スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2005年中国10大ニュース
- 2005/12/31(Sat) -
中国情報局発、2005年10大ニュースが発表された。
「経済発展最優先か、調和社会の実現か」揺れた1年

経済成長の著しい中国だが、多くの矛盾も露呈した1年だった。経済発展最優先か、調和重視かで中国は揺れた。経済発展を支えるためには、エネルギー確保が至上命題とされた。しかし、国内の炭鉱では、安全を無視した操業から死亡事故が続発。海外で資源を買いあさる姿も米国などの警戒を喚起することにつながった。環境汚染も深刻で、改革開放の本格化以降、続いてきた経済最重視の路線が曲がり角に差し掛かっていることを実感させた1年だった。

1.激化する反日暴動

 中国各地で沸き起こった反日デモ。日本の外交施設のみならず、日本食レストランやスーパーマーケットなども群集に襲撃された。制御のきかない運動へと発展することを中国政府も警戒、軍部系の「解放日報」が「過激な行為は愛国ではない」と題した記事を掲載するなど鎮静化につとめた。中国政府は、被害を受けた外交施設の原状回復を約束したが、謝罪は拒否している。日中間で波風が立つ際には、反日デモの再発が懸念されるという事態が今も続いている。


2.人民元が通貨バスケット制へ移行

 中国の中央銀行である中国人民銀行は7月21日、人民元の為替相場制度を通貨バスケット制を参考にする新しい方式に移行すると発表。同行の周小川・総裁は8月10日、バスケットの対象通貨としては、米ドル、ユーロ、日本円、韓国ウォンなど11種類をあげた。しかしその後も、人民元の変動幅の拡大を米政府は要求し続けた。11月に発表した「為替報告書」では、06年春までに変動幅を拡大しない場合には、中国を為替操作国と認定する可能性があると警告している。


3.米中貿易摩擦、繊維分野は暫定合意

 中国製繊維製品の対米輸出急増により米中間で貿易摩擦が顕在化。米国は5月に、中国製繊維製品7品目について緊急輸入制限(セーフガード)措置を発動した。米中政府は事態の紛糾を回避すべく交渉を繰り返し、中国側が2006年から08年末まで、繊維11品目と衣料10品目の対米輸出量を自主規制することで合意した。年間輸出伸び率について、2006年は前年比10−15%増、07年は12.5−16%増、08年は15−17%増を上限とすることが取り決められた。


4.有人宇宙飛行船「神舟6号」打ち上げ成功

 中国にとって2度目となる有人宇宙飛行船「神舟6号」は、10月12日午前9時(日本時間10時)、中国北西部にある酒泉衛星発射中心(発射センター)から打ち上げられた。宇宙飛行士には、聶海勝氏と費俊龍氏が選ばれた。打ち上げの様子はテレビなどで生中継され、国民的な注目を集めた。また、打ち上げ成功にあやかり、旅行や関連グッズなどの業界では、ビジネスチャンスをつかもうという動きが目立った。


5.吉林省で石化工場が爆発、松花江も汚染広がる

 吉林省・吉林市内の石油化学工場で12月13日、大規模な爆発事故が発生。有毒物資が松花江に流れ込み、流域ではニトロベンゼンの濃度が基準値の28.56倍に達した。黒龍江省・ハルピン(哈爾濱)市では、4日間に渡る断水が実施された。黒龍江省の張左己・省長は当初、断水の理由を「水道設備の点検のため」と偽って説明をしており、問題となった。また、吉林市で安全操業を担当していた副市長が、自殺とみられる死を遂げるなど社会的に大きな衝撃を与えた。


6.エネルギー資源確保に血まなこ

 中国海洋石油(CNOOC)は、石油や天然ガスの生産に従事する米石油大手ユノカル(Unocal)社の買収を計画。しかし、米議会で買収阻止条項を含むエネルギー法案が可決されたことなどにより、断念した。また、同社は東シナ海の日中中間線付近にあるガス田での生産も始めるなど、中国はなりふりかまわぬ資源確保に動いているとの声もある。このほか、中国石油天然気集団(CNPC)が、カナダの石油会社であるペトロカザフスタンを買収するなど資源エネルギーの確保先も多角化している。


7.鳥インフルエンザで死者発生

 中国衛生部は11月16日、中国国内で鳥インフルエンザに2人が感染し、死亡したと通達した。中国で鳥インフルエンザによる人の死亡が報告された最初のケースとなった。その後、各地で家禽の殺処分が進められたり、鳥の販売が禁止されたりするなどの措置がとられている。また、上海医薬集団がインフルエンザ治療薬「タミフル」の製造元であるスイス・ロシュ社からライセンス供与を受けることも決まった。


8.台湾野党の政治家が相次いで大陸を訪問

 台湾最大野党、国民党の連戦・主席(当時)は4月29日に、北京市にある人民大会堂で胡錦涛・中国共産党総書記(国家主席)と会談した。国民党と中国共産党のトップが対面したのは、60年ぶり。また、親民党の宋楚瑜・主席も5月に大陸を訪問、胡錦涛・総書記と会談した。さらに、新党の郁慕明・主席も7月に大陸を訪れた。このほかにも、台湾の野党関係者が頻繁に大陸と台湾の間を往復した。


9.中国企業の対外進出活発化、相次いで企業買収

 聯想(レノボ)集団は5月1日、IBM社のPC事業部門買収の法的手続きを完了したことを正式に発表した。また、経営破たんした英自動車メーカー、MGローバーの買収先には南京汽車が決定した。買収を断念したが、米家電メーカー、メイタグ社の買収をめぐり、海爾(ハイアール)集団を中心とするグループが名乗りを上げた。潤沢な資金を抱える中国企業が、ブランド力、技術力、販売ネットワークなどを持つ海外企業の買収を目指す事例が相次いだ。


10.止まらぬ炭鉱事故、人命を守れるか

 広東省・梅州市にある大興炭坑で8月7日に大規模な浸水事故が発生、作業員100人以上が犠牲となる大惨事となった。事故を通じて、地元の行政幹部が同炭鉱の株式を不正に入手するなど官民癒着の構造が明るみに出た。その後も事故は続発しているが、この事故を契機に、「安全操業」「人命尊重」などの機運が高まり、公式の生産許可証などを取らない「もぐり炭鉱」の閉鎖が進み始めた。

やはり、日本にとっても関心があり無視できない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 中国ニュース | CM(0) | TB(2) | ▲ top
今年は帰れない
- 2005/12/30(Fri) -
仕事の関係で、日本に帰れない・・・・。

正月を日本で過ごせないのは初めての経験だ、

改めて家族の有難さがわかる・・・・。

今年の紅白は、北京で見よう・・といっても私のマンションは

日本のテレビが映らない・・、どうして過ごしていいのかわからない。




この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おかしな交通違反
- 2005/12/27(Tue) -
中国では、移動するには車がないと何処にも行けないといっても過言ではない、河北省の出張も4日間で1000キロ以上は走っている。

私の運転手は、どちらかというとわがままで、気が向かないと機嫌が悪い、しかし女の話しになると気合を入れて聞いている。

最近の話だが、車で移動しているとき、信号が赤で右折をして警官に止められてしまった。中国は一般的には右折可なのだが、たまたま曲がった交差点は、右折可ではなかったらしい。

運転手は、車から出てなにやら警察官と話し合っていたが、日本のような赤切符もきらずに、すぐに戻ってきて車を走らせた・・。

おかしいと思い運転手にどうしたときいてみると、「違反をしたのだから200元払え」と言われ、運転手は「そんなお金は持っていない」と言うと、警察官は行っても良いといったそうだ????

結局、警察官は小遣い稼ぎをするため車を止めたようだが、相手が悪かった・・、月給800元の運転手では200元は大金だ。

何処の国にでも公務員の汚職はあるが、中国では単純で分かりやすい。
分かりやすいけど、誰も文句は言わない・・それが中国!!
この記事のURL | おかしな中国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
出張
- 2005/12/25(Sun) -
新しい縫製工場と生地工場の調査のため、19日からしばらく北京を離れていた。

最初は房山区、ここでは新しい縫製工場を1件見学した。
60名の小規模の工場であるが、北京周辺にはこれくらいの小さな工場が少ないので、枚数の少ないジャケット、コートを縫うには丁度良い規模である、この日は房山区のホテル泊まり。

次の日は車で約1時間半かけて天津に移動。見学をした工場は約180名で中国では大きな工場とは言えないが、複雑なデザインのカジュアル服をこなしているので貴重な戦力になる工場といえる。聞くところによると天津は小さい工場が沢山存在しているという。

この日の夜はせっかく天津に来たので、海鮮料理でお腹を満たしホテルで一泊。

朝一番、河北省の石家荘に向けて出発、京石高速道路に入り北京からは南方向になる、一直線の道路・・左右の景色も代わり映えがしない、正直変化が無く、他の車が故障をしていたり、事故をしているのを見るぐらいで退屈である。

石家荘は生地工場が沢山点在しているところで、主に綿素材である。
中国産生地はまだまだ品質には問題があるので、工場セレクトは重要で
この調査を手抜きするとクレーム問題などが発生する。
結局、河北省では2日間滞在をして色んな工場を回ってきた。

北京に帰ってきたのは24日、車の狭い空間で同じ姿勢で長時間の移動はきつい、腰が痛くてしょうがない、今日はマッサージにでも行こうかと思っている。

この記事のURL | 中国ビジネス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一人っ子政策
- 2005/12/18(Sun) -
【北京17日共同】人口抑制のため「一人っ子政策」を実施している中国で、若い富裕層が罰金を払って複数の子どもをもうけるケースが増加し、「第2子」が豪華マンションや高級車に次ぐ新たなステータスシンボルになっている。
 国営新華社通信が伝えた社会科学院などの世論調査によると、調査対象者の約40%が第2子が欲しいと回答。3人の子どもを持ち、さらにもう1人を計画中の富裕層の男性は「名声と富は既にある」とした上で「大家族を重んじる中国の伝統を大事にしたい」と話す。

 一人っ子政策に違反して2人以上の子どもをもうけた場合の罰金は、都市部で15万元(約215万円)、地方で7000元(約10万円)で富裕層にとっては厳しい額ではない。

この記事のURL | 中国ニュース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
工場選び
- 2005/12/13(Tue) -
今日は、日本の商社管理にある縫製工場に行ってきた。視察をして観て、私の工場審査の結果は残念ながらBクラスであった。

商社管理下の工場だからといって安心してはいけない。
5S管理ができておらず、管理者の管理能力がない工場長一人ががんばっているといった感じで、予定や生産高などは自分一人の頭の中にある。すべてのことは他の人にはわからない!

こういう工場はどこかでミスが発生する可能性をもっている。
早急に対処する必要がある。
しかし、この工場はまだ可能性はあると思う、なぜならば人の意見を聞く耳を持っているからだ。

良い工場とは、トップが常に良い方向に改善を積極的に行って行くという考えを持った工場だろうと思う。

間違っても、現状で満足しているところには仕事の依頼をしない方が賢明である。

この記事のURL | 中国ビジネス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
工場を選ぶ
- 2005/12/08(Thu) -
縫製工場に限らず、生産基地が中国に移行してしまった現在、数多くある工場の中から信頼できる向上をパート何できるかどうかが、ビジネスを成功させるポイントとなる。

商社が管理をしている工場は、設備、管理面などでは絶対的に信用ができるが、それでも何%のかの不良品が納品されてしまうことがある。

なぜなのか?・・・・、どんな最新の機械設備がされていても、服を作るのは「人」であり、完成するまで、何人もの工程を通って出来上がる、人は機械と違い、その日の気分によって変わるからやっかいで、ちょっとした気のゆるみがミスを引き起こしてしまうからである。

工場に発注をした時点でトラブルも一緒にパックになっていると思ったほうが良い、このトラブルをいかに最小限に食い止めるかは管理者の手腕にかかっている、またそれらを管理する日本人も重要である。

工場選びは、安易に請け負ってくれるところは一度考えた方が良い、
良い工場は、いつも満杯の状態で回っており、依頼するタイミングが難しい、仮に安易に請け負ってくれたとしても、効率の悪い仕事は下請けに流してしまい、トラブル発生の原因にもなっている。

どうすれば良いパートナーを見つけられるかを、次回載せます。
この記事のURL | 中国ビジネス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北京工場
- 2005/12/07(Wed) -
私は、中国に関わって20年近くになる、今でも覚えているが一番最初に訪れた所は、深センだった。

3ヶ月に一度出張ベースで行っていた。まだ発展途中ではあったが、毎回行くごとに新しいビルが増えており、建設中の建物もたくさんあった。

今の近代的な機材はなく、ビルを建てるのに竹を使って足場を組んでおり、沢山の人が足を滑らせて、多くの人が亡くなったとも、聞いたことがある。

しかし正直、深セン出張は苦痛であった!!食べ物は合わない、周りに娯楽がない、工場での仕事の打ち合わせが終わるとホテル直行のみ・。

帰りが行きと帰りが香港空港であるため、唯一の楽しみは、香港での息抜きであった。

しかし、深センでの仕事は一年足らずで失敗に終わってしまった。
第一の原因は、やはり商社を過大信頼してしまい、自社での工場調査が十分にできていなかったことにある。

金銭的な損害はあまりなかったが、一番大事な信頼を得意先から失ったことが、最大の損失であった。

商社の指定する工場は必ず自社で調査する必要がある。
今では、工場を見ると管理体制のできている工場かどうかの判断が付くが、どこまで日本人の要求を理解しているのかまでは、短期間では分からない。

教訓
中国人の「明白mingbai」は、素直に受け取ると失敗率が高くなる。
この記事のURL | 中国ビジネス | CM(3) | TB(0) | ▲ top
今日の夕食
- 2005/12/05(Mon) -
今日は寒いので、建外SOHOにある「台湾美食」に鍋料理を食べに行くことになった。

全席カウンターなので客がたくさん入れるように効率がよくできている。

普段の日は、お客さんが店の中に入りきれなく、外でたくさんの人が待っているが、今日は日曜日とあって比較的空いていた。

料金表を見るとお客さんが多いのも納得する、二人で食べてお勘定は
39元・・ううん安い!!・・人気があるのも納得できる。

PB200679.jpg




20051205023607.jpg

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
また飲んでしまった。
- 2005/12/03(Sat) -
昨日は、通訳の李さんと仲間5人で食事に行き、またまた白酒を飲んでしまい、夜九時には寝てしまった。

今日は、体調が悪いがお世話になっている人の誕生日のため、昼食事を一緒にすることになっている・・・。

重い腰を上げて、北京ダック店に行く・・、メインは北京ダック??
んん・・鳥インフルエンザは大丈夫なのかな?

またまた、白酒でかんぱい!!!。
最後の〆はビールで乾杯・・。

ああ~白酒の酔っている時間が長い・・・結局夕方六時ごろなんとか酔いが覚めたが、気分がまだすっきりしない・・。

この記事のURL | スナック・ラベンダー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
朝からトラブル
- 2005/12/02(Fri) -
今日は、朝から事務所の電話が繋がらない・・・?
インターネットは電話線でつないでいるので、まったくメールが見れない。

今日は、日本大手会社と契約をする為の大事な書類をメールで送ることになっていた。
早く送らないと契約が駄目になってしまう。

あせって、何度も接続を試みるが電話の向こうで中国語で???
何とか言っている、ここで私の語学の無さが自分でも情けなくなり、
急いで、通訳の李さんを呼び調べてもらうと・・。「料金未払いです」
の一言・・・・。

どうやら電話の向こうで、話していた言葉は料金過不足といっていたようだ、すぐに李さんに頼んで銀行振り込みをやってもらった。

振込みを済まして、小一時間するとやっと電話が繋がり、メールを送るためにパソコンのマウスで操作をしていたのだが、今度は、クリック釦の調子がおかしく、そのうち使っていると、釦がクリックできなくなった。

今度は、あわててマウスを買いに走る・・。
SONY製の今流行の光マウス25元・・安い!!・・
まあ偽物なんだがデザインは気に入っている。
粘り強く、値切って20元でゲット!!

やっと、事務所に帰り得意先に書類送付・・・。
時計を見ると9時から初めて2時半終了!!!
メールを送信するのに4時間半かかってしまった。

昨日は、飲みすぎて頭が痛い上でのトラブル、今日一日元気が出ない。
と言いながら、通訳の李さんを食事に連れて行くことになっている、
食事の帰り又、スナックに足が向くかもしれない・・・・。


この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。