スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
簡単ではない、中国ビジネス。
- 2006/05/31(Wed) -
中国ビジネスとは

商社を辞めて、一年半が経ちました。
北京は、06年のオリンピックに向けて都市開発が進み、街並が4年半前とくらべて変貌を遂げています。

私もその間、この波に乗って中国ビジネスで成功させようとしてやってきました。
しかし現実は甘くありません、日本人と中国人との考え方の違い、ビジネスの方法。
すべて、違っているのです。まして私は通訳を通じて話すので、こちらの真意がうまく
伝わらないので、仕事もうまくいかない・・・。
失敗は自慢できるほど、山ほどあります。
挫折もしました・・・、お金もたくさん使いました。
もう、日本に帰った方がいいのかなと、考えたこともあります。

資金は、当初1千万で日本での会社設立。
その内、日本での美容店500万円掛けて開業。
残りは、中国ビジネスの資金ですが、物価がやすい中国でも、あっという間に無くなります。

やはり、資本力がある企業は強いのですが、
私のような、ちっぽけな人間がどこまでやれるのか・・・・・。




スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ビジネス | CM(5) | TB(0) | ▲ top
合弁会社
- 2006/05/31(Wed) -
私が、仕事の拠点を北京を選んだ理由

どうして、北京を選んだのかと、GENKI SHOP主人さんや
友達からもよく言われます。
確かにビジネスとしては、北京よりは上海のほうがずっと有利です。

会社を1年前に辞めて独立したわけですが、
確かに大半の企業が上海に集中しており、潤っています。
北京地区は、どちらかというとローカルイメージが強く、
北京ではなかなか受注を取ることができずに悩みました。

そんな地区をなぜ選んだのかというと、理由は簡単で単純です。
会社から派遣されて、3年間北京に駐在をしたあと退職をして、
日本で会社設立、北京の人脈を使って、試行錯誤しながらやってきたわけですが・・・・・・・・・・、
考えが甘かったのです。

会社が商社でしたので、仕事が簡単に取れると考えていたのが間違いです。
北京で始めた事業は簡単に上海に移すことはできずに今に至るわけです。

しかし、そうしているうちに気がついたら逆風が吹いていました。
人民元の上昇や、上海周辺での賃金UPなどによ加えて、
生産加工費が上昇しているため
各企業が北の方に注目をし始めたのです。

北方面は、特に北京、河北省、天津など、私にとって得意な地区ですので
有利な展開になってきました。
今回、それらを見越して会社設立を決断し、自分的には、勝算がありと思っているのですが・・・・、
実際は先のことは、私にもわかりません。

【考えるよりも実行のみ】・・です。

この記事のURL | 中国ビジネス | CM(6) | TB(0) | ▲ top
合弁会社をつくる
- 2006/05/28(Sun) -
中国での会社設立

商社から独立して1年半、中国で試行錯誤しながらやってきました。
当初より、日本人単独は無理なことは分かっていたことで、パートナー探しに重点を置きました。

ところが、このパートナー選びが難しく、今まで何度か失敗を繰り返してきました。
その間、昨年はスナック店を開業したのですが、本業の衣料品に関しては、なかなか、良いパートナーが見つから無かったのだが、やっと会社設立を合弁でする相手が見つかり、昨日、契約を交わしました。しかし、問題はこれから沢山あります。今は双方の利害関係が一致したにすぎないからです。物の考え方、価値観の違いがどこまでお互いに理解しあっていけるのかが心配です。

中国においては、会社組織より各個人の利益を第一に考えます。
お世話になったとか、義理人情の世界は通用しません、
一番大事に思っているのは、自分と家族や親類です。
少しでも賃金の高いところがあれば、簡単に会社を辞めてしまいます。
義理人情は通用しない。

このように日本の考え方とは違い、物事を割り切って考えるところがあるので、
今後どのような展開になるのか予測はつきませんが、考えるよりは「実行あるのみ」で前に進むことにします。今は、事務所探しをおこなっていますが、会社名もまだ決まっていません、昨日の契約は、双方の会社設立にむけての確認のようなもので、細かい内容の物ではありません。
これからの、進行状態をこのブログで紹介して行きたいと思っています。

この記事のURL | 中国ビジネス | CM(15) | TB(0) | ▲ top
門の前の馬さん
- 2006/05/24(Wed) -
彼の名前は、馬さんと言います。
彼はよほどの雨や嵐がないかぎり、
私の住んでいるマンションの門の前に立って、偽物DVDを売っています。

DVD.jpg


偽物といっても、無断コピーですがちゃんと再生してみることができ何よりも
7元で新しい映画が見れるので、結構マンション住人に人気がありよく売れているようです。

少しぐらいの雨や嵐には負けないのですが、怖い物があります。
警察の車が近くに来ると手際よくDVDの入っている箱を胸に抱きどっかに消え去ります


しばらくすると又、どこからかポツンと現れて店開きをしています。

彼はこの仕事が本業で、家族を養っていっていますので、警察に捕まると偽物DVDは没収されてしまい、明日からは仕事がなくなり生活に困るので捕まるわけには行きません。

私が仕事から帰ると、必ず“ニイハオ”と声を掛けてきます。

馬さん:「今日は新しいDVDが入っているよ」

私  :「んん・・おしん・・ですか?」

馬さん:「そう、今テレビ放映をしていて人気のあるドラマです。」

私  :「馬さん、それは日本で23年前に放映したものですよ。」

実は、中国では最近まで再放送をしていましたが、今週に終わりました。
馬さんは、23年前は多分家にはテレビはなく、見ることができなかったので知らなかったのだろう。


この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
太極拳
- 2006/05/23(Tue) -
朝早く公園を散歩するとよく“太極拳”をやっているのを見かけます。

見た感じは、ゆっくりと無理なく動いているようですが、

実は見るとやるとは大違い、結構きついんです、

私は普段北京に着てからは運動をしていないので、少し習っているのですが、

5分間もやっているとあちこちが痛く、筋肉痛になります。


20060518014223.jpg


太極拳は、清朝初期(17世紀中頃)、不老長寿の仙人が若さを保つため行ったと言われています。

意識と呼吸と動作を結合させたもので、気功と同じ効用があり、

新陳代謝 が活発化して、若返る。姿勢が良くなる。

足の筋肉が鍛えられ、捻挫したり、転倒しにくくなるらしいです。


健康のために大変良いので、この太極拳はお勧めですので

皆さんもぜひ体験してみてください!!!

この記事のURL | 日記 | CM(8) | TB(1) | ▲ top
北京タイガース
- 2006/05/21(Sun) -
阪神タイガースの応援ユニホーム、北京で見つけました!

何気なく入った、店の片隅に置いてあったのですが、多分店の人も意味も分からず置いていたのだろう、その内まったく売れない事に気がつき。(当たり前です、北京で阪神タイガースを知っている人は砂の中の針を探すような物です)特価品になっていました。
偽物を作っても北京では売れる確率は0%に近いので、本物だろうと思う。

という訳で、値段は18元でゲットしました。

20060521025917.jpg
           工場のB品の流れの可能性が強い。



日本のプロ野球は、開幕当時は巨人の独走かと思われたが、
阪神タイガースと中日ドラゴンズが期待通り追いつき、
ペナントレースが面白くなってきたようです。

ところで、一般的にあまり話題にはなりませんが、
中国にもプロ野球があります。2002年にスタートをして、
現在は、北京タイガース(北京猛虎)、広東レオパーズ(広東〓豹)、天津ライオンズ(天津雄獅)、上海ゴールデンイーグルス(上海金鷹)、四川ドラゴンズ(四川蛟龍)、中国ホープスターズ(希望之星)の6球団による1リーグ制が敷かれています。
その中で、05年は、タイガースとライオンズの上位2チームによるチャンピオンシップが行われ、
北京タイガースが3戦全勝で3年連続の優勝を果たしています。

中国でのスポーツは、サッカーが人気が先行しており、野球に関してはあまり話題にも上らないが、08年度のオリンピックを境に注目され出すのではないかと思っている。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ゲートボール世界一の国
- 2006/05/19(Fri) -

 「ゲートボール」 

私の住んでるマンションの公園でお年寄りが定期的に行っています。

            20060519140546.jpg


このゲートボールの発祥地、意外と知られていないが、実は「北海道芽室町」で生まれています。戦後パン工場を経営していた鈴木和伸氏の考案でできたそうです。
今では日本全国はもちるんですが、世界31各国にひろがっています。

中国ではあまり見かけないので、まだ普及していない・・、と思って
ゲートボール人口を調べてみると以外でした。
日本200万人に対して、中国500万人と世界で一番普及している国でした。



                  

この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
天ぷら料理に初挑戦
- 2006/05/17(Wed) -
天ぷら料理に生まれて初めて挑戦しました。

記念すべき日になりそうなので、ブログに紹介しょうと思い、
携帯カメラを首にぶら下げて写真を撮ることにした。
日本で買ってきた、「天ぷら名人」というパン粉があるので、簡単にできそうだ。

そこで、足らない材料はイトーヨーカ堂で、エビ、貝、かしわ、竹の子、山芋、野菜を
買って準備はOKです。

作り方を紹介しますが、出来上がりは保障できませんので、
決して、私の真似をしないようにしてください。

1)パン粉を適当に水で溶いて、適当にこねる・・・。
2)エビは皮むき済みの冷凍ですので、電子レンジで解凍する。
3)竹の子は、お湯で適当にゆがく。
4)かしわ は適当な大きさに切る。

全部適当ですが、「適当」というところが「ミソ」です。
これで下ごしらえは完了。

1.jpg


先ほど水で適当にこねたパン粉の中に具を全部放り込んでかき混ぜた物を、
フライパンの中の油が適当な温度に
なったところに、放り込んで小麦色になれば出来上がり。

2.jpg



温度が上がりすぎると油が跳ねて危険です、
(後で気がついたが、手と足と腹にやけどを負っていました)
反対に温度が低いと、パリパリ感がなくなりますので、そこは適当に温度調整をしてください。

悪戦苦闘しながら、いよいよ終盤・・と思った瞬間・・・。

ハプニングが起きました

揚げ上がり確かめる為、箸で突付いたところ
フライパンが、コンロから滑り落ちてしまった。
床に大半の油が流れてしまい、フライパンの中の油はほとんど残っていません。

3.jpg


幸い、体にはかからなかったのは不幸中の幸いです。

床一面にこぼれている油を水では拭き取ることは不可能です。
この様な場合は、まず食器洗いの洗剤を床に思い切りまいて、中和させる、
なんとか表面上はごまかす事はできますが、欠点は何度拭いた後も、
床を歩くとペタペタと足跡がつきます。

結局、掃除に1時間以上かかり、食事にありついたときは夜の11時を回っており、
食欲減退。肝心の天ぷらの味?・・報告します。

竹の子は、固くて食べれない。「かしわ」は中まで火が通っていない。
「山芋」は揚げすぎてシャリ感がない。

やはり、知識がないまま適当に作るのは無謀でした!!


この記事のURL | 日記 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
北京で木の風呂桶発見した。
- 2006/05/16(Tue) -
「木の風呂桶」を発見しました!!!。
誰が買うの???と思うが、
需要があるから置いているのだろう。

実はこの風呂桶、「女人街」の隣の花市場で売っていました。
私の住んでいるマンションには、バスタブがなくいつもシャワーを使っている。
このような、木の風呂には入れたら気持ちがいいのではないか、
日本人は、やっぱりお湯に浸かって一日の疲れを落としたいと思うものだ。
そこで、値段を聞いてみると、2,200元・・、木で出来ていて手作りなので値段はこんなものかな。
しかし、よく考えてみれば、マンションを出るときや引越しなどのとき風呂桶を担いで行けないので、
買うのをやめることにしました。

20060515092702.jpg




この市場は、鉢花、切り花など新鮮なたくさんの種類を揃えており、
市内で買うよりはかなり安い。
香港にもおなじ名前の市場があり、観光客もよく行っているが、
北京は、どちらかと言うと観光客はなく地元の女性が利用している。
写真の花も珍しく「猪岌草」といって、ハエや虫などを食べるそうだ。

20060515092643.jpg



この植木(上)、値段は、430元、
結構気に入ったので値段交渉をする。
結局、粘って280元でゲットしました。

20060515092728.jpg

この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
白タクと輪タク
- 2006/05/13(Sat) -
上海のタクシー料金が値上げ

6月1日より実施されるそうだ
値上げ巾は約6.7%と意外に小さく、市民への影響は少ないと言われている

北京では、タクシーまだ実施されていないが、1メーター1.6元が
消えてなくなり、2.0元タクシーが主流になるとそうだ。

まあ、10年間も据え置きだったのだから仕方がないだろう。
それに値上げによってタクシー関係以外に喜んでいる人は<白タク」と「三輪タク」だ。

白タクは営業許可はない、空港などに行くと“うるさい”ぐらい付きまとってくる。
空港から北京市内の新橋ホテルまでは通常100元以内のものだが、
400元もボッタクられた人もおり、イメージは、“悪役”と言ったところだろう・・。
しかし、以外と市民にはよく利用されていて、朝の8時、9時と
いった時間帯や雨降りなどのときは、タクシーがほとんど捕まらない。
このときは“白タク”の稼ぎどきになっている。

私も何度も利用しているが、普通タクシーより安くはなく、
通常料金の5割り増しを要求してくる、そんな時は当然値段交渉するが、
それでも、一般タクシー料金と同じ値段になる。
(多分、一般市民は外国人よりは安くのっていると思う)

輪タクは、営業許可を持っている。
“歩くには遠く”、“タクシーでは中途半端”な距離の時には、この「輪タク」を選んでしまう。
私の友人もよく利用しており、料金は交渉しだいだ、一般的にはタクシー料金で10元(ワンメーター)のところ4元でいくので、市民には重宝されているが、外国人には、あまりお勧めはできない。

☆信号のないところを平気で横断する
☆反対車線を平気で走る
☆狭い車の間を無理やり走る
☆急な坂道になると車から降りて“輪タク”を「後ろから押せという」
☆クッションが悪く、お尻が痛い、疲れる
☆危なっかしくて、体の力が入り筋肉痛になる

欠点だらけの「輪タク」だが、私は結構気に入って利用している。

この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
「没問題」の言葉には注意
- 2006/05/11(Thu) -
中国ビジネスの商談で「このような商品ができるか」と質問すると、
彼らは必ず「没問題」・・(問題はない)と答えるケースが多い。

この言葉を聞くとつい「安心」してしまうのである、
ところが今まで、うかつにこの言葉を鵜呑みにして後悔したことは数え切れない。

今は、インターネットショッピングで簡単に物を買ったり、
製品の発注をすることができるが、中国ネットショッピングに
まつわるトラブルが頻発しており、05年に中国消費者協会に
寄せられたネットショッピング関連の苦情は前年比で
96.3%増の7189件で最多となった。

実際、買う側は相手の「言葉」だけを信用するしかない、
顔を見ることもなく「没問題」を連発されると日本人はすぐに信用してしまう。

私の日本の友達も、ネットショッピングで中国から漢方薬を発注して
届いたのは、注文と違った関係のない品物だ。

苦情のメールを入れても無しのつぶて、電話をすると
「あぁ,その商品は没有」の一言。
代金は先に振り込んでいるので、結局泣き寝入りに終わってしまった

やはり、お金は掛かるが商品を発注する場合は、現場まで足を運んで
実際に確認をするか、物を作る場合は工場を視察して管理されて
いるかどうかの確認を行い、実際にサンプルなどをやらせてみて、
判断するほうが、利益につながる!

くれぐれも「没問題」の言葉を鵜呑みにしないように。
この記事のURL | 中国ニュース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
謝らない中国人
- 2006/05/09(Tue) -
中国紡績報の報道によると、ルイビトンなど世界的に有名ブランド5社が、
北京秀水市場の偽ブランドに対して訴訟を起こしていたいたらしい。

4月18日最終審判を下した結果は、
偽物ブランドを販売していた店舗と北京秀水市街服装市場有限公司は、
原告の5社に対して各2万元、合計10万元を支払う判決が出た。

この判決に対して、秀水市場はこの判決が成立すれば、中国全土の
関係企業が被害をこうむるとして上告したそうです。

この記事を見て、エッなんで、普通だったら「すみません」でしょう。
偽物を販売して相手に莫大な損害を与えているという意識より
自分たちの利益を優先に考えるところは、さすがに中国らしい


私は休みに間、秀水市場にカメラのXDメモリーカードを買いにいった。
500MB、日本で買うと6000円もすると思うのだが200元で手に入り、
しかも純正の日本製のマークが入っている。
多分、100%コピー物だろうと思うが見分けることができない、
正常に保存や再生もできて支障は何一つなく重宝している。

ちなみに、中国製が世界の偽物の34%(0年度調べ)も占めているそうだ。

今後の偽物取り締りの成り行きが注目されている。
この記事のURL | おかしな中国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自慢話が大好きな中国
- 2006/05/08(Mon) -
長い退屈な連休明けた。

仕事を終えて運転手の楊さんと家に帰る車の中、
楊さんが、私の話しかけに答えてくれない・・・・、
何か雰囲気がおかしい?


しばらく走ってから重い口を開いた、

「私、罰金です」と小さな声でつぶやいた。

私・・・・「は?・・・何の、罰金?」
楊さん・・「今日、交通違反の通知が2つきました、
罰金400元です。」

1件目は、4月1日、信号で止まっていたところ、
「青」になる前に発信したのを、
写真に撮られたのだというが、本人は覚えがない。
それに、信号での違反写真撮影は聞いたことがない?

もう一件は、2月10日に高速道路で
スピードオーバーで、写真を取られたのだという。

なんで3ヶ月もたった今頃?と思うのだが・・・・、
罰金は信号無視200元、スピード違反200元
の合計400元を違反金として収めなければならない。

ちなみに運転手の楊さんの1ヶ月の給料は
1200元で、奥さんと子供に、毎月仕送りをしているので
400元はかなりきつい金額だ。

私・・・・・「楊さん、大丈夫私がそのお金を上げますから、
元気を出してください。」
楊さん・・・「いえ、そんなつもりで話したのではないので、
一ヶ月ご飯を食べなければやっていけます。」
私「食事抜き・・・?」
楊さん「ハハ・・(笑)・・ハイ、そうです食事抜きです、」

結局、400元私が払ってやることになったが、

どうも話しが、日本の事情と違って納得できないところがある、
もしかして運転手の楊さんの思惑通りに話が進んだのかな?


中国新聞によると
05年における交通違反者数は、前年よりも9.0%増えて
2.23億人

処罰を受けた人数も10.2%増えて1.71億人に達した。
そのうち、スピード違反が1239万件、過積載が197万件だそうだ。

交通死亡事故件数も、世界の15%を1人占めで不名誉なトップだ。
400年の歴史の自慢話は、世界に通用するが、
不名誉なことは、自慢にはならない。


この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
五一(労働節メーデー) の出来事
- 2006/05/07(Sun) -

大型連休、結婚式が集中する季節だ、

上海では前年度より3割り増しの3万組が挙式を上げるそうだ。

披露宴の出席者は延べ300万人ご祝儀が500元~100元が相場。
ご祝儀総額15億円~30億元。

ところで最近では、花嫁衣裳ウエディングドレスが主流になっている。
本来は「白」は喪服などで使われるために、
「赤」が主流だったのが、時代の流れでやはりウエディングドレスに憧れるのだろう。
純白な気持ちであなたに尽くします・・・、
いつの日だったか、遠い昔・私もそう誓った・気がする?。

今日退屈しのぎの買い物の途中、
結婚式の披露宴のお開きに出くわした。

かなり酔っ払っている様子の花婿が、花嫁に抱きかかえられて なにやらわめいている。
参列者全員にお酌をして回って、そうとう飲まされたのだろう。

私の目の前に来て、突然花婿が花嫁の顔に平手で一発「パンチ」を食らわした。
そばにいた参列者があわてて止めに入る、なにやら大声でわめいて暴れている。
叫んでいる言葉の意味は、私にはよく意味が理解できなかった。

本当に驚きました、結婚式当日親類の集まっている前で花嫁を殴るのは、
よほどのことと思うが、この先この夫婦どうなるのでしょうか、
気になるところですが、「ドラマ」ではないので結末は分かりません。
夫婦喧嘩「最短記録」を目撃してしまいました。

新婚さん夫婦喧嘩は二人きりの時にしましょう・・。
挙式をあげられる皆さん、いつまでも変わらない気持ちでお幸せに。


この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
暇つぶしの買い物
- 2006/05/04(Thu) -
この連休、朝から部屋で一人DVDを観ているのも空しくなってきた。
そこで“東郊市場”に日本人の友達と買い物に行くことになった。

この場所は、現代SOHOの近くにある市場で、お茶や海産物などを売っていて衣料品なども安く買えるところで、休みのせいもあって、どこから溢れ出して来るのだろうかと思うほど、人の波でごった
返しており、活気のあるところだ。

「東郊市場」
V6010042.jpg


両端の店では、靴や衣料品、釣具、あらゆるものが安く売られており、暇つぶしに掘り出し物を買うにはもってこいの場所だ。
このジーパンは、10元(約130円)寸法が合えばお超買い得!!その他の衣料品も安く売られている。ただ注意をしたいのは工場からB品として買っているらしく、汚れや傷などがあるため買う前には商品をよく確認をしてから買ったほうがいい。
商品によっては、ネームをわざわざ取り外しているものもあるが、洗濯マークにはブランドが表記しているので、本物の可能性は高い。

V6010056.jpg


この出店は、甘栗、ピーナツ、瓜子(ヒマワリの種)を売っている。
山盛りにしている商品を味見でつまんで食べるのは、OKです。

V6010044.jpg


瓜子を5元で買うと一人では食べ切れません、
この「ヒマワリの種」は、なれないとうまく食べることができません。
私が、北京に来た頃は職場の人間がポケットからでしてボリボリ食べていたのを、一掴み私にくれてうまく食べれずそっと捨ててしまったことを思い出します。今では食べるのは慣れて暇な時はテレビを観る時は、無くてはならないアイテムになってしまいました。
時期的には、今の時期よりヒマワリの花が終わったあとが一番美味しくたべれます。
V6010001.jpg


BOSSブランドベルト(偽物ですが本皮)があったので、店員の女性と値段交渉の末、20元でゲット。秀水市場は観光客相手なので、こちらの市場で買うほうがお徳です。

20060504014242.jpg

この記事のURL | 日記 | CM(5) | TB(1) | ▲ top
連休
- 2006/05/01(Mon) -
5月の大型連休が始まった

今年の正月と同じように、友達が中国国内から居なくなってしまい、
退屈な日々を送ることになりそうだ。

今日は、日頃お世話になっている家族の招待で、三環路、イトーヨカー堂の前にある店
「全鑫园烤鴨店」という北京ダックの店に行くことになった。

お店は連休のせいか超満員だ。
中国語がうるさく飛び交っている、どうしておとなしく食事をしないのかとか思うが、
どこの店に行っても同じで、慣れてくるとさほど気にもならなくなる。

料理を頼んで待つこと1時間半立ってやっと北京ダックが運ばれてきた。
北京ダックは、次から次と運ばれてきて目の前で、鮮やかに皮を剥ぎ取ってお皿に盛ってくれる。
この店では、一日「250羽」の北京ダックを消化しているそうだ


20060502011012.jpg


そこで、日本人が北京ダックを焼いている釜の中を日本人が見たいからといって特別に見せてもらうことができた。
小さな、六畳ほどの部屋の中では三人の職人が、汗だくで休むまもなく体を動かしている、私が入っていくと何も言わないが“邪魔なやつが入って来た”というそぶりを見せていたので、写真だけを撮らしてもらって、退散することにした。
夏になるとこの部屋での作業は暑くて大変だろうなと思う。

20060502010920.jpg

この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ひまつぶし
- 2006/05/01(Mon) -
日本から帰ってきたばかりなので、5月の連休は北京で過ごすことになる。
休みの間は何をするのかは思いつかない・・・、

そんなときは!!!龍頭の図書館にいく!!

日本語の本があるのか?・・と考えながら、三輪タクシーに乗っていくことにした。
龍頭まで、タクシーだと13元のところ、5元で交渉する。
日本円で約70円、どちらでも良いのだが何しろ私はヒマで時間がある。

町並みの風景や、人々の生活観を三輪車の後ろに乗って
眺めながら走るは悪くないものだ。


龍頭の図書館

20060430180544.jpg


日本の本・・・ありました!!小池真理子の「欲望」
内容は分からないが、連休の退屈な日々を考えると、
どんな本でも読めば時間つぶしになる。

20060430180859.jpg


図書館を出てバス通りの歩道には、出店が並んでいる。
その中で目に付いたのは、写真のトウモロコシ焼機・・。

この機械の下では、炭を焚いておりこの無数にある穴の中に
トウモロコシを入れてまんべんなく、同時に数本、綺麗に焼き上げてしまう
優れものだ。

日本で特許が取れるのではないかと???よけいな考えをしてしまう。
お腹がすいていたので買って食べてみると、本当に焼き加減が良くて、
美味しくいただきました。


20060430180727.jpg


この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。