スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
便利だ!三輪車
- 2006/03/31(Fri) -
                  三輪車(san lun che)

日本では、子供の乗り物と思われているが、中国では実に色んなところで大活躍をしている。
生活に密着しており無くてはならない乗り物だ。

代表的なのが、「輪タク」、私も時々近場の場合は利用している、時にはタクシーより高い料金を提示される場合があるが、値段は交渉しだいで、タクシーで10元ぐらいの距離なら5元と半額ぐらいが目安ではないかと思う。

冬場はこのようにして、周りを布で囲っている、彼女と一緒に乗れば、つかの間の個室になり、いい雰囲気になると思うので、一度若い方は試してみてはどうでしょうか。

20060330233033.jpg


播家園で、骨董品や買い物をした人たちが有料で荷物を運んでもらったりして利用しており、これぐらいの荷物は一般的で、多い時は倍ぐらいを積んで運ぶこともある。

P1280747.jpg


下の写真は、原動機付きで荷物の後に「へばりついて」乗るのは「朝飯前」といったところだ。

P1280749.jpg


この老夫婦、二人乗りをして、急いでいるのかかなりのスピードで走り去っていった。後の荷物は大丈夫なんでしょうかね?

P1280750.jpg


私はこの三輪車に大変興味をもっており、実にいろんな種類があり、全部手作りのようで見ていると実に楽しい。
街や地方に行った時には必ず写真を持って、珍しい三輪車が走っているとカメラを向けてしまう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
北京の名物おじさん
- 2006/03/29(Wed) -
北京春の素材展示会

北京動物園近くの「北京展覧館」で「中国国際紡績面料博覧会」が開かれた。

この場所は、私が4年前に「パンダ」を見に訪れた場所でもあり、そのとき道に迷って地元の人に案内をしてもらい、裏口から動物園の中にいれてもらった思い出がある。

実は、地元の人だけが知っているチケットを買わなくても何時でも自由に入園できる秘密の場所があるのです。

そして、02年には北京で初めて紅白歌合戦の収録された会場の近です。

20060329220048.jpg


展示会を一通りみて回り、昼食の時間になったので会場の中の食堂は待ち時間が長い為、弁当を通訳と運転手の3人分を買い外で食べることになった。

外の川縁に出るとなにやら人だかりがしているので、興味本位で覗いてみると、年の頃は60歳ぐらいの男性が裸になって、これからまさに泳ごうととしているところだった。

昨日に比べて今日は多少暖かいが、まだ3月で川の水は冷たそうだ!!
聞く所によるとこのおじさんは、「名物おじさん」で真冬の凍っている川で定期的に泳いでいるそうだ。

20060329221952.jpg


泳ぎは、お世辞にもカッコいいとは思わないが、バタフライの変形?で
そのまま向こう岸まで泳いで行き、見物の人から拍手喝さいを浴びていた。

20060329222121.jpg


健康にはいいと思うのだが、川の水は汚い・・・。見かけは健康そうだが、やはり一度病院で見てもらったほうが良いのではないかと、余計な心配をしてしてしまう・・・。

スナックラベンダーhttp://lavender1.fc2web.com/indx.html
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
日本の美学
- 2006/03/25(Sat) -
対中ODA(政府開発援助)知っている?

私の周りの人間誰に聞いても「知らない」と答える・・。

このODAは、08年を目処に新規円借款供与を停止する方針になっていて、中国側も合意しているはずなのだが・・・、
最近になって中国外交部が「双方が合意したことは聞いていない」と
コメントを出している。

さらに、中国紙が「日本からの巨額のODAがインフラ建設や人材育成など差し迫ったニーズに貢献してきたことは誰も否定できない」「人々の生活水準を向上させたり、沿岸部と内陸部の貧富格差を縮小するのに役立った」などと強調している。

しかし、なにをいまさら・・と言いたい!!

今まで、日本パッシングや反日運動を黙認してきたが、ODAが停止になりそうになると、手のひらを返したように今度は「ほめ言葉」・・・・、それはないでしょう・・・。

日本側にも責任がある、「声を大きくして言わなくても分かってくれる」という変に遠慮深いところがある。

日本人独特の美学かもしれないが、外国ではそうは行かない・・。
しっかりとアピールをしていかないと誰もわかってくれず、
変に誤解を生んでしまうことがある。

言うことははっきり言って自己主張をしてゆくべきだ。
「中国がここまで発展できたのは、日本からの援助金と企業の投資や
技術提供があったからですよ」と声を大にして報道してもらいたい。


スナック・ラベンダー
http://junice.blog25.fc2.com/
この記事のURL | 中国ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
飲みすぎに注意(Ⅱ)
- 2006/03/24(Fri) -
今月20日に行った工場に再び品質検査に行くことになった。

前回は白酒を飲みすぎて酔っ払ってしまった経験があるので、
要注意!!!今回は飲まないぞ・・・と気を引き締めていた。



午前中、仕事を済ませて昼食時間になった。
場所は、工場から車で5分ぐらい走った中華料理店だ。

料理のテーブルを、10人が席を囲んでいる中に一人だけ韓国人が混じっていた。
私は、通訳に日本語で「この“おっさん”韓国人と違うか?」・・、
「いくつぐらいやろ?」などと話していた。

やがて、白酒の宴会が始まり、私のグラスにも白く透き通った白い酒が注がれて、またまた乾杯・・・乾杯・・・。

あ~また、酔っ払いのコースに嵌ってるやんか!!!

その内、隣に座っていた韓国人の“おっさん”が
なにやら話しかけてきた「こんにちは、私は韓国人です」・・
ええ~日本語できるや!!
すんません、さっきの“おっさん”取り消します・・・・。

この韓国の人は、67歳で毎週土曜、日曜日はゴルフに行って、
北京駐在11年、日本には5.6回行っているそうで、
見るからに元気そうだ。

その内、白酒とビールで乾杯を繰り返し、酔っ払らったところで、
二人は意気投合して、午後からマージャンをやる事になった。
私は、北京歴5年の内マージャンは何度もやっているが勝率は
高い方なので多少の自信はあった。



メンバーは、工場の老版と運転手が加わり、
日本人、中国人、韓国人と三国間の戦いが始まった(笑)。

最初、一発目から親のツモ上がりをした!!
一人90元で合計270元が入ってきた、
幸先はいいが、どうやらレートが高そうだ・・・。

ルールは、中国内では色々異なっており、北京市内だけでも場所に
よって違っているので、正直、正確なルールは分からない。


その内、酔いも回っているので対面のパイも見えづらくなってきた。


結果は・・・あえなく惨敗。


時間を決めていた関係で負けはそうでもなかった。
今回は出なかったが、ツモ上がりをすると一回で1万円ぐらいに
なる役もあるそうで、長時間やって負けが込んだ場合は
5万円~10万円ぐらいのお金が必要になりそうだ。

やはり、賭け事の好きな中国人です、どこの家庭には必ずといって
いいほどマージャン台は置いており、親戚などが集まった時や
正月休み等は楽しんでいるようです。

家族とかはレートはそう高くないのですが、外に出ると
(仕事関係など)思った以上にレートが高いので、
注意した方が良いです。


この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
貯金ゼロの女性が70%、美容に投資「癒しを重視」
- 2006/03/22(Wed) -
中国の人材紹介会社が発表した調査の結果から、
仕事を持つ女性のうち70%が貯蓄をしていないことが分かった。

いわゆる「月光族(中国語で「光」は使い尽くすこと、その月の収入をすぐに使い尽くすの意味)」はここまで浸透してきている。12日付で中国新聞社が伝えた。

  調査対象となったのは、北京市、上海市、広東省・広州市などの女性約5000人で、月収は2000-5000元に集中している。

このうち、56%が毎月の給料を貯蓄に回さずに、投資などに使うという。

また、14%が「月給を全部使ってしまう」と回答。特に収入が多い女性は、貯蓄に対する意識が希薄になる傾向がみられた。


主な使い道について、39%が「ショッピングと美容」と回答。
中国新聞社は、「仕事を持つ女性は自分を癒すことを欠かさない」などと分析した。

このほか32%が「部屋代」と回答。マンションなどを購入する女性も増えているという。


私の知っている女性は独身ですが、
車に乗ってマンションを持っており優雅に過ごしています。
結婚しないのか?と聞くと・・男の為に苦労したくないとのことです。
この記事のURL | 中国ニュース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
京五輪:マナー向上に必死
- 2006/03/22(Wed) -
北京五輪:マナー向上に必死、握手の仕方も指導

五輪開催は中国にとって、国際的なイメージ向上のチャンスだ。逆に、中国人自身が「問題が多い」と指摘する公共の場所におけるマナー悪さが会期までに改善できなければ、国外からの旅行客から顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまうリスクもある。それだけに、マナーの向上に関しては、当局も真剣にならざるをえないようだ。

一部市民に五輪知識が不足している現状から、関係団体やボランティアが五輪競技のルールや見どころ、観戦マナーなども講義する。


正直言って、いまさら大の大人にマナーを教えようなんて無理でしょう。

マナーとか道徳は幼い頃から身につけていないと無理があると思うのですが・・・・。

やっと改善が見られてきたところは、地下鉄の切符売り場です、
一年前は、団子状態になっており、順番を待っていても横から割り込みがあってなかなか素人には買えなかったのですが、最近はやっと一列に並ぶようになって来ました。

しかし、まだまだ駄目です・・。

地下鉄電車で目的の駅に降りようとしても、誰も車両から降り空けてくれようともしない、通勤時間の混んでいるときは、絶対入り口付近に居らないと、降りれなくなり間違いなく次の駅まで行ってしまう。

エレベーターから降りようとすると、外の人が乗り込んできて降りられ無い場合もある。

街の道路上で平気で犬のように子供に大便をさせている・・・等

もちろんこれらは、一部の人たちの行為ですが、
しかし、誰かがマナー違反をしていても誰も抗議はしません。

自動車で割り込みをされると、日本でしたら目の色を変えて抗議し、
挙句の果てはどこまでも追っかけて行きます。

日本は逆に、すべてのことに敏感すぎて異常ともいえます。

国際的なマナーも大事ですが、あまり慣れないことを教えつけて窮屈な街にしないようにしてください。

誰の目も気にしなく、多少のルール違反も許してくれる、
この北京の気楽さが好きですから・・・。

スナック・ラベンダー
http://lavender1.fc2web.com/indx.html


この記事のURL | 中国ニュース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
飲みすぎには注意しましょう。
- 2006/03/20(Mon) -
中国人一流の接待攻撃にあえなくダウン

今日は、順義の工場に品質検査に行った。
午前中、何箇所かの悪いところを指摘をして、昼食の時間が来た。

午後から手直しをする予定でいたのだが・・・。

昼食時、白酒を進められ、断ることもできず・・。
結局、相手のペースには待ってしまい、「乾杯!」・・「乾杯!」

白酒コップ二杯・・これくらいは自分でも大丈夫です・・・、
しかし、全部空けてしまったのが間違いでした。

その後、続けてビール大瓶を六本栓を開けて、またまた乾杯~。
聞けば、隣りに京ビール工場があり、何本でもただで持ってくるそうです。
・・・と言うわけで・・・・燕京ビールお土産に貰って、午後からの仕事はできずに、結局、うまく相手のペースにはめらてしまい、午後からの仕事はできませんでした。

今日の教訓
こちらの都合の悪い時は相手にお酒を徹底的に飲ませて
「酔っ払らさせてしまおう!!」・・。
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
空港周辺
- 2006/03/20(Mon) -
時間を間違えてしまった!!

お客さんを迎えに北京空港まで行ったが、12時着の飛行機で来ることになっているのだが、1時・・2時になってもゲートから出てこない。

心配になり、通訳の李さんに確認をしてみると、なんと7時の飛行機に変更になっていると言う!!

7時まで5時間ある・・、しかたが無いので空港周辺を探索することにした。

空港裏手15分ぐらい歩いて回ってみると、飛行機の発着が目の前で見れる場所があり、道路上には写真のように大型飛行機が陸橋を渡って通過している。二アーミスのような珍しい写真が撮れた。

20060319122920.jpg


さらに歩くと、滑走路拡大の為の工事が急ピッチで行われている。
中国では、日本のように土地買収で時間がかかることが無い、
簡単に田んぼや建物を壊してしまう。
この周りには、たしか民家や畑があったはずなのだが、跡形も無くなり、膨大な平地が目に前に広がっている。


20060319123518.jpg


そろそろ、7時着の飛行機が着く時間になったので、
空港前に来ると夕日が綺麗に落ちようとしていた。

20060319122651.jpg


今日、貴重な日曜日の休み・・空港周辺でをうろついて終わってしまった。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夫婦間暴力
- 2006/03/16(Thu) -
中国でも「夫婦間暴力」深刻、3割の家庭で

専門家によると、「夫から妻へ」もしくは「妻から夫へ」という「夫婦間暴力」は中国では約30%の家庭で見られるという。

一方で、「妻から夫」への暴力が増加中とされ、上海市郊外の家庭の事例が紹介された。もともと暴力を振るっていた夫が失業後、今度は妻から暴力を受けて、肋骨を骨折するけがを負い、妻が警察に拘留されたという。(中国新聞社)

女性の文化水準の向上や経済的地位の上昇とともに、夫に対して暴力を振るう妻が増加中」だそうだ!!!

中国も日本も同じです。

要するにお金の稼いでいるうちが華で・・・、

収入が無くなったら要注意!・・。

スナックラベンダー
http://junice.blog25.fc2.com/
この記事のURL | 中国ニュース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
精力増強料理
- 2006/03/14(Tue) -
私は、お客さんとよく食事に行きますが、
いざ行こうとするとどこに行こうかと考えてしまいます。

しかし、接待となると一発決めなければいけません。

そこで、とっておきの場所を紹介します。


鍋の中は、スッポンが入っており、スープだけ飲んでも
大変美味しいです、これだけでしたら普通ですが、
女性は「お肌の美容に良い」、
男性は「精力増強」でお客さんに喜ばれること間違いないでしょう。

20060311141639.jpg


ただし注意が必要です、精力の強い人や女性によっては、
嫌がるかもしれませんので気をつけてください・・・・なんで?
と思うかもしれませんが、メインの肉は羊、牛、犬等 
雄のシンボルです。

食べた触感は、コッリ・・としていて「自分のを食べている」
ようで変な気分になりますが痛くは無いので安心してください(笑)。
味はありませんでした。



トイレに入るとこんな絵が飾っていました。
左右に書いている意味は、男性は「天下の偉い人が来て大きくなる」
女性は「すぐに服を脱ぐ」・・・。ユーモアーがあります。

20060311143800.jpg


女性通訳と男三人でしたが・・・・、通訳は終始笑って喜んで??いました。

私的には、ユーモアーの分かるお客さんを連れて行くと
喜ばれるのではないかと思っています。

店の名前は「鍋里荘」北京市内に3店舗あるようです。

帰りにお土産「コンドーム」を貰って帰りましたが、
使い道を考えています。
この記事のURL | 日記 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
人口13億:男女出生比率の不均衡が深刻化
- 2006/03/09(Thu) -
第5回全国人口普通調査の結果、中国全土の5省で女性100に対し男性が130を超えて、男女比率の不均衡が深刻化していることが明らかになった。

中国の農村部では、男の子をほしがる傾向が強い。それほど機械化されていないために、肉体労働力として男性が求められることや、「男尊女卑」という伝統観念が根強く残されていることが原因だ。

しかも現在の医療技術では、妊娠してからかなり早い時期に、胎児の性別の判定ができる。中国では非合法とされるケースが大部分だが、それでも両親が「裏」で性別の鑑定を依頼し、女の子だとわかったとたんに人口妊娠中絶手術を行なうケースが続出している。


今後中国においては、30%の男性が結婚できないことになる計算だ。

一方では、私が顧問をしている工場のコック長は、離婚をして昨年二度目の結婚をした。

今日昼食をとっていると、コック長の張さんがなにやら深刻そうな話しをしているので聞いてみると、どうやら子供ができたらしい。

中国では「一人っ子政策」の規制がある。

普通だったらおめでたくて喜ぶところだが、彼には前の奥さんとの子どもがすでに一人いてるため、再婚後の子どもの出産は二人目となるため、簡単に生むことが出来ないそうだ。

彼の話では、生むことは可能なのだが、お役所にその為の書類を提出するのだが、手続きが非常に難しくて悩んでいたのだった。

日本では、このような場合はどうしますか?と私に質問をした。

日本は、生まれてから出産届けを出せば良いだけですので、10人でも100人でも大丈夫です,貴方は二度もいい思いをしたのだから、これくらいのことは悩みのうちに入りませんよ、と答えると、張さんは「今は楽しくないです」と言って悲しそうな顔をしていた。
この記事のURL | 中国ニュース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
公務委員のマナーが問題。
- 2006/03/06(Mon) -
本当に公務員のマナーが悪いです。

私はよく北京市内から一時間ぐらいのところにある房山区に仕事の関係で行っている。
前に紹介した、北京原人の遺跡も近くにあるところだ。

通勤途中、車の事故の見ない日はまず無い。
車の頭を前に突っ込んだ方が優先、つまり早いもの勝ちなのだ。

日本では、パトカーが走っていると必ずスピードを落とすが、こちらではパトカーにスピードを計測する機械を積んでいないので、平気で追い越して走るそうだが、最近はネズミ捕りの計測器が取り付けられている箇所が増えている。

しかしパトカーのマナーも悪く、平気でUターンをしたり反対車線を走ってきたり、割り込みなど一般の車と同じ用に走っているところに問題がある。

今日の通勤途中で、道路が渋滞していた。
パトカーは3台もきてなにやら物々しい雰囲気だ。

近くに行ってみると、・・・・。

大型トラックとパトカーの衝突事故を起こしている。

どうやら、パトカーが無理やり左折したのが原因のようだ。
事故発生率の汚名を晴らすには、公務員の交通マナーから
正していかないと、事故件数は減らないと思うのだが。

20060306144952.jpg


自動車保有台数は世界の1.9%に過ぎないが、
交通死亡事故の発生件数は世界の15%を占め世界第1位だそうだ。

20060306144422.jpg


房山区の朝の風景。
歩道に屋台が出ており、通りかかりの人たちは、
このようなところで朝食をとっている。 

20060306144450.jpg


車の排気ガスやホコリが気にならないのかと思うが、
食べている人たちは、そんなことは一向に気にしている様子はない。

20060306144508.jpg


この記事のURL | スナック・ラベンダー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
美味しいモツ鍋店
- 2006/03/06(Mon) -
今日の北京の天気は、晴れ・・・。
雲は無いのだが薄くどんよりしている。

気温は、最高-1度、最低-9度、外を歩くと体感温度は高くセーターを脱いで丁度いいくらいだ。

私はいつも貧疎な食事をしていると、体を壊してしまうので適度に外食をしている、特に安くて美味しい店の情報があればどこでも飛んで行くことにしている。

今日の夕食は、友達と三人一緒にモツ鍋を食べに行くことになった。
朝阳区にある「湘腸香火鍋店」、私は始めていく店だ。

午後六時ごろだったが、店に入るとお客がならんで待っている状態だ。
20分ぐらい待ってやっと二人席が空いたので、無理やり三人詰め込んで座って食べることになった。

店内は相変わらず込み合っていて、人が通るたび体をどけなければならない。

鍋が来て一口食べてみると、なんとも絶妙な味で、思わず美味しい!!
と叫びたくなる、辛さも適度だ。ビールを飲みながら日本でこの味を出せたらヒット間違いなし・・などと話がはずむ。

結局、追加モツを頼んで、三人で5人前を食べた計算になる、日本人もよく行っているらしい。私はお勘定をしていないので分からないが、安くて美味しい一押しのお店です、!!。
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
外国では油断をしないように!!
- 2006/03/03(Fri) -
私の知り合いが、引ったくりにあいました!!

銀行で現金を引き出したすぐに自転車に乗ろうと思っているスキに
現金日本円にして12万円で、真昼の出来事です。
中国人にとっては凄く大金で、取られた人は半狂乱の状態でした。

そういえば私の住んでいるマンションの近くでも強盗に殺された事件があり、表面上は安全なようですがやはり物騒で注意が必要です。

私の身近な人が被害にあった人は何人も居ります。

昨年は、仕事関係の従業員のお父さんが、白タクをやっていて日本車のブルバードの新車を買ったばかりで仕事に出かけたまま、次の日も帰ってきませんでした。
何日かして淋しい田舎の田んぼ道で死んでいたそうです。
もちろん車はありませんでした。

もう一人は、私がよく行っていたカラオケの女性です。
仕事が終わって帰宅途中、住居の暗いところで男が3人待ち伏せをしていて、持ち物を全部取られてしまいました。
この女性は抵抗した為、全身打撲の大怪我をして、まもなく田舎に帰ってしまいました。

日本から帰った女性は、日本円を10万円ほど中国元に換金をしたところ全部偽札だった。実は銀行の受付の前に換金をする一般の業者が居り、銀行のレートより多少いいのですすが要注意です。

未確認の情報では、(スナックの姐女の話しですが)韓国人の留学生の女性二人が殺されていて、内臓を抉り取られていたとそうです。
内臓は、病院に売るそうです・・・。買う病院があるのかなと思うけど、中国ではありえるかもしれません.....。

先月は、私が前に勤めていた商社の人が、車で移動途中北京空港近くで食事をして車に帰ってみると、車内に置いていた荷物をそっくり取られてしまいました。
パスポートと現金は手元に持っていたのと、服の着替えはトランクに入れていたため無事だったそうですが、仕事関係の書類サンプル等は無くなっていたので、仕事ができず困っていました。

いつも、慣れた街ですので平気で出歩いていますが、よく考えると日本と違って貧富の差が激しく、何が起きるか予想がつかない国です。“弱肉強食の国”と言うことをいつも頭において、気を引き締めて行動したいと思います。

写真は、銀行自動キャッシュカード機ですが、パンフレットを入れているボックスにカメラを仕掛けて暗証番号を読み取り、カードの差込口には磁気を読み取る装置も仕掛けられていたそうです。

20060303171810.jpg


(スナックラベンダーhttp://lavender1.fc2web.com/indx.html)

この記事のURL | 中国ニュース | CM(3) | TB(0) | ▲ top
中国:米国に人道援助、
- 2006/03/02(Thu) -
先月1月18日付けの中国新聞社が伝えたところによると

中国は2005年に、ハリケーンの被害を受けた米国に対して、多額の人道援助を実施したが、マスコミの間から疑問の声が上がった。
(中国新聞社)

中国新聞社などは、「1人当たりのGDP(国内総生産)が1000ドルしかない中国が、最も発展している米国をなぜ支援しなければいけないのか」と疑問を呈している。


中国は今、2008年のオリンピック開催で北京は競技場周辺の設備建設、新しい環状線道路や地下鉄の整備等のインフラ景気に沸いています。

高層ビルが乱立上海も、2010年の“万国博覧会”にあわせて、アジア最大のハイテク都市を建設中です。

いや~中国は凄いですね!!・・・

おまけに、金持ちのアメリカを助けたりして、経済は凄く潤っている国なんです・・。

そんな国にどうして日本は経済援助をしているのでしょうか?・・・

ODAが今まで約3兆円、他の旧輸銀などの公的資金が、同じく合計3兆円以上、これってみんな私たちの税金ですよ。

表玄関はピカピカに磨き上げて、そこだけを見ると経済大国のように見えて立派ですが、人でに賑わっている大繁華街の王府井から外れた裏通を覗いてみると、今も貧困と不潔に覆われた小路が取り残されています。

国内では小さな暴動が各地で起きています、農民や労労者と役人との対立などがあり、国民の不満が渦巻いており、大きな爆発となって望楼が起きる可能性もある。

金持ちのアメリカを助けようなんて思わないで、これらの国内で困っている人たちを助ける方が先決だと思うのですが・・・.

北京で一番安心して飲めるお店
http://lavender1.fc2web.com/indx.html

この記事のURL | おかしな中国 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
私のみじめな生活
- 2006/03/02(Thu) -
海外で一人暮らしをしていると食事が重要になってくる。

特に中国では、中華料理店に入ると料理の量が多く食べきれず、
一人ではとても行くことはできないので、日本料理か韓国料理店に足を運んでいるのがタクシーを利用していく為、面倒になってくる。

そこで、自炊をするのだが・・・・・、

これまで私が作った料理のメニューを恥を忍んで公開します。

チャーハン(チャーハンの元を使ったもの)
カレー(インスタントカレー)
鍋料理(野菜と肉を入れた水炊き)
玉子焼き
お好み焼き
野菜と肉の煮込み(これは失敗でした)

他のレパートリーといえば思い当たらない・これだけだ・・。
料理を満足に作れない自分が情けなくなってくるときがある。

最初は、ご飯を炊く為に鍋を3個焦がしてダメにしたことがある

炊飯器を買うことまで思いつかなかった為だ。

しかし、ご飯があれば何とかなる・・・
お茶漬け、ふりかけ、缶詰、インスタントカレー、チャーハン、思い通りの料理???ができる。

そこで、ご飯を炊く時は多く炊いておき、写真のようにサランラップに包んで冷凍をしておくと、食べたい時に好きな量だけ食べることができる。

20060302004910.jpg


私が初めて北京に来た時、先輩の在員に教えてもらいました。
海外駐在の皆さんは、食事どうしているのでしょうか?


この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。