スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウエハイの国慶節
- 2007/09/29(Sat) -
10月1日は中国の国慶節です。

1949年10月1日、中国人民は中国共産党が革命の偉大な勝利を勝ち取り、
中華人民共和国の記念日です。1日から7日まで中国はお休みです。
私はこの間に北京に行ってこようと思ったのだが、飛行機料金が割り引き無しで、思うようにチケットも取れずに断念しました。

ウエハイ公園では、秋中節から続いてライトアップや灯篭の展示をしており賑わっています。

昨日は、花火も上がるということなので見に行ったところ、残念ながら情報があやふやで、
人に聞いても分からないということで、結局9時まで待ったのですが花火は上がることがありませんでした。

P9250080.jpg


公園の中には舞台を設置して、華やかなお姉さんの(よく見ると4,50歳の人が紛れていました)
踊りや歌で会場を盛り上げていたようですが、私はまったく興味なしでした。
P9250096.jpg


灯篭で作った正面入り口、右側では地元のテレビ局が来て取材をしています。
この灯篭よく見ると、正面にデカデカと製作した会社名が書かれており、正直感じのいいものではありません。今度の日曜日は花火が上がるのを期待して懲りずに又行ってこようと思っています。


P9250106.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ウエハイのネズミ
- 2007/09/25(Tue) -
ここウエハイでは《ネズミ》と呼ばれている乗り物が走っています。
日本では白タクで、営業許可書の無い三輪車タクシーのことです。
                20070925110518.jpg


《ネズミ》と呼ばれる所以は、小さい車体でチョロチョロと、警察の目をかいくぐって走り回っている姿がネズミに似ているからです。

この三輪車は、オートバイのエンジンをつけているために、お客が二人乗って坂道などを走るときは悲惨で、歩いたほうが速いくらいで、エンジンが悲鳴を上げて助けを求めています。
料金はタクシーと比べると少し安いぐらいです。

警察も、お客を乗せているのがわかっていても、お金をもらっていないといえば捕まらないために、取り締まりに苦慮しているようです。しかし最近は、通行制限が厳しくなり、市内に乗り入れ禁止、大通り通行禁止になってしまい、本当のネズミのように裏通りを走り回らなければなりません。

乗車料金は、タクシーと比べると少し安いくらいで、雨の日など凸凹道を走ると1元追加などの請求をされて、結局タクシーに乗る値段と変わらなくなる場合がありますが、庶民には人気があります。


この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
中国人のお祝い事
- 2007/09/18(Tue) -
ウエハイで私の住んでいる所は、マンションというよりも一般の住宅を内装して外国人が住めるようにしているところですので、中国人庶民と一緒に生活をしているといった感じです。
私の部屋は2階にあります。
二階に決めたのは理由があります・・・中国では7階以上の建物にはエレベーターを取り付けなくてよい決まりがあり、ウエハイでは北京の都会のように住宅は一般的に高い建物はないのです。

2階は上り下りは楽なのですが、何しろ庶民の住む住宅なので私の寝室の真下で、
住民が毎晩7時頃からマージャンを繰り広げます。
真夜中の12時ごろまでマージャンパイの音を聞かされるのが悩みの種です。

SBSH0012.jpg


ところで、毎朝この住宅の前でタクシーを拾うとき
道路横に置いてある7台の大砲がいつも気になっていました。


まさか、街中で非常時に備えて軍備を配置しているはずがなく、
もしかして、人口雨を降らすためのロケットかもしれないと、通訳に聞いたところ・・、
〔結婚式〕に使う空砲の大砲だそうです。
なぜに大砲かというと、祝い事には中国では花火爆竹が一般的ですが、
市内は花火が禁止されているためにお祝いには苦肉の策で空砲の大砲を撃って大きな音を出すだけの目的です。

ちなみのこの空砲一発“100元”(約1600円)ですので、中国人の友達やお世話になっている人の祝い物にこの空砲をプレゼントすれば喜ばれるかもしれません。
感情を表に出す中国人の気質がよく出ていますが、それにしても大砲とは日本人にはよく理解ができません。
SBSH0011.jpg

この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
東京から北京まで
- 2007/09/12(Wed) -
台風が関東に近づいているために風がますます強くなってきた。

運行中止になってからは、ほとんどの乗客はあきらめてチケットのキャンセルをして、ホテルに直行している人や、夜の街にのみに繰り出しているので車内は4列の席を一人で占領して横になって寝る事ができる。

SBSH0134.jpg


駅のホームでは、運行ストップになってしまい乗客が諦めて携帯電話でゲームをしている人や、疲れ切ってぐったりしている人たちが目的も無く、台風は気象の自然現象なので怒りを何処にもぶっつける事ができず、思いも思いの事をして時間をつぶしていると言った感じだ。
SBSH0129.jpg


駅構内はチケット払い戻しの人で長蛇の列が出来、順番が来るまでには1時間ぐらいの時間が掛かってしまう。この待ち時間の長さが乗客が我慢できずに駅員に大きな声で怒鳴ったりして、あちこちでもめている光景をみかける。
SBSH0130.jpg

実は、この新幹線夜の10時に運行再開したのです。
京都に着いたのが朝方の2時、
家族に車で迎えに来てもらって奈良の我が家に着いたのが4時、
東京から奈良まで11時間掛かった事になります。
そして寝る間もなく、6時のリムジンバスに乗って10時の北京行きの飛行機に無事乗る事ができ、
東京ー京都-奈良ー関空と21時間かけてフラフラになりながらやっと北京までたどり着きました。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(0) | ▲ top
私の日本脱出
- 2007/09/11(Tue) -
6日に不安感を覚えながら東京に仕事の打合せに行った。
その日は台風9号が関東地方上陸との予報になっていた。

私は、7日に北京入りする為に関空発10時の飛行機を予約していたので、
台風が来る前に何が何でも6日に大阪に帰っていないと間に合わない。
仕事を早く切り上げて、3時の新幹線に乗るつもりが5時半になってしまった。

外は台風の影響で風が強くなってきた。
大阪に帰れるかなという不安があったが、新幹線が止まっているという情報は無い。
東京駅のホームに立つて間もなく私の乗る新幹線が着き、指定席に着いた。
・・・しめた台風が来る前に帰れる!!!

座席の前に弁当を広げて一口パクリ、缶ビールをグッグーとイッキに飲み干す。
一息ついた私の満足感を打ち消すような無情な車内アナウンス、
『ただいま台風の影響で静岡県の間で強風のため新幹線の運行は見合わせます』・・・・、
ええ~!今日中に家に帰って明日6時のリムジンバスに乗らなければ
朝10時の北京行きの飛行機に間に合わない!!!

台風が関東に向かっているために7時、8時になっても運転再開の見通しがつかない、夜行バス、飛行機も運航になっている。その内乗客の大半があきらめてホテルを探すためにチケットをキャンセルして出て行った。

私も、明日の北京行きはあきらめて改札の外に出てホテルを探すが、すでに遅く何処も満杯状態で空室は無いので今夜の寝るところが無い!!新幹線の中で寝る方法はあるのだが、チケットは払い戻ししているので再度新幹線の構内に入る事は不可能だが、それしか方法は無い。

そこで明日一番の新幹線チケットを買い求めて、改札口に行くと乗客と駅員がなにかもめて言い争っている。チャンスとばかり改札口をかいくぐって駅構内に侵入成功、もともと私の指定だった席に着いたが、明日の飛行機はキャンセルになりその後の予約も取れていなく、北京経由ウエハイの予定も立たずに眠りについた。


この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阪神タイガース
- 2007/09/04(Tue) -
私は関西出身ですので当然阪神タイガースファンです。
今年は、巨人、中日、阪神の3強が首位攻防でプロ野球は盛り上がっています。

私が中国から帰る前から、9月2日の阪神タイガース対ヤクルト戦、ライト外野席指定のチケットを予約していたので観戦してきました。

夏休み最後の日とあって甲子園球場は満員です。

P9020017.jpg


初回いきなり2点を先制されて、ヤクルト先発川島の好投もあり阪神打線が苦戦を強いられていましたが、8回裏、葛城の2打席連続適時打で同点に追いつき、2対2の接戦の末、9回表桜井が見事適時打を放ちサヨナラ勝ちを収めました。

久しぶりの甲子園でサヨナラ勝ち!!そして久しぶりに興奮しました。
できる事なら阪神タイガースの優勝を見届けてから中国に行きたいところですがそうも行きません、今週の週末には山東省のウエハイに戻ることになります。

P9020095.jpg

この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
パンダ
- 2007/09/01(Sat) -
北京動物園にパンダを観にいった時の事です。
入園門が分からず道に迷ってしまったのですが、地元の親切な人が案内をしてくれました。
柵を乗り越えるとそこは動物園に中でした。
入園料無料の場所を教えてくれたのですが、お金を払わないで北京動物園に入った日本人は、
私と私の友人二人だけではないかと思います。
ところで残念ながらお目当てのパンダ、寝てるばかりで満足に見る事ができませんでした。


先日、墓参りをかけて和歌山県の田舎に行ってきました。
その帰り、白浜アドベンチャーワールドに行ったのですが、パンダがいてました。

北京動物園の施設よりもずっといい環境の中で飼育されていました。
さすがVIP扱いといったところです。

P8260049.jpg


中国では、お客さんがせっかく見に行っても見られない事が多いのですが、
日本は違います、お客さんの事も考えて餌を与える時にも観客から見える位置に
餌を置いていますので正面から見る事ができます。

色んな面で中国から追い上げられている日本ですが、
気遣いという点ではまだまだ日本も捨てたものではありません。

トワイライト入場券を発売しており、通常昼間3.500円のところ夕方6時より2.500円とお得でした。
大阪から3時間と少し時間が掛かりますが、イルカショーやサファリーパークなどあり、
行ってみる価値のあるところでした。

P8260040.jpg

この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。