スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
威海での釣り
- 2008/06/25(Wed) -
中国は人口13億人にしては「魚釣り」人口は極端に少ない国です。

釣り人口が少ないということは「穴場」が多く釣りポイントもたくさんある・・・そうだ。
私はまだ中国では釣りの経験が無いが、威海や大連などでは日本人による釣りが盛んに行われている。

料金は、1隻のチャーター代は400元(6,000円)港まで伸ばす送迎が10元、えさ代10元、10人乗れば一人頭60元(900円)なので日本で魚釣りをすることを思ったら10分の1ぐらいです。

経済発展を続ける中国ではこれからが魚釣り人口が上昇すると判断して、釣具のダイワ精工などが、海外向け販売に力を入れているようですが、釣り人口が増えれば今の料金もきっと値上利をすると思うので、今が安く釣りを楽しむには絶好のチャンスではないかと思う。

そこで私も釣りに行くチャンスを伺っているのだが、何しろ一人となるとなかなかいけないので、威海日本人会が主催している釣りクラブに入ろうかと考えている。


威海は釣具メーカーの工場の多いところなので、釣具は安く買うことができる。
下の釣竿は会社の総経理からプレゼントされたものだが、日本輸出用らしくパッケージは日本語で書かれている「カーボン」で全長3,8m重量480グラム
上の短い竿はさびき用、竿は60元(約900円)、リール50元(約750円)
DSCN3027.jpg


さびきの針、これも日本輸出用らしく日本語で書かれているが、この針を置いている店は少なく買った店もこの一袋のみでした。(きっと横流しの商品かもしれない)
DSCN3028.jpg


魚釣りに行く機会があり、大物を釣ったときはブログで報告しますので期待して待っていてください。
(誰も待っていない・・・・・なんて冷たいことを言わないようにお願いします)


スポンサーサイト
この記事のURL | 釣り情報 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。