スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中国雇用事情
- 2006/08/31(Thu) -
世界の工場中国

低コスト生産国の中国だが、出稼ぎ動労者の人件費が上昇してきて人が
集まらなくなってきている。『世界の工場』としての低コスト生産を
誇っているが、その地位が危なくなってきている。

その一方では、大学生の急増で就職難も深刻で、
失業率も世界トップクラスというアンバランスな状況になっている。

原因は働く人の意識が変変わってきていることにある。
何年か前は農村部の貧しさから逃れようと都心部に職を求めて出稼ぎ
に来て、働く環境などよりもお金を稼ぐ事が優先だった。

しかし、内陸部の経済発展とともに出稼ぎに行く必要がなくなった
のと、安い賃金での雇用ばかりを考える企業にたいして、
より良い待遇を要求する農民との間でズレが出来てきている。

私が関係している工場もの工員が集まらず苦慮しており、
同業者同士で引抜合戦が行われている。
ひどい時はその場で現金を渡して自分の工場に連れて来るので賃金も
上昇する一方だ。

彼らの寮を覗いてみると、狭い部屋に三段ベットで最低6~8人は生活
をしているので、若い人たちのデイトは夜に公園に行って欲求処理を
するしか方法は無いのだ。
一人一畳のスペースも無く全員がベットの外に立つ事が出来ない。
私もマージャンなどに誘われて男部屋(女部屋は見たことが無い)
に行くことがあるが汚く、長時間はおりたくない環境だ。
企業側もこのようなところから改善をしていかないと、人は逃げてしまう。

大手商社は、ベトナム、インドに目を向け動き始めている所もある。
私の勤めていた商社は、中国の技術者を年内にベトナムに移動させる方針のようだ。


スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
親日派の運転手。
- 2006/08/29(Tue) -
昨夜乗ったタクシーは、偶然にも日本車のブルーバードだった。

日本車は世界を制覇しているので、中国のタクシーに採用されるのは
当たり前,・・・・と思うかもしれないが、北京のタクシーは、ほとんど
ワーゲンと韓国の現代が占めており、日本車は一台も採用されていない。
乗った車は個人タクシーだったからかも知れないが本当に嬉しかった。

前に、中国通の人に、「北京はどうして日本車を採用しないの?」
と尋ねたことがあった。
彼は、「政治的に考えると絶対にありえない」と答えた。
どういう意味なのか分からないが、今でも気になっている。

ODAの見返りを期待する事は間違っているかもしれないが、
汗水流した国民のお金を援助しているのは何のため?
せめて日本車をタクシーに採用するぐらいは良いのではないかと思う
のだが、現実は一台も採用されていないので気分が悪い。

日本車に乗ると気分が良く、少し酔いもありウトウトしていたところ、
運転手は、私が日本人と分かると盛んに私に話しかけてくる。

「北京に仕事出来ているのか・・」、
「この車は日本の車だけど性能は良いよ・・、」
「やっぱり日本の商品は一番だね・・・、」

そのつど後ろを振り返り話しかけてくる、
おいおい、話をするのは良いけど前を向いて運転してくれよ。

しかし、日本製品をほめてもらって悪い気がしない。
良いということが分かっていても言葉に出して言う人が少ないのだ、
どうやらこの運転手は親日派らしく盛んに日本製品をほめている。

日本車のタクシーに乗れただけでも嬉しく思っていたが、
親日派で、素直に自分の意見を言える人に出会い二度嬉しくなった。


この記事のURL | 日記 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
泥棒のど根性
- 2006/08/27(Sun) -
北京のユニークな泥棒

高層マンションの泥棒といい、
中国では一般人の常識範囲を超えた超人が多いようだ。

北京市内の瀛海鎮で600所帯の電話が11時間通じなくなった。
調べたところ、地上3メートルの高さにある
電話線が約1kmに渡って無くなっていた。
これまで電話線の盗難が多発していたが今回の被害が
もっとも大きかったという。

浙江省・杭州市では、銅像の盗難も多発している、
180センチの大型の銅像だがかなりの重さがあると思うのだが、
一夜にしてあとかたも無くなってしまった。転売目的と思われるが、
地元警察は懸賞金2万元をかけて犯人探しをしている。

中国では、銅の価格が高勝して高く売れるので
これら一連の事件が多発している。

歩道のマンホールの蓋もよく無くなっている。
誰かが持ち去って転売しているのだ、一夜にして
100個無くなったこともある。
地元の人が下まで落ちて大怪我をしている。

一昨年の夜、友人と話をしながら歩道を歩いていて突然!、
フタの無いマンホールに落ちてしまった。
幸い体半分で止まったため、かすり傷でしたので笑い話で済んだが、
海外で大怪我でもしていたら笑い話ではすまなかっただろう。

   20060827193217.jpg


、北京の街の歩道を歩く時は、必ずマンホールの蓋があるか
確認をしながら歩いてください。

電話線、銅像、マンホールの蓋、これらを盗もうと思えば
必ず人目についてしまうのだが・・・。大掛かりな作業なのに
手際よく持ち去ってしまう技術には感心してしまう。
    




この記事のURL | 中国ニュース | CM(14) | TB(0) | ▲ top
食料品が危ない
- 2006/08/26(Sat) -
いま食べ物が危ない

「タニシ」と言えば、昔日本でも食べていた。

中国では「福寿螺」とよばれており、田んぼなどで取れる貝のことで、
四川料理店などにいくとメニューにあります。

20060826152305.jpg


22日北京ではこの貝を食べた人87人が「寄生虫感染症」による、
頭痛や頚椎の痛みを訴え入院した。

この寄生虫は一個のタニシの中に何万匹の寄生が生息しており、
料理などで十分過熱していなかった場合は体の中に入り込み、
脊髄や脳までこの虫で犯されてしまうという。

販売は全面的に禁止となり、違反者には3万元の罰金罰金が科せられる。
中国での生活向上に従い、淡水魚類が養殖が盛んになっているが、
やはり水不足による、水による汚染が原因でこのような寄生虫が発生
すると言われている。

中国は、広い土地なので食料はだいじょうと思っているのは間違いで、水不足、災害や砂漠化、都市開発、生活水準水準向上により、あと何年もすれば食糧不足になるといわれている。


日本はお金で、エネルギーや食料品を買いあさっているが、
自国が食糧不足になるとだれも国外に輸出はしなくなる。

真剣に自給自足を考えないと、農薬基準がどうこうなどと言っていられなくなり、農薬たっぷりの汚染された野菜をどうか売ってくださいと頭を下げてお願いする日が来るかもしれない。


この記事のURL | 中国ニュース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
出会い系恋愛
- 2006/08/25(Fri) -
中国では、密かにインターネット恋愛が流行っているようです。

日本での出会い系のようなもので、相手を選んで気に入った相手が
見つかればメッセンジャーでお互い、趣味や色んな話しをして、
気が合えば発展して食事をしたりデイトをするようだ。


私の仕事関係の女性が、広州から友達が来るので安いホテルを
予約しなければならないといって、ネットで探していました。

理由を聞くと、ネットの出会い系で知り合った男性が合いに来るとの事でした。300元ぐらいのホテルを探し出して予約をしていたようです。

先日、その友達が北京に来るので彼女は空港に迎えに行きました。

しかし、良く分からないのは・・・・・、

自分もそのままホテルに泊まるらしい。
メッセンジャーで色々話しをしているとは言え、初対面の人です。

今年の6月に発表された調査結果によると
ネット恋愛61%が理解、結婚前の浮気の理解度37%、
これは中国の一般消費者からアンケートをとった結果です。
以外にネット恋愛が支持されていることが分かります。



中国では、職場以外での出会いの場所が少いと聞いていたが、
インターネットの出会い系を通して探す人がここまで多いのは意外でした。


それにしても、普段はエッチ系の話などをすると「イヤ~」などと
言って、顔を赤らめている様な女性ですが、初めて会う男性といきなり
一緒に泊まるとは、う~ん、進んでいるのか・・な?

この記事のURL | 日記 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
独り者の生活
- 2006/08/23(Wed) -
私のみじめな生活

昨日、食パンを買ってきた。

朝おきて食べようと思ったが、トースターが無いことに気が付いた。

そこで、コンロで焼く事を思いつき・・・やってみた。

結果、・・・・ご覧の通り、真っ黒に焦げてしまい・・・大失敗です。


            20060818172603.jpg



そこで・・・・・、チャレンジ精神旺盛の私は懲りずに、
フライパンにバターを入れて焼いてみる事にした。

バターを入れると焦げるがなんとか食べれる範囲になった。
卵を入ればきっとフレンチトーストになるのかもしれないな・・・、
と思いながら、1人淋しくコーヒーを飲みながらパンをかぶりつく。


日本で、もし、こんな事をしていて奥さんや子供達が見たら
きっと馬鹿にされているだろう、
家では料理など何もしたことが無かったのだから。

しかし、今は独り者で自由の身だ・。自由はたっぷりある・・・。
しかも、奥さんの小言も聞かずにすむだけでも儲けもの・・・。

淋しい部分を差し引いてもプラスの方が多いと
1人で強がりを言って自分を慰めている。


この記事のURL | 日記 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
表玄関は綺麗に
- 2006/08/23(Wed) -
河北省

北京から河北省の石家庄市まで車で3時間半。

河北省は、北京に比べると面積ははるかに広く、
北京と天津をグルッと取り囲んでいるのも珍しい。
人口は約4000万人、北京は約1400万人で約3倍だ。

20060821113344.jpg
(赤いところが北京、黄色が天津)



人々も隣近所の繋がりがあるらしく気軽の声を掛け合ったりしている。
北京とは違い人々も温かみがあり余裕のある感じが伝わってきそうです。

主要都市と違い、開発は進んでいないのでレンガで造った家や昔から
の街並みが沢山残っており、トウモロコシ畑や麦畑も永遠と続いている、
本当の中国を知ろうと思えばこのようなところに来るほうがよく分かるだろう。

20060821113417.jpg


途中買い物をしてお釣りをもらった、見ると相当使い古している。
絵柄なども擦り切れていて見えない、
本物のお金かどうか見分けが付かないぐらいだ。
一応お金なので手に取るが、他の物だったら汚く思い捨ててしまうだろう。
北京のような首都ではさすがにこのようなまずお札は見かけない。

こんなところにも中国の面子がある、「表玄関(首都)は綺麗に」に見せて,その他のところは適当にという魂胆が丸見えだ。

(上の写真は、北京で流通しているお札、下は河北省でもらったお釣り。)

20060823001450.jpg

この記事のURL | おかしな中国 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ある駐在員の話し
- 2006/08/21(Mon) -
3年前の話だが、ユニークな駐在員の話しです。

彼が派遣された1年目、私もよく一緒にカラオケスナックと飲み歩るいていた。

彼は、酒が飲めないのですが、女性が好きなこととみんなと一緒に
いてることにより、単身赴任の淋しさを紛らわせていました。

しかし、なぜか女性にもてます。日曜日に電話を入れると、いつも彼の部屋には女性がたえずおりました。どうしてそんなにモテるののか気になっていました。その秘密がついに明らかになる事件がありました。

ある日の夜中12時頃に彼から電話がかかってきました。
電話の向こうでは、ごーさん“殺される助けて欲しい”と悲惨な声で叫んでいます。最初は冗談と思いほっておいたのだが、電話を切っても何度もかかってくる。
そこで、理由を聞いてみると、今付き合っている女性に、他の女性にちょっかいを出している事がバレて、ボコボコに殴られていると言う事でした。

私はただ事ではないと思い急いで、でその場所に行くと・・・。
彼が真っ先に駆けつけてきて、「このまま連れて帰って欲し!」と言う。

相手の女性は少し離れたところに立っていたが、彼に近づき予告なし
に突如、足蹴りで一発ボディーにケリを入れた。彼はその場にうずくまってしまって声も出ない。

私はこれは冗談ではないと思い、彼をタクシーに乗せてホテルに
連れて帰ったが、数日間、彼は打撲傷で体を自由に動かされなかった。

注・・誤解のないように、彼の付き合った女性のことで、中国女性が全員このようなことはありませんので・・・。

彼のモテる原因は、どうやら誰も相手にしないような女性ばかりを選んでいたようだ。

彼の話によると、「ごーさん、女性にもてようと思えば、綺麗な女性は相手にするな」、「一番下の方から選べ」、そうすれば、付き合える確率はすごく高く効率良いと言っていたのを今でも覚えている。

彼の理論は一理あるのだが、私は女性にボコボコニされてまでモテようとは思わない。
しかし、彼のユニークな発想が憎めない。
この記事のURL | 日記 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
不思議な泥棒
- 2006/08/18(Fri) -
この広い中国ですので、色んな事件が発生します。
身近で、信じられないような事件がありました。

今日、友人から電話が掛かってきました。

友人・・「ごーさんの住んでいるマンションの別な棟に泥棒が入ったので気をつけてください。」
私・・・「えぇ~1階ですか?」
友人・・「違います18階です。」
私・・・「え?18階、ドアを合鍵で開けて入ったのですか?」
友人・・「違いますベランダをよじ登って
鍵の掛かっていない窓から入ったそうです」
私・・・「ウソでしょう?登れるわけがない。」
友人・・「本当です、玄関には警備員がいてるので登ってきたところから降りていったそうです。」
私・・・ 「・・・来た所から・・降りていった、ウソでしょう?」

写真は私の住んでいるマンションですが、18階と言えばかなりの
高さがあります。被害はパソコン、液晶テレビ、その他金目のもので
総金額は5万元(70万円ぐらい)だそうです。
登るだけでも大変なのに、降りる時これらの物品をどうして
運んだのか不思議だ。



                20060818171920.jpg



今日、一日気になっていたので盗んだ品物を運ぶ想像を
イラストに描いてみた。
こんな感じで背中に背負って降りたのかな?
どう考えても信じられない。



                20060819010155.jpg


いずれにしても、高いところに住んでいるからといって窓を
開けっぱなしにして安心していれない。
最近では、最新のドアの鍵でも、3分で簡単に開けてしまうそうだ。
こちらでは貧富の差が広がりこのような犯罪が頻繁に起きている
そうですので、用心に越した事はない。

この記事のURL | 日記 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
私の家族
- 2006/08/17(Thu) -
私の家族の「雪」を紹介します。

雪は男の子でしたが、今は養子に出して家にはおりません。
私は、1人暮らしで淋しいのでふっと思いつきで街頭で売っていた
子犬(生後一ヶ月)を見て衝動買いをしまったのが始まりです。


20060817223929.jpg



仕事に行っているときは、いつも雪が1人ぽっちで待っていてくれ、
私が帰ると喜んでいましたが、いつも留守をしていてくれたのですが、
可哀想になり、中国人の知り合いの家に養子に出す事になりました。

一緒に住んでいた期間は1ヶ月ぐらいです。

養子に出した知人宅の家に私が行くと、雪が真っ先に飛んできます。
日本語で教えた、お手、お座り、お預け等は忘れずに覚えていました。

今では彼は、食事の良いものを食べて丸々太っており、養子に出された
ことを大変喜んでいる様子です。

人間は1人では寂しいものですが、淋しいからと言って自分の状況も
考えずにペットを飼うのは人間のエゴだったと反省をしています。

リカはんのブログで可愛い小鳥のペットが紹介されています。
http://rika.itatei.gr.jp/diary/
見ていて可愛く思い、私が飼っていた「雪」のことを思い出しました。



この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
街頭の壁新聞
- 2006/08/17(Thu) -
街頭壁新聞

街を歩いているとよくこのような光景を見かけます。

日本での号外と似ていますが、今発売されている新聞です。
大まかなニュースなどは買わなくても、この壁新聞を読むだけで
内容は分かります。

その為、大きな事件があった時とか時間帯によっては、この反対側にも
張り出されているので、表と裏側には沢山の人垣ができあがり、
通行人の邪魔になることはしばしばあります。
しかし、みんなお構い無しです。
(ある人などは虫眼鏡持参できています。)

20060817005847.jpg


今回の小泉首相の靖国神社参拝も大きく取り上げられました。

中国人はこの壁新聞を読んで怒りを感じていたと思います。

政府の方は、前回の反日運動のとき騒ぎが大きくなり日中間にかなり
の経済的損失をだしました。
08年オリンピックを控えて国際的に非難を受けると困るので、
HPなどでデモどを規制するように呼びかけているのが効果が
でているのか、
日本大使館周辺で小規模なデモがあったくらいでした。

しかし、ネットなどの掲示板では日本製の電化製品や車その他の物は、
買わないようにと、「不買運動」を呼びかけています。

今後この影響がでる可能性があります。

そうなると日本の知名度のある会社が真っ先に被害を受ける事になりますが、
と同時にほとんどが合弁会社になっているので
関係している中国側も被害を受ける事になります。

今の日本と中国の関係は経済的にも、良きパートナーとしてやって
いかないとお互いが損失を受ける構造になってきている。
中国政府も今までのように簡単にデモを率先して行うような事は
出来にくくなるだろう。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
海外での孤独感
- 2006/08/15(Tue) -
海外での第一関門「孤独感」

初めて単身赴任で海外に出ると日本の環境や言葉の違いなどによって、
どうしてもストレスが溜まってしまう。
これらを克服できなけでば、仕事に影響をおよぼしてしまだろう。

信じられないかもしれないが60歳の人でもホームシックに
掛かってしまう事もある。
彼と一緒に飲みに行った時だが、突然「家に帰りたい」と泣き叫んだ。
慣れない中国土地で仕事と中国人になじめずよほどのストレスが
溜まっていたのだろうと思う。

彼はそれから2ヵ月後に日本に帰国する事になり、
二度と中国に返ってくることは無かった。

このように外国で滞在するには、自分なり気分転換を図らないと
なかなか難しく仕事は続けられません。

休みの日には観光に行くなどもその一つだが、正直一人で行っても
やはり孤独感が襲ってくるので面白くも楽しくもない。

夜は夜で、孤独感がいっそう高まってくる。
日本の家では、うるさい奥さんがうっとうしいとさえ思っていたのが、
いざ1人になってみるとなんともいえない淋しさが我慢できなくなる。
人間は1人では生きられない動物のようだ。

海外に出て第一関門は、この「孤独感」を克服することだ。


この記事のURL | 日記 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
車に乗るのが怖い
- 2006/08/15(Tue) -
昨日、北京周辺の工場に行った帰りのことである

道路ががすごく混んで渋滞をしている、最近は工事が多く人の迷惑を
考えずに平気で車を止めるのが中国のやり方だ。

車が少ししか動かないのに横から平気で割り込んでくる、
割り込みは早いもの勝ちで車の頭を相手の前に強引に突っ込めば
「割り込み成立」・・・・・・・。誰も文句は言わない。
そんなんで、なかなか前に進む事が出来ない。
クラックションがあちこちで響き渡っている。

やっと渋滞の原因のところにたどり着くと・・、

工事ではなく事故だ。

軽自動車が出会い頭にトラックに突っ込まれたらしい。
交通事故は、このブログでも何度か紹介しているが、
こちらの事故は中途半端ではないところが怖いところだ。
写真の軽自動車は元の型は無くスクラップになっている。

20060815011631.jpg



交通整理などを行う交通警察は少なく、およそ100万キロメートル
の道路に10数人しかいないが現状だそうだ。


下の写真は、交通事故ではないが、高速道路を走っていて突然前の車
の荷台が燃え出した。燃え尽きるまで高速道上でストップさせられた。
原因は分からないが、車からのタバコの投げ捨てかもし知れない。
日本では考えられないような事故が毎日起きている。


kaji1.jpg


他にも、ブログでは見せられないような事故が沢山発生している。

中国では移動手段に車は無くてはならないので、ほとんど毎日乗っている。
今まで、交通事故にあっていないのが奇跡ではないかと思っている。


この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
人生のドラマ
- 2006/08/12(Sat) -
人生色々です。

私の知り合いの女性が最近結婚をしました。

相手の男性は日本人です。
女性は日本人好みのする綺麗な人で、なかなかお似合いのカップル。

先週、披露宴を北京市内のレストランで盛大の行なわれました。
男性は彼女の為に北京にマンションを買い、仕事は日本なのでこれからは
通い夫となります。

結婚前も1ヶ月に一度、会いにきていたので、これからも同じような
ローテーションで変則的な結婚生活が始まります。

最近ではこのように仕事で中国に来て中国女性と知り合い、
付き合ったり結婚するケースが増えてきました。

彼もそのうちの1人です、日本に帰国した後結婚に踏み切りました。
日本では奥さんも子供もおりましたが、離婚をしての結婚です。

すごいパワーだなと感心しています。

ところで、単身赴任は、自分の人生観を180度変えてしまうものがあります。

日本での仕事に追われた忙しい時間の中での生活はごく当たり前の事と思っていたことが、独りになると今までの人生を振り返って考える時があります。そして「結婚とはなんだろう」・・とか。

離婚までして二人の結婚に対しては両賛否の意見があると思いますが、
私は、一度だけの自分の人生ですので、このような生き方も良いので
はないかと「祝福」をしたいと思います。


この記事のURL | 日記 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
豚足
- 2006/08/10(Thu) -
豚足というとグロテスクな形をしていますが、
食べると結構美味しく今では癖になり私の大好物になっています。

20060810174938.jpg


大阪では豚足をメニューにおいているお店は少なかったので、
あまり食べる事が出来ませんでしたが、
中国ではスパーなどに行くと売っているので手軽に食べる事ができます。

一見油濃いのではと思っているかもしれませんが、そうでもありませんが、もし油濃いと思ったら酢をつけて食べてください、
あっさりとした味で食べれことが出来ます。

この豚足は、特に女性の方にはお勧めです。
コラーゲンたっぷりで、美容と健康によく骨密度が上昇します。
豚足1本食べると腹持ちもよくダイエットにも良いかもしれません。

豚足の他に鼻、耳もありますが、形のまま並べていますので、
本当に見た目は悪いですが、慣れれば大丈夫です。

私も最近たくさん食べているのでもしかしたら、お肌がコラーゲン
たっぷりで少しは綺麗になっている・?かもしれません。



この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
今日のテレビニュースで考える事
- 2006/08/09(Wed) -
今日のテレビニュースを見ていると、
小泉首相の靖国神社参拝を特集を組んで報道していた。

どうやら、「今期最後なので公約通り8月15日靖国神社参拝する」
という小泉首相の発言を受けて敏感に反応しての報道だろうと。

私的には、賛成とも反対ともいえないが、国民のために戦争で
亡くなっていた方々のご冥福と敬意を評します。

しかし、“公約”だと言う理由だけで靖国神社参拝はして国民が納得
できない、今まで築いてきた、中国、韓国、台湾などの隣国との関係
が悪化して、民間企業がまた昨年の反日運動のように損害を被るのは、
目に見えている、

小泉首相がそれらのマイナス部分が分かって参拝を強行するには、
それらの犠牲以上にプラス分があると言う事を、国民に対して
納得できる理由をハッキリ説明する義務があります。

そして、私達が納得すれば外国からなんと言われても、
このような理由があるから私達のボスが参拝しているのですだから、
“内政干渉”はしないでくださいと堂々といえますが、
公約だからでは、何も反論する事が出来ない。

戦争で亡くなった方々を慰霊すると言う理由であれば、国が主催して
毎年行われている“戦没者追悼式”もあるのにどうして靖国神社
こだわるのだろうかとも考える。

いずれにしても、今まで無能な政治家がこのような問題を先送りして
きたツケが問題を難しくしており、最終的に一番損害を被っている
のは、国民であり海外企業や苦労をして働いている日本人達です。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ビールの話し
- 2006/08/09(Wed) -
中国では、ビールは水より安いのです。

スーパーで買うと、瓶ビール1本600miが1,5元(約21円)水は2元します。
私は喉が渇くといつもビールを飲んでいます。

日本のビールメーカーも、サントリー、サッポロ、キリン、アサヒと
中国市場に進出して日本人の間でも人気があります。

ところで、日本でのビールメーカーはせいぜい4社ですが、
中国では、各省ごとにビールの銘柄があり、
95年のビール企業は実の800社だったそうですが、
企業の再編成などにより減り、
それでも現在は330社あります。

そして世界最大のビール生産と販売の地位を維持しています。

昨年は、人体に有害な化学物質“ホルムアルデヒド”が含まれている
と報道されて大騒ぎになったことがあります。
大手メカーはそのような物質を使っていないということで一件落着しました。

しかし330社の内、小規模なビールメーカーが88,5%も乱立しており、
技術レベルが低く、品質にも問題があるそうですので、
地方に行って銘柄の分からない物は避けたほうがよさそうです。

北京で代表的なビールは、燕京ビールと北京ビールですがどちらかと
いうと燕京ビールの方が好まれて飲まれているようです。
山東省の青島(チンタオ)ビールも有名です。

出張などで中国にこられた時は、各地の特産のビールを
飲み比べてみるのも楽しいかもしれません。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
マグロのトロを食べた~い。
- 2006/08/08(Tue) -
夏は、やっぱり冷えたビールを一口“ゴックン”・・
喉を通って胃の中までに行く快感・・幸せを感じます。


そこで、ビールのつまみに新鮮な刺身が食べたくなる。

そう話していたら、土曜日、日本の友人がを市場の友人に頼んで
“マグロのトロ身”の一番良いところを、わざわざ持ってきてくれた、

感激!!!

彼の泊まっているホテルに取りに行くと・・・、

冷凍が解けてしまっていた・・・。

友人「こんなのを食べて腹を壊したらダメだから捨てる」
私「え~もったいない、お願いだから腹を壊しても良いから食べさせて・」
しばらくこんなやりとりをしたが、残念ながら食べる事は断念して
全部捨ててしまった。(涙)

日本でもそう食べる事が出来ない目の前の“大トロ”を眺めるだけで
食べれないのは本当につらい・悲しい・友人には感謝感激ですが、
ひどい・・天国と地獄の差がある。

あぁ~“ビール”に“大トロ”食べた~い。
この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
海水浴
- 2006/08/06(Sun) -
北京の気温は35度、湿気があってむし暑いです・・。

そこで人々が生活にも余裕ができ休日になると避暑地を求めて出かけます。

先週の日曜日ですが青島の第一海水浴場に15万人が詰め掛けました。

なりよりも驚くのはこの人・人・人で混雑しています。
見ているだけで暑苦しそうです。

kaisuiyoku.jpg


私も、今年の7月の始め頃に北京周辺の水浴に行きましたが、
時期が早かったのか、海水浴場も空いており人もまばらでした。

私の興味は女性の水着ファッションでしたので気をつけて見ていました。
予想に反してビキニファッションは見かけず全員ワンピースでした。

その中で、かろうじてツピース水着の女性を見つけ思わず写真にパチリ!!

P7060090.jpg


この記事のURL | 日記 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
UFOの存在
- 2006/08/04(Fri) -
北京の郊外を夕暮れ時に車で走っていると
綺麗な夕日を見ることができます。

その日の雲の状態で色んな違った形の風景が展開され、
仕事帰りなどは今日はどんな夕日が見れるのかと楽しみにしています。

                 20060804115753.jpg


この風景を見ていると心が童心に返ったような気分になります。
UFOなどの未確認飛行物体が飛んできそうです。
世界各地でUFOを見たという情報が新聞に写真など載っているが、
この広大な中国だからどこかに絶対UFOが存在していると
想像していました。


そんな折、ネットを見ていると7月27日、UFOを見たという
情報が載っていました。
しかも夕暮れ時、私が想像していた風景とピッタリです。
親子連れで車で走っている途中、夕日が綺麗なので車を止めて
眺めていると突然UFOが現れたそうです。

20060804120331.jpg


私は子供の頃にUFOと遭遇したことがあるので存在は信じる派です。

仕事などでストレスがたまって気持ちの余裕のないときなどは、
子供の頃に返ったような楽しい想像などをすると気分が晴れ、
気持ち的に余裕ができます。

この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
表と裏
- 2006/08/03(Thu) -
表玄関と中身。

私の住んでいるマンションお湯が出ないんです。
全館共有になっていますので多分ボイラーの故障と思います。

今日で3日目です、2日間シャワーを使っていませんでしたので、
今日は夏とはいえ水シャワーは寒いのですが我慢をして使いました。
その間、できるだけ女の子に近づかないように気を使ってきました。

私の住んでいるマンションの部屋から撮った写真です。
中に公園があり環境もよく入り口には警備員がおり、
許可書がないと中に入れませんのでなかなか良いマンションです。

20060731145640.jpg


ところが、見かけと中身は大違いです。
このマンションは築4年で、私はもう3年間住んでいますが欠陥だらけです。
最初に引越しをした3日後・・・停電でした。懐中電灯もなく真っ暗な
一夜を不安に過ごしました。

エレベーターは3基あります。
先月乗ったとき突如1階分ぐらい落ちました、同乗していたロシア人
の綺麗なお嬢さんも悲鳴を上げました。抱きしめて「大丈夫だよ」
といってやりたかったのですが、私も恐怖のあまり呆然としていて
それどころではありません。(このエレベーター一応日本製なんですが。)

結局、全エレベーターを止めて点検修理に入り、動いたのは次の朝でした。
私は11階に住んでいます、普段運動不足ですが、この時ばかりは
強制的に階段を上り下りさせられました。

まだまだあります。
部屋の壁にヒビが入ってきた。炊事場の引き出しと戸棚のドアが壊れた
(今も修理が出来ていない)シャワーの取っ手が外れた。換気扇が回らなくなった。
数え上げたら切が無くあちこち障害がでています。

日本でしたら欠陥マンションで新聞に大きく取り上げられ大騒ぎになっています。
ところが、ここ中国では人々はどこでも日常的に起っている出来事だから
「あぁ・・またか」といって何も気に止める様子はありません。

表玄関だけを見ると本当良いマンションで良い国です。
しかし表と中身のバランスが取れていないのが欠点なんです。


この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。