スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
道頓堀
- 2007/04/29(Sun) -
日本滞在1ヶ月、この5年間で最長記録です。
友達と仕事の件で最終の詰めをおこなっている最中ですので今のところ北京に帰る目処は立っていません。いずれにしても中国ははずせないので再度訪中することは間違いないのですが、この2年間やってきた印象は、北京は政治の街としてのイメージがあり商売としてやっていくのが難しのではないかと考えているのですが、これまで築いてきた北京でのノウハウも捨てがたく現在検討中です。


そこで時間もあり、大阪道道頓堀を久しぶりに探索してきましたので紹介します。

この場所は、東京では味わえない大阪独特の雰囲気が漂って庶民の街として親しまれており、
1985年、阪神タイガースが優勝した際、数多くのファンが道頓堀川に飛び込んだのもこの場所です。
道頓堀に沿う商店街に飲食店が集中。グリコネオン、キリンプラザ大阪、かに道楽本店、づぼらや(ふぐ料理)、くいだおれ、道頓堀ホテルなど、多種多様な看板・建物の店舗があふれている地域です。

Doutonbori37.jpg


大阪道頓堀川、戎橋のそばに初めてグリコのネオン塔が立ったのは、1935年(昭和10年)。当時としては型破りのネオンで、一躍大阪ミナミの名物となりました。 今の看板は5代目だそうです。
SBSH0016.jpg


吉本興業の芸人のような愛嬌のある顔で毎日太鼓を叩き続けている「くいだおれ」の人形。
昭和24年の創業です。
SBSH0024.jpg


とれとれピチピチのかに料理・・でお馴染みの「ずぼらや」。
本店は新世界で、昔からふぐ料理で庶民に親しまれているお店です。
最近は、1980円で安いてっちりを食べさせるお店も増えてきましたが、
知名度は抜群ですので今でも健在です。

SBSH0025.jpg


たこ焼き「大たこ」店。
同店のたこ焼を求めて、朝から晩まで行列の絶えない光景は道頓堀ではもうおなじみ。
たこ焼は外側にまではみ出すぐらいの大きいたこが特徴。
甘辛ソースに花カツオ節、青のりで食す素朴な味わいは地元関西人もうならせる。夜11:00まで営業するが、売切れ次第終了なのでお早めに。
たこ焼 ¥300(6個)
SBSH0027.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(13) | TB(2) | ▲ top
大阪日本橋
- 2007/04/22(Sun) -
大阪では電気の街といえば日本橋です。
この場所は、東京の秋葉原のようなもので電化製品は何でもそろうところですが、
駅前に大型店が出始めた頃から人の流れが変わってしまい、従来の電気店が店じまいをするところが多く、その代わりにフイギア店や模型店、ロボット専門店、エッチ系のDVD店とかマニアックな店が増えている。
そしてうれしい事に、純正品ではないが、ミニSDカード1Gが1,900円で売られていたり、携帯カメラの電池純正品だと4~5千円もするのが1300円であり、中国で買うよりも保証がついており断然安いということです。案外今の日本橋は純正品以外の買い物をするのでしたら穴場かもしれません。


写真は鉄道マニア専門のお店だが結構人気があるらしくお客が絶えない。
20070421222347.jpg


そしてこのような訳の分からない人物も登場している。
「宇宙人の本買うて」、看板には“人間に喧嘩売っている宇宙人”・・とか書いている・・、
1冊1000円・・この本を読めば宇宙人のすべてが分かるらしいが、売れるのかな?
20070421222305.jpg


ビトンなどのバックを売っている外国人
真昼からこんなに堂々と偽者を並べて大丈夫なのかな??と思っていると・・。
20070421222222.jpg


少し離れたところで警察がコピーVDV店を摘発していました。
今日の新聞によると海賊版DVD中高生が販売、バックには暴力団員が絡んでいるそうです。
20070421222245.jpg

この記事のURL | 日記 | CM(14) | TB(1) | ▲ top
日本四季
- 2007/04/18(Wed) -
6ヶ月月ぶりに帰った我が家です。
私の奥さんは美容のお店を経営している。
久しぶりの日本でゆっくりしたいところだが、中国に行って家を空けているために、
家の網戸の張替えや庭の草刈は私の仕事になっているのでゆっくり休んでいられない。

というわけで今日は庭の草刈をするために庭に出てあらためて見渡してみると・・・、
実に色んな種類の雑草が顔を出しており、中国では見られない自然の光景に見とれてしまった。

そこで刈り取ってしまうのは残酷に思い草刈中止!!!
カメラを持ち出し急遽鑑賞することに変更することにした。

日本にいてるときは当たり前のように気にも留めなかったが、
北京の冬の殺伐とした風景に慣れてしまって、あらためて雑草を鑑賞していると新鮮に感じてしまう。
やっぱり良いわ!!!日本は四季もあり心が落ち着き、笑っている回数も確実に増えている。

タンポポの花
P3280027.jpg



タンポポの花が咲き終わり綿になって遠くに旅たつ準備
P3280007.jpg


つくしんぼう
P3280025.jpg


そしてカマキリの卵
P3280033.jpg


この記事のURL | 日記 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
ただ今日本放浪記
- 2007/04/09(Mon) -
結局、誘惑に負けて携帯電話を契約してしまった。

携帯電話はドコモの携帯電話を持っているのだが・・・・。
ソフトバンクの携帯電話に付いているカメラは、
な・なんとすぐれもので500万画素数。
それに「光学3倍ズーム」。さらに「手ぶれ補正機能」や「マルチポイントオートフォーカス」
など充実の機能を搭載している。

ソフトバンク910SH

http://mb.softbank.jp/mb/product/3G/910sh/

カメラ代わりに使えて持ち歩くには便利・・というわけで、欲しいという欲求が大きくなり、
結局、誘惑に負けて、ついつい新規登録をしてしまったわけです。
(他にも、音楽が聴けるとか色々機能が付いているようですが私には使いこなす
ことは出来ないでしょう。)

しかし、さすがに500万画素だけあって携帯電話についている付属とは思えない
くらいの写りをしている。しばらくは、このカメラを使って日本情報を伝えていきます。

それにしても日本で長く滞在しているとお金が羽が生えたようにどっかに飛んでいってしまう。
100元(約1500円)もあれば何日も生活できる北京での質素な生活が懐かしくなってきた。

誰か教えてください!!!。
この携帯電話シムロックを解除して中国で使いたいと思っているのだが、
そうすると日本に帰ってからは使えるのでしょうか?。
情報があればお願いします。





この記事のURL | 日記 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
日本は誘惑が多い
- 2007/04/06(Fri) -
帰国して思ったことは、誘惑が多い!!!!

誘惑と言っても、もちろん‘女性’ではありません・・・(笑)。
デジモノ・・携帯電話、デジタルカメラ、パソコン、など等です。

中国では、欲しいと言う欲求は不思議と沸きません。
携帯電話はノキア、3年前買った物。
カメラは、400万画素で2年前の物。
パソコンも2年前買ったバイオ40GB

日本に帰ると、
携帯電話は3G(何のことか分からない)
デジタルカメラは、600万画素、800万画素は当たり前。
パソコンは、今ではWindows Vistaに変わっている。

欲しいという誘惑に負けそう!!・・・です。

早く中国に帰ってこの誘惑から逃れた~い。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(15) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。