物が載っているので貴重な卓上カレンダーです。
そして、作りも凝っていて壷が立体に仕上げているので制作費にお金を掛けています。

GetAttachment[7]



そして、私の机に置く卓上カレンダーです。
日にちごとにメモができるのでなかなか使い勝手が良いです。

GetAttachment[8]


あと、一週間で新しい年を迎えます。
少し早いですが皆さま良いお年をお迎えください。
来年もよろしく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ウエハイのクリスマスイブ
- 2007/12/24(Mon) -
今日はクリスマスイブです。

何年か前訪れた香港の街のクリスマスデコレーションの印象が強かったので、
中国本土のクリスマスは物足りません。

特にウエハイでは、街に出てもあまりクリスマスの雰囲気はなく、
時折クリスマスソングが、携帯電話販売店から流れてくる程度です。

そこで、街を歩いていて見つけました!!
結婚式場のお店の前に飾られた唯一のクリスマスデコレーション?
しかし・・・・ちょっといただけませんね・・・・・・。
GetAttachment[1]


そして、お店のショーウインドーには必ず張ってあるサンタクロースおじさんのステッカー・・。
このステッカーは、中国の旧正月(2月7日)になってもこのサンタのおじさんが登場します。

GetAttachment[1]


やはり日本の商魂たくましいクリスマスがなつかし~い。
今日は、気心の知れた日本人同士が日本料理店に集まって騒いできます。



この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
中国の携帯電話
- 2007/12/21(Fri) -
中国で使っている携帯電話(中国でしか使えない)NOKIAが古くなって時々通話ができなくなってきた。

買ってから3年ぐらい経っている。通話ができなくてよくお客さんから苦情を言われるときがある。
7年前に始めて中国に来たときは中国人の総経理に携帯電話を買い換えたときに古い機種をもらった。
重くて大きな機種だったのを覚えているが、買ったときは6万円だったそうだ。

二台目、自分で買った今の携帯電話は2000元(約3万円)したが、それでも安い機種でした。
この頃は5万円、6万円もする携帯電話が飛ぶように売れていた。

ウエハイでは街に行って歩くと携帯電話を売っているお店が軒並み並んでいる。
今は、値段が下がって1万円ぐらいの機種でも十分性能が良くなってきているが、2万円も出すと
200万画素数のカメラ付き、GPS、MP3,4、テレビ受信、大型液晶画面など
魅力的な商品がそろっている。


中国の七不思議のひとつだが、給料1000元(1万5千円)ぐらいしかもらっていない人でも
2万円、3万円の携帯電話を平気で持っている。

私はいろんな機能が付いていても絶対使う事が無いので安い機種で良いのだが、
会社のスタッフにもっといいのを買ってくださいと止められている。
やはり携帯電話は一種のステータスと考えているところがある。

この記事のURL | 日記 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
海外での食べ物
- 2007/12/19(Wed) -
海外で働くには何が一番大事ですか?とよく聞かれる事がある。

重要なことはいくつかあるが、その中でも欠かせないのが“環境”と“食べ物”だと思う。
“環境”は、海外に行く先が必ずしも自分に合っているとはいえないので自分で合わすしかない。

そして一番重要な事は“食べ物”だ。
北京で6年間中国に慣れているはずの私が、ウエハイにきて下痢に悩まされた。
食べ物が合わないというよりは、水が合わなかったのかもしれないが、食べ物に対しての恐怖感から、
他のものを食べる気がしなくなり、日本から持ってきたラーメンを毎日2週間食べ続けた事がある。

体は正直で、みるみる体重が減っていって気力と体力がなくなってきた。
これでは、海外生活は無理と判断して、《自炊》をするという一大決心をした。
これが私が自炊を始めたきっかけでもある。

しかしここにきて、自炊がマンネリしてきた。
ウエハイは海産物が沢山あるといっても、私の持っている調味料は、“醤油”だけである。

何を作るにしても味付けは“醤油”だけなので飽きてしまう。
今は少し遠いが夜はタクシーで日本料理店にいって食べている。

今月日本に帰ったら、自炊に必要な調味料を買ってくるつもりだが、
海外ではどんなものを買ってくれば良いのか誰か~教えてください。

この記事のURL | 日記 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
パソコンが又修理です。
- 2007/12/11(Tue) -
パソコンがまた動かなくなってしまった。

この前に修理が終ってしばらく動いていたのだが、昨日、スイッチを入れると・・・
画面が真っ黒で立ち上がらなくなった。

中国での修理は早くて料金が安いのが利点だが、日本人のように細心の注意をしていない。
日本に帰って修理をすれば完璧に治してくれると思うのだが、帰っても正月休み、
しかも修理となると時間がかかるので、前に修理をしたパソコンショップにもって行った。

いつも思うのだがウエハイは北京と違って人々はみんな親切ですので、
パソコンがうまく修理ができなかったからといって怒ることはできない。

普段ちょっとした修理などは機嫌よく無償で直してくれる。

○○のソフト(中国版)や○○のソフト(日本版)のソフトも無償でパソコンに入れてくれたりするが、
日本で買ったら何十万円にもなる。
これらはもちろん違法でやってはいけない事だが、個人的には有難いです。

又しばらくパソコンのない生活が始まります、
日本で買ってきた本は全部読んでしまったので夜が退屈だ~。




この記事のURL | 日記 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
面白グッズ
- 2007/12/09(Sun) -
このグッズの顔どこかで見たことはありませんか?

そうです、あの有名なウルトラマンが、町の文房具やさんで売られていました。
中国ではテレビ放映もされていて結構子供には人気があります。
大きなスーパーに行くとウルトラマンもどきの大きな人形をよく見かけます。

                        PC090077.jpg


このウルトラマン、ボクシングをやります。
後ろのボタンを押すと・・・・・
目が光り・・左右の腕を伸ばしてパンチを繰り出すのです。
PC090078.jpg


ウルトラマンの仕事はこれだけではありません。
ちゃんとしたボールペンで字が書けます。
ちなみにこの値段は1,5元(22,5円)で普通のボールペンよりは高いです。

日本に帰ると、また変なものを買ってきたといって家族に馬鹿にされるかな・・・・・・。

                             PC090079.jpg
この記事のURL | ウエハイでの生活 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
百円ショップで役に立っているもの
- 2007/12/07(Fri) -
中国に来て百円ショップで買った商品で活躍している物があります。
ほとんど毎日使っているのがこの小さな手鍋です。

朝起きると必ずコーヒーを飲む時にお湯を沸かすのに欠かせない大事なアイテムです。
そして、非常食ラーメン(本当は主食かも・・・)を作るときもお世話になります。
約、6ヶ月使っているので取っ手の身の部分が緩んできましたが、
愛着がわいてきて新しいものを買おうという気にはなれないのです。

PC070069.jpg


そして、第二番目に気に入っているのが“おろし機”、
私はよく大根おろしに使っています。
時には山芋も買っておろして食べます。

PC070070.jpg


そして極めつけは、このモップです。
柄の部分は少し細くて頼りないのですが、結構役に立っています。
・・・と言っても週に一度しか使わないのですが、私のとってはありがたいアイテムの一つです。

考えたら百円ショップって値打ちのあるものがありますね。
ありがとう!!!百円ショッップさんまた日本に帰ったら必ず行って買い物をします。

PC070071.jpg
この記事のURL | ウエハイでの生活 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
安くて美味しいワインに出会いました。
- 2007/12/07(Fri) -
北京で有名なワインのブランドは“長城”です。
中国では“葡萄酒putao jiu”と言います。

この“長城”ワインは35元(525円)~ぐらいからありますが、
あまり安いものは酸味がきつくてあまり美味しくありません。

ウエハイでは“長城”ワインは売っていませんので、色々試しに買ってきて飲んでいます。

PC030046.jpg


先週、スパーに行った時のことです。
ワイン売り場で沢山並んでいるのでどれを買おうかと悩んでいたところ店員が近づいてきた。

店員・・・このワインはお勧めですよ。
私・・・・んんん・・無言(店員の言うことは信じないので・・無視・・。)
店員・・・・一本買うともう一本サービスです
私・・・・・ええっ~そうなんですか、買います!!!(サービスには弱い私です)

値段を見ると・・・ななんと・・・!!9,2元(138円)で一本サービス
いつもは、35元か45元ぐらいのものを買っているのだか、どうも気に入ったブランドに巡り合っていない。

買って不味くても損は無いので早速飲んでみました。
お味のほうは「当たり」です。
少々甘口ですが結構いける味です、女性には絶対お勧めのワインです。

安いものでも探せば結構味のいい物があるのかもしれません。

PC030047.jpg
この記事のURL | ウエハイでの生活 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
中国の娯楽“台球”
- 2007/12/05(Wed) -
中国での娯楽と言えば“マージャン”を思い浮かべる人が多いと思います。
そして意外と人気のあるのが“ビリヤード”なんです。
中国語では《台球taiqiu》・・・・・・・読んで字のごとく台の球です。

一般的には、家の前の歩道などで行われているのをよく見ますが、
ここは、工場の昼休みの光景です、食事もそこそこにして
この小さな駄菓子やさんの奥の店に駆けつけて台を確保するのです。

日本で昔は一時流行ったことがあるので私も少しはできるのですが、たいがいは負けます。やっぱり、みんな揃って上手です。

SBSH0093_20071205212339.jpg


そして、腕を競い合っているのでやるほうは真剣です。
ちなみに一回の使用料金は1元(約15円)ですので、
やはり庶民の唯一の娯楽と言えます。

SBSH0092.jpg
この記事のURL | 威海、中国、 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
近所の花屋さん
- 2007/12/04(Tue) -
ウエハイは今日は二度目の小雪が降りました。
北京では乾燥しているので、この時期に砂が降ることがあっても、雪が降ることがなかったです。


今日は仕事が早く終わることができたので、住んでいる家の近くの花屋さんに行ってきました。
花屋さんといっても歩道を勝手に占領して花を並べて売っています。
歩道が一人がやっと通れるぐらいしかないのですが誰も文句を言う人はありません。

SBSH0077.jpg


本当は花音痴であまり名前はよく知らないのです。
自慢ではないですが綺麗だということだけは人並みに分かります。

SBSH0078.jpg


結局、買ってきました。
それにしてもこの花の名前なんていうんでしょうか?
ちなみに30元でした、日本円で500円ぐらいなので安くはありません.
もしかして、“ふっかけられた”のかもしれませんが・・
まあいいか・・。
部屋に花があれば気持ちも気分もよくなります。

PC030050.jpg
この記事のURL | 日記 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ソフトバンクの無責任ぶり
- 2007/12/03(Mon) -
ソフトバンクには本当に腹が立った。

私が威海に来るときに買ったソフトバンクの携帯電話。
500万画素数のカメラがついているので、カメラ代わりに使おうと中国に持ってきた。

PC030045.jpg

最初のころは、持ち運びも小型なので使い勝手がよく機嫌よく写真を撮っていた。

しかし、一ヶ月経つとある日突然使えなくなった。
電話のメッセージが“調整のために一度電話に繋いでください”・・・・・と表示されている。
えっええ~、ちょっと、おかしい、
この機種は国際ローミングには対応していないので国際電話をかけることができないじゃんか。

どうも一ヶ月近く電話を掛けないと、すべての機能が使えなくなるらしい。

ソフトバンクにメールで問い合わせてみたところ・・・。

〔私どもはカメラを売っているのではなく電話を売っているのですから、そのようなお問い合わせにはお答えできません〕・・・この答えはちょっとおかしくないですか?

ちょっとソフトバンクさん、それでは無責任ですよ、確かに貴社は電話屋さんですが、それならどうして高機能なカメラをつけてなぜに高く売っているのですか??

私は毎月基本料金とカメラ代をきっちり払っているのですから、貴社もそれなりの対応をするのが、
企業の責任ではないのでしょうか。

最近のソフトバンクは確かに契約数を増やしているようですが、
売れれば良いという消費者無視をしていると、
いつかは、しっぺ返しがきます・・・・。

せめて売るときはぐらいは、この機種は一ヶ月使わないと機能が使えなくなるので
海外では使えません、ときっちり説明をしてほしかった。

私は“国際電話もできない”、“カメラが使えない”では、毎月何のためにお金を払っているのでしょうか??



この記事のURL | 中国ニュース | CM(14) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。