スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本の友達。
- 2007/03/30(Fri) -
昨日は久しぶりに友達に会って盛りあがった。

この友達は、やはり私と同じ衣料品を扱っており、会社経営をやっている。
私が帰国前にも何度も電話をかけてきて、話があるので早く帰って来いと言われていた。

実は前から、この友達に私の中国ビジネスに落第点をつけられていた。
理由はいくつかある。
単独で一匹狼で行動するには限界がある。
中国滞在が多いためにお客さんとの接点がどうしても少なくなり、商売ネタが拾えない。
北京は政治の街で商売には向いていない・・・・等


そして彼が私を北京から呼んだ理由がありました。
“会社を一緒にやってほしいので力を貸してくれ”という思いがけない言葉でした。

私も上海の加工費の不払いなどにより精神的にもかなりダメージを受けているときでもあり、
このまま同じように進行しても結果は目に見えているのではないかと考える。
再度、月曜日に話し合うことにして分かれた。

もし話が進めば、仕事の拠点は日本において得意先の新規開拓に力を入れて、北京は今まで築き上げてきた人の繋がりをうまく使っていって今の仕事も継続させることができる。

いい友達は一夜漬けではできない、今まで何年もの積み重ねてきた信頼関係、
つまり裏切らない人ではないかと思う。
飲んで騒いで楽しむだけの友達も良いだろうが、
真の友達を作っておくことも人生のうち大事なことだ。



スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ビジネス | CM(17) | TB(0) | ▲ top
日本に帰って
- 2007/03/30(Fri) -
日本に帰って、今日は久ぶりに友達に会うために日本橋に行ってきた。

北京生活での習性は怖いものです。

まずバスで赤膚山ー学園前、210円・・えっ高い!!(北京10円)

近鉄線で切符を買うとき、学園前ー日本橋、480円・・えっ高い!!
(北京50円)

新聞、経済新聞、140円・・えっ高い!!(北京7円)

友達と会って食事をして夜は居酒屋に行くと1万円はあっという間に
羽根が生えたように消えてしまう・・・、北京では一万円あれば1週間は十分生活はできるのに、日本はなんという国だ!!

そして、町を歩いていて赤信号ですが、
車が来ないのを確かめるとごく自然に横断している自分に気付く・・・。

(北京ではみんな当たり前)いかん、ここは日本なので信号無視は
ご法度、マナー違反です。
と言いながら、またまた信号のないところを横断している自分・・・、

これは少し重症のようです。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(5) | TB(0) | ▲ top
北京空港で新商売を始めたおっちゃん
- 2007/03/27(Tue) -
今日の帰国は、MU525便、北京9:35分発⇒青島12:30分発⇒大阪15:15分着。
この便のチケットは安くて良いのだが時間がかかるのが欠点だ。

7時、マンション前からタクシーで北京空港に向かう4環路から5環路を走って7:40分空港着。料金は91元プラス(高速代)10元を支払ってトランクの荷物を取り出そうとタクシー後方に回ると・・・。

見知らない薄汚れた服を着てヨボヨボの
“おっちゃん”が

荷物2個を台車に乗せている???。


私「おっちゃん、人の荷物、何してるんや!」
おっちゃん・・ニッター・・と笑って、「10元」
私「えっ??」
おっちゃん「10元」・・・笑う事と10元それ以外の言葉は話さない。

北京空港のタクシー降り場が約50m離れたところに移動した為に、少し歩くことになる。


ここに目をつけた“おっちゃん”どう見ても空港でゴミ箱をあさっている“物貰い”だが、新しい仕事を勝手に発案した様子だ。今回の荷物2個は、いつもより重いので、5元に値切って、そのまま運んでもらう事にした。


“おっちゃん、”私と並んで台車を押しながら盛んに私の方を向いてニッターと笑う(きもイ~)、よほど仕事にありついて嬉しかったとみえる。

そして、空港入り口自動ドアを入ったところで、“おっちゃんが”台車を置いて何も言わずにそのままどっかに消えてしまった。おいおい・・空港内の距離はまだあるで!!

空港職員に見つかると追い出されるので逃げていったか、そのまま戻ってこなかった。


“おっちゃん”5元は高いで!!

*この“おっちゃん”うまく空港係員に見つからずこのまま、この商売を続けられたら、
きっと今の“物もらい”の生活から抜け出せるかもしれない。
がんばってや“おっちゃん”!!!


この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(0) | ▲ top
帰国します。
- 2007/03/24(Sat) -
日本に帰ってきます。

昨年の10月に一度帰って5ヶ月ぶりの帰国です。
実は、長くこちらに居てると、飛行機に乗るまでの時間や日本に着いてから家に帰る時間などを考えると、日本に帰るのが面倒になってきますので、ついつい長時間居座ってしまいます。
どちらが自分の国なのか分からなくなってくると困るので、けじめを付けるための帰国です。

今年は桜の咲くのが早いと聞いています。満開の桜を見るのが何年振りなのか忘れましたが、見るのを楽しみにしています。
日本で時間に余裕があれば桜情報をUpしますので、
覗いてみてください。
この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(1) | ▲ top
中国の銀行
- 2007/03/22(Thu) -
中国の銀行事情・・と行っても難しい話しではない。
仕事をしていると銀行によく行く機会があるが、日本と比べるとサービスの面は桁違いに悪い。

そして究極が今日。
家の家賃jを支払う為に銀行に行った時の事。
銀行に着いたのが10時半、いつも待たされるので覚悟をして行ったのだが。

DSC00580.jpg


順番待ちの番号札を受け取って見ると「781番目」。
えっ・・間違いではないか・・もう一度、番号を確かめてみる、“781”・・・間違いない。

窓口の受け付けている順番をみると「148番目」・・。
という事はあと“633人”の人が待っていることになる。

1時間ほど待ってやっと“230番”・・あと“551人”目だ!!
このペースで行けば、順番が回ってくるのは午後の4時か5時ぐらいになりそうだ。

番号札を取って帰ってしまっている人もいてると思うが、どこか機能に欠陥があることに
気がついて改善をする管理者がいないのかと考えてしまう。

そして待っている人は誰一人として文句を言わないのも不思議だ。
電車やバスに乗り込むときの我先の精神は何処にいったのかと思う。

仕事をやっていると一秒間でも時間が無駄には出来ないはずなのに黙々待っている。
しかし異常です、中国で住んでいてこんな経験をした方おりますでしょうか?

そこで、中国人の面白いところに気がつきました。
公的な機関(国の会社など)のところでは、例えば、銀行、列車の切符などの予約
(休み前はすごい行列です)、
警察など、仕事をタラタラやっていても、長時間待たされても、文句を行っているのを見た事がありません。
その反面、一般の店や会社ではちょっとした事で、
よく怒鳴っている姿を見かけます。
公的な機関には文句を行っても絶対に変わる事がないことをよく知っているかも知れない。

話がそれましたが、
今日の順番待ちはとてもじゃないけど待っていたら一日潰れるので帰ってきました。

そこで銀行の対応に気がついたことを箇条書きにしました。
1)銀行内に入っても笑顔で迎えてくれない、(こいつ強盗と違うか?)と言う感じでジロと無表情で見る。
2)順番を待たす事は平気。
3)どういうわけか闇の両替屋のおっちゃんが平気で銀行内で商売(換金)をしているが、行員は何も言わない。
4)待っているお客が平気で大きな音量で音楽を聴いているが誰も文句を言わない。
5)お金を預けてもありがとうはもちろん言わず、何もくれない(せこいかな?)
6)順番待ちをしていて気が付いたら、後のお客が先に窓口に行って文句を言うともう一度順番の札を取れと言う。(*何で?妥協したとして その人の後でも良いやんか。)
7)振込みや預金、引き出しなどの作業時間が長い。
8)銀行の出口で強盗が待っている。
(私の知り合いが昼間お金を下ろして銀行を出たところで盗られました)


この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(0) | ▲ top
中国のお年寄り
- 2007/03/20(Tue) -
現在、中国人口13億人。
その内、60歳以上の人口が1億4,300万人。
*なんと日本の人口より多い!
このまま進めば2014年には2億人にのぼり、一人っ子政策で子供の出産率が減っており高齢層を支えきれるのか心配されます。

ちなみに北京市内の人口は現在145万人。その内60歳以上の人口は13%(188万人)で、2045年にはこの割合は38%になると予測されている。

このせいか、休みの日など公園に行くと子どもが遊んでいる姿はあまり見ない。
その代わりお年寄りが集まって、日向ぼっこをしながら井戸端会議をしている姿や、運動をしている人などの光景はよく見かけます。

写真は北京市内から2時間車で走った平谷の風景です。
店の前でざっと100人近くの人間が集まっている光景を見かけました。

近づいて様子を見てみると、なんとお年寄りが集まってマージャン大会をやっています。
毎日これだけの人数が何処からともなく集まって来るらしいが、お店の人の営業妨害になって苦情が出ないのかとよけいな心配をする。
堂々とお金を賭けてやっていますが警察は何も言わないのかな?
これだけのお年寄りが集まって寒い屋外でマージャンをしている光景は
日本人の私には異常に見えます。
20070320110721.jpg




こちらは北京市内ですが、大事に育てた小鳥を公園に持ち寄って鳴き声を自慢し合っています。
のんびりと小鳥のさえずりを聞きながら井戸端会議といったところです。
20070320023658.jpg



小鳥の名前は知りませんが、実によく鳴きます。
私も仕事をリタイヤしたら、マージャンより小鳥のさえずりを聞きなが
ら公園などでのんびりしたいと思っている。
20070320023729.jpg

この記事のURL | 中国ニュース | CM(12) | TB(0) | ▲ top
十里河にガラスの修理に行く
- 2007/03/19(Mon) -
昨日、マンションに帰って、勢いあまって飾り棚のガラスをうっかり割ってしまった。
原因は、友達と遅い旧正月明けの新年会で酒の飲みすぎです。

室内の家具などの備品はすべて家主の物で壊したものは修理するか弁償することになっている。

そこで今日は、“十里河”(三環道の南)にある市場に修理の為に割れたガラスの修理に行ってきた。
この場所は、家に関するものはすべて、家具、照明、壁紙、台所用品など何でも揃うので便利だ。
DSC00515.jpg


ガラス専門の建物に入ると、中には小さなブースが軒を連ねて何件ものお店が並んでいる。
20070318191505.jpg

一軒目の店には行って見積もりをしてもらうと250元(約3、700円)
30cm×40cmのごく一般的なガラスなので高すぎ!!

次に二件目のお店に入った、この店はなかなかお洒落なガラスを展示している。
20070318191135.jpg



店の雰囲気からして案外高いかもしれないと思いながら、
同じく見積もりをしてもらう。
お店の人「40元(約600円)です・・・。」
えっ・・・安い!、さっき行った店は250元だったぞ!
心の中で思わず喜んだが・・顔には出さずに・・・・、

私「もう少し安くならない?簡単な物だから」
お店の人・・・もう一度計算をして・・「35元でどう?」
私「謝謝・・」
いやいや良心的な値段提示をして頂きありがとうございました。
対応してくれたお店の人は特別美人ではなかったけど、
愛嬌があってとてもチャーミングなお嬢さんでした。

中国では、同じようなお店が幾つも集まっている市場が沢山あります、
商品は同じでもそれぞれ交渉によって違ってきます。

観光で中国に来られた人で値段提示をされて「安い」と連発している姿をよく見ます。
最初に提示された値段は必ずと言ってよいほどお店の利益は大きいので、
お店の人に根負けしないように交渉してください。
もう利益がないと言っても売る限りは最小限の利益はあります。
値段交渉も旅行の楽しみの一つです。


この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
私の友達紹介
- 2007/03/16(Fri) -
今日は、日本旅行社の添乗員と食事をすることになった。

彼女は少し太目だが愛嬌がよくおおらかな性格だが、ツアー客に気に入られている。
私も時間が合えばよく会って話をする友達の1人だ。

彼女の名前は“馬”(マーさん)会ってみるとけっこう可愛いですよ。
gaido.jpg

彼女の子供は男の子で、中国のテレビに子役として出います。
私も何度かテレビに出ているのを観た事があるが、“結構可愛いですよ”



彼女に日本人の旅行客の印象を聞いてみた。

日本人のツアー客は、とてもマナーがよい。
“おぉ・・同じ日本人として嬉しい”


京劇などの劇場に行っても飲み物を飲んだり飲食をした後、
必ずそのゴミを持ち帰ってゴミ箱に捨てるという。

“いやいや・・日本人として当たり前のマナーを守っているだけです”


時間を守るのでスケジュールを立てやすい。
“そうですよ、中国人のように馬上(すぐに)と言いながら1時間も待たせる事はしません”



順序良く並ぶので案内が楽く
“マナーですから、”



礼儀正しい。『ありがとう、ゴメンなさいをよく連発する』・・・。
“そうなんです・・日本人はよくスミマセンを安売りするところがあります、
私は勝手にほめられていると判断しました。”




しかし良い面だけではない。

普段はあまり大きな声を出さないのだが酔っ払った時は大声を出して怒鳴る。

“ん~ン・・そういえば・・私も身に覚えがあるかも・・。”

一番困るのは男性の年配客だと言う、
昼間のツアーが終わった後彼たちは夜の街が楽しみで中国に来ている人達も多く、
若くて綺麗な女性を紹介しろとしつこく迫ると言うが、おくさん同伴の時はどう対処して良いのか困ってしまうそうだ。
“もしかして・・私もツアーで来れば同じ要求をするかも知れない。”



添乗員の仕事は傍目で見ているよりは結構きつく疲れると言っていた。
中国に観光の折はぜひ彼女に声をかけてやってください。


馬さん、彼たちは年に一度の観光旅行楽しみにしてきています。
無理な要求があって、疲れるかもしれませんが精一杯楽しませてやって
北京での楽しい思い出を作ってあげてください。


彼女は、今旦那さんと別れて独身です。
今彼氏を募集しています、子持ちですが独身の方はぜひご応募をお願いします。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(12) | TB(0) | ▲ top
中国人は奇抜なアイデアの持ち主
- 2007/03/15(Thu) -
今日の新聞で、偽物の化粧品が摘発されている記事が載っている。
この様な事件は日常的にあるのだが、品物を隠していた場所が
“マンホールの中”?とは奇想天外だ。

DSC00503.jpg


私も外国人のせいかよく街角など歩いていると見知らぬお兄ちゃんが近づいてきて、
CKなどの化粧品のブランド品があるので買ってくれとよく声をかけられます。
街角や市場で売られているブランド商品は100%偽者と思ったほうがよい。

テレビで毎週報道されている偽物摘発番組も面白いのでよく見ているが。
先週は各種のブランドのタバコの偽物が倉庫に山積みにされているのを摘発していた。
これらは、街の市場などに出回っているので知らずに買って吸っている。

前に報道した番組では
油(有名な偽物ブランド)を田舎町の一角で、家の中のすべてが汚く
見るからに不衛生な場所で、薄汚れた身なりをしたおばちゃんが汚い
容器にいれて製造している。(雑菌入り)。

その中でも面白い?のは
弱った魚にハケで色を塗って“生きの良い”魚に変身させる。
(もちろん着色塗料は有害です。)

街角でよく果物に霧吹きで水をかけている光景をよく見かけますが、
この水の中に着色塗料が入っているので果物が新鮮に見える。
(有毒着色料)

肉の中や果物に注射器で水を入れて重量を重くして高く売る。
(切ると中は水分たっぷりです)


市場などに行くと日常食料品が安く手に入りますが、これらの醤油や油
などにれっきとしたブランドの偽物が混じっている事があります。

偽物は利益が大きいので誰もが色々考えるので広い中国では摘発しても
あとから竹の子のように製造する人が出てきて切りがない。
しかし日本のように偽物に対して市民が余り反応しないのが不思議に思う。
やはり外国人はヨーカ堂や有名デパートで買い物をしたほうが無難です。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
どうなる生産大国
- 2007/03/12(Mon) -
この1,2年中国では労働者の不足と人件費、材料費の上昇が続いている.。

昨日は、北京市内から2時間半ぐらい離れた生産工場に行ってきたが、
「春節で故郷に帰ったまま帰ってこないため、600人の従業員のうちまだ100人しか
集まらず、操業開始する目処は立っていない。
春節後の人員確保がうまく行かなかったようだ。

              従業員不在で休業状態の工場内
              20070312230522.jpg



昼食を外のレストランに行って、総経理と二人ヤケ白酒を飲んで酔っ払いました。


           20070312231213.jpg



どうなる生産大国
人民元レートも依然と上昇基準を続けており、貿易黒字を拡大させている中、
中国政策当局者の多くが、人民元レートの変動に対して容認姿勢を強めていること
からこれからも人民元の上昇と工場労働者を中心に賃金が引き上げられており、
外資系を中心に人材獲得のための競争が激化しており、賃金は上がりやすい状況です。

このまま元高と人で不足が続くようであれば中国での生産が困難になってくる。
大手商社はベトナム、ミシャンマーなどに基地を移しつつある中、
中小企業はいつまでも安売り商品には頼っていてはいずれ価格競争にも
負けてしまう事は目に見えている。
付加価値のある独自の技術を開発していかないと生き残ることはできない。

元高の影響
日本も1971年のニクソン・ショック以来、度重なる円高で相当な試練を受けてきました。
円高に負けずに、業績を伸ばすことができたのは海外企業に負けない
独自技術開発をしてきたことが、経済大国の発展に大きく貢献しています。


しかし、中国は独自技術をもたず、海外からの技術提供に依存しているのが現状です。
日本のようは、1ドル360円から経済発展と共に110円台まで高くなったように、
人民元もいずれは大幅に上昇すると予想されます。
行き過ぎた元高は中国経済を破たんさせ、世界経済全体に悪影響を及ぼす
可能性もあるかもしれない。


この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(0) | ▲ top
11日はマナーの日です。
- 2007/03/11(Sun) -
毎月11日は『列に並ぶ日』?

何のことかと思いますが、マナー向上キャンペーンだそうです。

この日は、北京の地下鉄の駅ではこのような放送を繰り返しています。
『本日は北京市の列に並ぶ日です、列に並んで待ちましょう』

北京オリンピックを意識しての活動展開ですが、
(そんな一夜漬けでマナーが守られるとは思わない)

確かにビジネス街の多い国貿センターでは、最近は二列に並んでチケットを買っている。
しかし、まだまだマナーが悪い、地下鉄の電車に乗るときは降りる人を待たずに
乗り込んでくるので、車両の中央からは目的の駅には到底降りる事ができない。

市民のマナーの向上には、来年のオリンピックなどには到底間に合わないないだろう。
(私の予想ではあと1000年以上は必要ではないかと思う(笑)

地下鉄だけではない。

“タクシー”
雨の日にタクーシを待っていてやっと捕まえて後のドアを開けて乗ろうとしたら、
別なお客が助手席のドアを開けて乗り込んで行ってしまう。

タクシーに乗っていて目的地手前で手を上げている別なお客を見つけると止めて、
一緒に乗せて走る。これって相乗り?私の許可無しでなんで乗せるの?

“バス”
団子状態で二列なんてどう考えても出来っこない状態。我先と早い物順で乗り込むんでくるので、うっかりすると目的地で降りれない時がある。

“信号”
はっきり言って信号守っている人は1人もいない。
定年退職をしたおっちゃん達が旗をもって信号で指導しているが、
(真剣にやっていないので)
おチャンが横を向いているスキに赤信号でも渡ってもOKです。

まだまだあるがキリが無く書ききれないので辞めますが、
どうも中国人は並んで待つという事が苦手な民族のようです。

中国人は日本に行くと整然と並んでいる主観を見て“なんで並ぶの?”と驚くそうです。

しかし日本人は一夜漬けでマナーが習慣つけられたのではなく、
100年の歴史があることを中国人は知らない。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(10) | TB(0) | ▲ top
自転車に替わって自動車の時代
- 2007/03/10(Sat) -
私の愛車の自転車ですが、今はベランダの片隅でポツンと淋しく置かれています。

DSC00471.jpg


最近あまり乗らなくなった自転車ですが理由はあります。
北京の街は車の量が増えて、渋滞の中をぬって自転車で街中を走るのは
非常に危険な為に、最近はもっぱらバスを利用しているからです。

中国名物の自転車の洪水といった光景が北京では最近では、見かけなってきました。
スーパーに買い物に行ったり便利なところは沢山有るのですが、
経済の発展と共に、この5年間で自動車の保有量が450%増えており、
反対に自転車の利用者が年々減少しています。

自転車専用道路が渋滞で車で溢れて占領してしまい、
専用道路は駐車場になってしまっているところがあり、
どうも自転車に乗る者にとっては車に片隅に追いやられて
肩身の狭い思いをして走らなくてはなりません。

自転車の盗難も多く
年間400万台の自転車が盗まれてその損失は20億元だそうです。
専門の泥棒に狙われたら最後、一発で鎖を切り取り持ち去っていく職人技があります。
私も、前の2台は盗まれてこの自転車は泣く泣く購入したのが3台目です。
(当然鎖で繋いでおいたのですが)

意外ですが日本のように登録制度はありません。
盗られたら泣き寝入りするしかなく、、
警察に届けても100%見つかる事がないので誰も届ける事はしません。
今年の3月から登録制度を実施するということですが、
自転車大国にすれば遅いといった感じがします。

自転車にかわって自動車が増え続けていますが弊害が大きい。
まず環境汚染、エネルギー消費、コスト高、そして効率が悪く
また健康への害も大きいことです。



この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
- 2007/03/06(Tue) -
上海では企業ブームで20人に1人が社長といわれている。

さすがに政治のお膝元の北京は上海には及びません。
最も多かった企業分野は加工、製造、だそうで、世界の生産国ということが分かります。


その中でも安徽省に住む安振亜さんの職業はちょっと変わっている。
どう変わっているかというと・・・。
便器の中(便槽)でお金や携帯電話を集める仕事です。

事の始まりは、ある日彼は便所で携帯電話を落としてしまった。
そこでロープに磁石をつけて引き上げたところ貨幣も一緒に吸い付いてきた。

1元玉(約15円)や1角玉にはニッケルが含まれているために
磁石に吸い寄せられる性質がある。

そこで、お金になると考え、今では中国全土のトイレの中を毎日覗いて回っているそうだ。

今では彼の毎月の収入は約3000元(約5万円)で、多い時は
1日に900元(13500円)の収入を得られる時があるとう。

それにしても、人が嫌うトイレが“宝の山“とは知考えも付きませんでした。

これから、起業を考えている人はちょっと臭いかも知れませんが安振亜さん
の 爪の垢を煎じて飲むのも良いかも知れない。

この事業は日本では成功しません、何故なら水洗トイレが主流だからです。


この記事のURL | 中国ニュース | CM(12) | TB(0) | ▲ top
中国人の営業能力
- 2007/03/03(Sat) -
中国商人の基本は、“個人主義的実利主義”です。

日本人のように、仕事が終わった帰りにみんなで居酒屋に行って
一杯飲むといった、集団意識があまりありません。

『1人では龍、二人では猫、』といわれるように、集団では力を発揮しませんが、
1人、1人の営業マンの能力は天性の素質にあります。

市場などに買い物に行ったお店で、相手は商談で断られようが、
クレームをつけられようが、しつこく何らかの理由をつけて売ろうとします。

結局、彼らの熱気に圧倒されて、いらない物まで
ついつい買わされてしまった経験は誰でもあると思います。

彼らは何らかの成果を上げようと相手の欲しいものに関係なく、あれこれと
理由をつけて買わしてしまう説得力はたいしたものです。

日本では販売方法が違います。
買った商品にお客さんが納得して喜んでもらい、
後日、またそのお店に買い物に来てくれるというのが日本商法です。
中国商法は。
此処で買ってもらわないと他のお店に行ってしまうかも知れないので、
今、目の前にあるお客に買わすことが重要と考えます。

『転んでもただでは起きない』のが中国人です。
日本人もこのような優れた才能を見習うところがあります。

短所をあげると、創造力、開発力、そして耐久性にかけています。
しかし、開発能力がないといって安心してはいけません、
いまや日本を始め諸海外から新しい技術が沢山入ってきており、
品質の格差がなくなってきています。

彼らの営業能力と新しい技術が噛みあったときには、
日本にとって生産基地としか考えていなかった中国が牙をむき
脅威な存在となります。

この記事のURL | 中国ビジネス | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。